経済産業省は16日の拡大経済産業局長会議で、全国10地域の経済動向に関する調査結果を公表した。景況判断は前回の「低迷しているものの一部に持ち直しの動き」から、「厳しさが残るものの緩やかに持ち直し」に上方修正。中国などアジア向けの輸出が好調なほか、エコカー補助金やエコポイント制度の効果で生産が上向いている。判断の上方修正は、昨年6月以来9カ月ぶり。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
EVの充電インフラ協議会=世界標準化目指す
景気「着実に持ち直し」=8カ月ぶり上方修正
街角景気、3カ月連続で改善=基調判断を上方修正

<日米密約>「非核三原則の法制化前進を」福島党首(毎日新聞)
<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
<掘り出しニュース>東大などが「紙製」漁網研究 流失などを解決 堆肥化も(毎日新聞)
税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発(産経新聞)