史上最年少の囲碁棋士、小学6年の藤沢里菜初段(11)=東京都新宿区=が24日、日本棋院(同千代田区)で行われた第20期竜星戦予選Bに出場、公式戦初対局を行った。堀本満成二段(20)を相手に140手、先番中押しで敗れ、黒星デビュー。「少し悔しい。次は勝ちたい」と闘志をみせた。

 攻撃的な打ち方で中盤までは互角に展開。しかし手痛い見落としが敗因に。「序盤はうまく打てたが、途中からおかしくなった」と反省したが、堀本二段に「強かった」と冷や汗をかかせた。

 父は一就八段、祖父は故藤沢秀行名誉棋聖という超サラブレッド。2月にプロ試験に合格し、小学生と棋士の二重生活を送りながら、囲碁道場で腕を磨く。「タイトルを取れるよう頑張りたい」と夢を語った。【金沢盛栄】

【関連ニュース】
囲碁:羽根、逆転勝ち 本因坊戦第1局
囲碁:羽根、白大石に迫る 本因坊戦第1局
囲碁:羽根VS山下、両者得意の布石 本因坊戦開幕
囲碁:本因坊決定戦第1局 11日から北海道小樽市で
囲碁:アジア大会へプロ棋士派遣

石破氏「首相は民意を軽んじている」(産経新聞)
北教組事件で初公判 元経理担当「間違いない」(産経新聞)
<図書館のない村>善意殺到 10日間で絵本1万冊突破--福島・飯舘(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
<詐欺容疑>小宮山泰子議員の兄逮捕 宝くじ販売権売却話で(毎日新聞)