小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反罪で告発され、不起訴処分となった小沢氏について、東京第5検察審査会は27日までに、起訴すべきだとする「起訴相当」を議決した。今後、東京地検特捜部が再捜査し、改めて処分を決める。
 再び不起訴とされても、2回目の審査で、11人の審査員中8人以上が起訴すべきだと判断すれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴されることになる。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

仙谷担当相 閣内から批判相次ぐ 衆参同日選発言(毎日新聞)
放火容疑で男2人逮捕=飲食店にガソリンまく-警視庁(時事通信)
官房長官、なお徳之島3町長との会談模索 会談要請は「独断で」(産経新聞)
JR福知山線 被害者へメルマガ100号「孤立しないで」(毎日新聞)
<かぐや姫>月でなく富士山に登った伝説の根拠、富士市に(毎日新聞)