法務、文部科学両省は5日、法曹人口を増やすために導入された新司法試験や、法科大学院が当初見込まれたほどの成果を上げていないとの指摘を踏まえ、法曹養成の改革について検討する合同作業部会を設置した。今年夏をめどに報告書をまとめる。
 作業部会は、法務省の加藤公一、文科省の鈴木寛両副大臣のほか、裁判所、検察、弁護士会、法科大学院の各代表者で構成。乱立気味の法科大学院の教育内容や、司法試験・修習の実態を詳しく検証した上で、具体的な改善策を打ち出す。 

消防局職員、痴漢で現行犯逮捕=後つけ、背後から触る-大阪(時事通信)
鳩山首相 小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問(毎日新聞)
冬のボーナス、12%減=減少率最大-厚労省調査(時事通信)
作家・佐々木譲 北方領土「2世には生活の問題」(産経新聞)
日本相撲協会 朝青龍関、理事会に出席 暴行問題で(毎日新聞)