国土交通省は6日、安全上の問題が相次いで発覚していた「スカイマーク」(東京)に対して実施した特別安全監査で、乗務員の英語力不足や不適切な機体点検などの問題が新たに見つかったとして、業務改善勧告を出す方針を決めた。同社への業務改善勧告は、平成18年4月に整備ミスが相次いだとき以来。

 国交省によると、複数の客室乗務員の英語力が不足しており、パイロットとの意思疎通に問題があった。英語が苦手なために、操縦室の外国人機長がインターホンで客室を呼び出しても、受話器を取ろうとしないケースもあったという。こうした行動は社内でも問題視されていたが、具体的な対策は取られずに放置されていた。

 そのほか、今回の監査の結果、離陸前に機内の安全設備を説明する客室乗務員の人数を3人から2人に減らしたり、乱気流に遭遇した後の旅客機の機体整備や点検が十分に行われていなかったりといった安全上不適切な問題が9件新たに見つかった。

 同社をめぐっては、乗務員の交代を命じた機長の安全判断に社長が介入して運航を強行させたり、飛行中の操縦室内での記念撮影するなどの不祥事が相次いで発覚。国交省が3月15日から3週間にわたり特別安全監査をしていた。

 前原誠司国土交通相は同日の閣議後会見で「今回の勧告を紳士に受け止め、安全運航のため改善すべきところは改善してほしい」と話した。

【関連記事】
ピースサイン操縦士の写真公開 スカイマーク不祥事、国交相が激怒
スカイマークに改善勧告へ 酸素マスク着用手順守らず 安全上の問題新たに発覚
煮え湯飲まされ…スカイマーク社長とホリエモンの意外な接点 
スカイマーク機高度守らず 他機との接近はなし
操縦室デジカメ撮影 スカイマーク、立ち入り検査

北マリアナ諸島に視察団=社民(時事通信)
宗教施設など6棟燃える(産経新聞)
自民幹事長代理に河野氏…刷新要求沈静化図る(読売新聞)
新潟大ヨット4隻転覆、6人救助…強風の日本海(読売新聞)
「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)