政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は3月18日、4月下旬にスタートさせる事業仕分け第2弾の対象となる公益法人の選定のため、9日から実施していた各省庁からのヒアリングを終えた。枝野幸男行政刷新担当相は18日の記者会見で、「本当に多種多様なので、正直、(選定は)なかなか難しいと思う」と述べ、さらに時間をかけて精査する考えを示した。同会議では19-24日、各省庁から独立行政法人の選定のためのヒアリングを行う方針で、98法人が対象となる。

 会見で枝野担当相は、福祉的な事業を行っている法人を例示して、「金額が大きいからだとか、公費依存率が高いから問題かと言えば、必ずしもそうではない」と説明。「一通り聞いたが、もう少し時間をかけ、ヒアリングの結果を踏まえながら、議論の整理をしなければならないと思う」と述べた。


【関連記事】
事業仕分け第2弾、4月下旬と5月下旬に実施へ


福祉医療機構、「仕分けられる」―医法協・日野会長
PMDAの在り方「仕分けしたい」―民主党・尾立氏

<強風>羽田発着の107便が欠航 首都圏の鉄道、一時不通(毎日新聞)
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請-裁判員「評議、重い空気」・長野(時事通信)
アパート前で男女が言い争い=女性会社員の失跡直前-海岸の遺体事件・福岡県警(時事通信)
太陽光エネルギー 日韓がフォーラム 東京・新宿(毎日新聞)
<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)