北沢防衛相は23日、防衛省改革について、自民党政権時代に策定された計画を白紙化し、新たな案を検討するチームを防衛省内に設ける方針を固めた。

 月内にも発足させる。改革では、文民統制を強化するための組織改編を中核に据える考えだ。有事の際、陸海空各幕僚監部(制服組)の指揮命令系統を明確化することなどを目指す。

 検討チームは西元徹也・防衛相補佐官がまとめ役となる見通し。制服組、背広組の双方が参加する。自民党の麻生前政権は、内局(背広組)と制服組の統合推進を柱とする防衛省改革案を打ち出した。しかし、北沢防衛相は、文民統制を重視する観点から、背広組と制服組の過度の統合には問題があるとの立場だ。このため、新たな改革案を策定することにした。

民主、参院選公認は来月に 捜査波紋…「複数」二の足(産経新聞)
社民党大会 政審会長と国対委員長の調整難航(産経新聞)
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い-湯沸かし器中毒死・名古屋(時事通信)
空海 唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
願書受け付け開始=来月3日まで-国公立大2次試験(時事通信)