愛知県警は1日、指定暴力団山口組弘道会(名古屋市)に対する取り締まりを専門に行う「弘道会特別対策室」を捜査4課内に設置した。県警によると、暴力団の特定の2次団体を対象とした対策室は全国でも異例。
 警察庁の安藤隆春長官が昨年9月、山口組組長の出身母体である弘道会の重点取り締まりを指示したことを受けたもので、弘道会幹部の摘発や資金源の根絶を目指す。 

【関連ニュース】
北九州市長に脅迫状=暴力団関係者か
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定
道仁会側が住民らを提訴=本部使用禁止めぐり賠償請求
元暴力団幹部射殺で無罪=指示役らとの共謀否定

<国交省>組織改編は前原カラー色濃く 4月1日実施(毎日新聞)
両陛下、神奈川の保安林視察(時事通信)
<地域主権改革>権限委譲、各省が抵抗…3法案審議入り(毎日新聞)
憲法改正「議論必要なし」 枝野行政刷新担当相(産経新聞)
自民・園田氏が離党届提出(時事通信)