自民党栃木県連は10日、今夏の参院選栃木選挙区の予備選の投票結果を発表した。全国初の試みとしてインターネット投票を導入した結果、党員・党友による投票総数を上回る約1万1000票のネット票が集まった。

 県連は全国から候補者を公募し、最終的に2人による予備選を実施。郵送方式による党員・党友の投票のほかに、20歳以上の県内在住者を対象に、県連のホームページから投票できるようにした。ネット投票数は党員・党友の票数の2割分に換算し、候補者に割り振った。

 党員・党友の投票総数は6918票で、投票率は61.86%。県議の上野通子氏(51)が公認候補に内定した。県連会長の茂木敏充衆院議員は「ネット投票で多くの人に関心を持ってもらい、大成功だった」と述べた。

【関連ニュース】
自民党県連:参院選予備選、きょうから街頭演説 小池氏と上野氏が会見 /栃木
選挙:参院選 自民県連候補者公募、上野・小池氏一騎打ち 2氏が予備選辞退 /栃木

岡田外相が北海道訪問 政権発足半年、北方領土進展なし(産経新聞)
前原氏、県内移設受け入れ先には追加支援も(読売新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
児童虐待、家庭へ「強制立ち入り」可能に(読売新聞)
一時金直接支払制度の影響?「黒字」で閉院に追い込まれる産院が増加(医療介護CBニュース)