三菱自動車は8日、乗用車「ランサーエボリューション」のクラッチ関連の配管を固定する留め具の強度が不足しているとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象は2007年9月~10年2月に製造されたマニュアル車の2407台。
 留め具が損傷すると配管が抜け、クラッチ操作ができなくなる恐れがある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
JTBが首位、日本郵政4位=大学生の就職志望
販売や訴訟に影響も=トヨタ、米政府制裁金への対応検討
「セフィーロ」などリコール=5車種計2万5000台
レクサスなど1万3000台リコール=韓国トヨタ

常務就任翌年から随意契約=14年、他社から見積もり取らず-家具厚生年金基金汚職(時事通信)
ワインの時短テクニック
アダム・ランバート、圧巻のパフォーマンス
「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」(スポーツ報知)
<ネット利用>子どもが初めて持つネット機器は「ゲーム機」(毎日新聞)