宮内庁は14日、アルコール依存の治療のために宮内庁病院に入院していた寛仁(ともひと)親王殿下(64)が、国際医療福祉大三田病院心臓病センターに転院したと発表した。不整脈の症状があるため、心臓機能の検査と治療をするという。

 宮内庁によると、寛仁親王殿下は8日から宮内庁病院に入院していた。同病院で不整脈の検査をしたところ、さらに詳しい検査が必要と判断した。

<新型インフル>患者数が5週連続の減少 全国医療機関調査(毎日新聞)
荻野さん自宅近く、包丁発見=殺害に使用の凶器か-千葉県警(時事通信)
食料難時代の切り札 「植物工場」で“未来型野菜”(産経新聞)
パトカーが民家の塀に衝突=警部補「考え事していた」-警視庁(時事通信)
運転しながら陰部露出=海自隊員、公然わいせつ容疑-神奈川県警(時事通信)