日教組の第59次教育研究全国集会が23日、山形市で始まった。午前は全体集会が開かれ、58年ぶりに文部科学省からの来賓として高井美穂政務官が出席。中村譲中央執行委員長は「政治の壁が低くなり、社会的パートナーとして認知された今、私たちは公教育の中心にいる。それ故に、責任は重く大きい」と参加者に呼びかけた。

 全体集会の参加者は、主催者発表で約3000人。

 高井政務官は「教職員定数は前政権下での定数削減方針を打破し、7年ぶりに純増した」などと政権交代の成果を強調。また、日教組が廃止を主張する教員免許更新制については「抜本的な制度改革が行われるまでの間は現行制度が有効。先生方がより研鑽を積まれることは重要だ」と理解を求めた。

 会場では、参加者の1人が「教員免許更新制いらな! 今すぐ撤廃」などと書かれたプラカードを高井政務官のあいさつ中に掲げ、日教組の関係者に止められる場面もあった。

 教研集会は25日まで開かれ、分科会で特色ある教育実践など741本のリポートが紹介される。

【関連記事】
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
全国教研に文科省の政務官58年ぶり出席
民主・輿石氏「教育が選挙の争点。いよいよ日教組の出番だ」
【主張】教員の資質 競争と評価で鍛え上げよ
自民・義家氏ら、日教組の“牙城”甲府市を訪問

正座1時間、平手打ちなど15回…小1虐待死(読売新聞)
進次郎氏「分からないは、ぶれない」鳩山首相をチクリ(スポーツ報知)
社会医療法人認定進まず 制度発足から2年「壁」高く(産経新聞)
<自民党大会>「再生の道筋」示せず 定年制は先送り(毎日新聞)
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部-胆沢ダム下請け受注(時事通信)