埼玉県坂戸市で同じコンビニに2回押し入り店長らにけがを負わせたとして、強盗殺人未遂罪に問われた水野満被告(40)の裁判員裁判で、さいたま地裁(田村真裁判長)は19日、抗うつ剤の副作用による心神耗弱を認めて減刑し、懲役8年6月(求刑懲役12年)の判決を言い渡した。
 判決は、被告は医師の指示に従って抗うつ剤を服用しており、「過大評価はできないが、被告だけを厳しく非難できない側面がある」とした。
 被告の弁護人によると、医師の処方通り服用した抗うつ剤の副作用で心神耗弱を認めた判決は例がないという。 

未公開株上場話で詐取容疑=被害3億か、投資会社社長逮捕-沖縄県警(時事通信)
夫婦別姓法案「提出認めぬ」=亀井氏(時事通信)
政府、県内移設で最終調整=シュワブ陸上など2案-普天間(時事通信)
変死の歯科医、首に傷 本格捜査 浴槽の水飲まず(産経新聞)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)