鳩山由紀夫首相は16日午前、水俣病未認定患者の救済策の閣議決定に関し「これまで大変苦しみ抜いた方々の気持ちを考えると大変つらい思いだ。国として改めておわびを申し上げ、ようやく一定の区切りがつけられるのは良かったと思う方々も多いのではないか」と述べた。また、5月1日に行われる水俣病犠牲者慰霊式への出席については「まだ決めていないが、何らかのことができればと思っている」と前向きな考えを示した。【山田夢留】

【関連ニュース】
鳩山首相:ガス田開発「交渉開始を」胡主席に要請
鳩山首相:「さくらの女王」ら表敬
鳩山首相:秘書官が米副長官と会談 普天間は話題にならず
核安保サミット:「哀れな鳩山が最大の敗者」 米紙が皮肉
普天間移設問題:5月末決着、合意条件 鳩山首相が明言

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
弁護側の精神鑑定申請を却下=小1女児殺害差し戻し審-広島高裁(時事通信)
橋下新党、経済人の会200人規模の見通し(産経新聞)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)