日本原子力研究開発機構は8日、試験運転中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)の原子炉建物(管理区域)で同日午後4時45分ごろ、原子炉を冷やす1次系ナトリウムの温度が一時的に上限値を超え警報が作動したと発表した。警報は午後5時1分に解除し、周辺の環境や試験継続に影響はなかったという。

 温度が上昇したのは、原子炉を止めて点検する際に原子炉を冷やす1次メンテナンス冷却系配管。ナトリウムは220~230度の間に制御しているが、上限値の250度を超えると警報が鳴る。【酒造唯】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ
もんじゅ:冷却系配管で高温警報
もんじゅ:5月6日運転再開を発表

普天間問題で首相 「最低でも県外」は「努力したいという思い」(産経新聞)
国会議員半減で地方分権を=選挙協力は否定-日本創新党(時事通信)
医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)
<民主党>山岡氏「普天間は雲の上の話」と発言 抗議で撤回(毎日新聞)
「5月決着断念」閣僚から容認発言相次ぐ(読売新聞)