第46回ウミウシ大会終わる


2024年2月4日にウミウシ大会を開催しました!

まずは動画にてご報告でーす

↓↓↓↓↓


第17回竜串リーフチェック無事終わる

先日の11月11日、12日とリーフチェックを開催しました。



PB123625



数年に1回来る、ダイバーの多さでした。

来年は少ないなぁ〜こりゃ。








PB113595


初日は調査地の設置でした。


PB113601



PB113607


PB113612


PB113621








午後は、

黒潮生物研究所 平林勲氏のサンゴガニのお話を聞かせていただきました。

PB110502





その後は、

グループに分かれ明日の調査地の打ち合わせをしました。







調査地本番。


恒例の記念撮影。



PB123624







調査地の準備の時はうねりがあって、透明度も悪く、大変でしたけど、

この日は、うねりも取れて透明度も上がりました!

なんと素晴らしい!!!







PB123628

PB123629


魚類班




PB123631


無脊椎動物班






PB123643


底質班






それぞれのチームに分かれて、



水深3m地点と水深6m地点での調査を無事に終えました。








ランチを食べて、ログ付けもし、調査データの集計をして、



PB123644

各班の代表者が結果を発表しました。





PB123625




音が出ます↓↓↓↓音が出ます↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=1GQtZb3lr0o








来年は恐らく
11月9日、10日です。

是非!ご参加ください!!!






第42回ウミウシ大会 〜海洋館とウミウシと私〜

お待たせいたしました。
第42回ウミウシ大会の報告です。


4月9日に開催しました! 



今回はダイビングスキル、ウミウシ探しスキルの高い方ばかりが偶然エントリーでしたので、
ガチバトルのルールに致しました。


それは、

・ウミウシの種類数で競う。
・他に誰も見つけていないウミウシを見つけていたら2ポイント。(くらまっちょは対象外)
・ドボンルールを設ける。ドボンウミウシを見つけていたらマイナス5ポイント。(くらまっちょは別にドボンルールを設けられる)


くらまっちょさんは、ウミウシ探す力がありすぎるので特別ルールを設けて、みんなで挑んでいく形が昨年12月から続いているのだ!


そろそろ誰か優勝してくれよ!

今回から新たなミッションがスタートするぜよ!!!




sumiushitaikaijyankenn230409


じゃんけんぽん!勝った人がポイント決めます。


それと、
今回は、くらまっちょさんへのドボンの数をあみだくじで決めました。


sumiushitaikai-amidakuji230409


sP4153557


3個ね。


6個を当ててほしかったわ(笑)



ほんで2ボートして、


130yさん 13ポイント
Ryuさん 19ポイント
Ayakaさん 16ポイント
くらまっちょさん 27ポイント

ssP4153558


ドボン発表。
sP4153559


sP4153560


ssP4153561


スイートジェリーミドリガイをただ一人見つけていた!

くらまっちょさんを、

10ポイントマイナス!!!ただ一人だけだから2倍で10ポイント!!!

と主張しましたけど、

そんなルールはないって事で、

5ポイントマイナスで27−5で24ポイントの


くらまっちょさんがまたも優勝。


まだまだ続く、「打倒!くらまっちょ」次回は6月4日です。



さて、


今回からは


この様なウミウシ探しも協力いただきました。



sumiushityousa230409


sumiushityousa230409-2



今回エントリーくださったダイバーさんに


題して「海洋館とウミウシと私」という話をさせて頂きました。

これって、「部屋とワイシャツと私」の真似して言うたがやに、誰っちゃぁ突っ込んでくれんかった。
平成生まれの若者ばかりだったからかな〜(笑)
昭和のおっちゃんはおったけど、女心の歌は興味ないやろうしね〜。




説明していたら長くなってしまうので短く言いますと。

私は、足摺海洋館の通年のウミウシ展示を反対しております!


理由。

・飼育が難しく短命である。
・餌も分かっていない。
・当店はウミウシが多いというアピールをして集客している。(命は奪っていない。見てるだけ〜)

よって採取しては展示をずーっと続けていたら、ウミウシがいなくなる。
乱獲である。
無駄死になっている。




旧館の時に2016年からゴールデンウィークの2週間だけウミウシを展示をする様になり、
私は協力して採取も一緒にしてきました。


しかし、2週間という短い期間でもウミウシは死んでしまっている種類が多いのを確認しました。
それからは、生き残ったウミウシを海に帰すことをお許しを頂き戻してきました。



ですが新しい水族館になってからは1年中ウミウシを展示する事が決まってしまいました。



反対してもその意見は届かず。水族館はスタート。



ただ、ウミウシ採取を竜串湾ではなく、別の松尾という海域で採取するとの事でした。



しかし、昨年の10月から竜串湾での採取をしていたことが今年の2月に分かりました。




それがこれまでの流れです。



ウミウシ探しに興味ある方でしたら、想像つくかと思います。


1か月に1回、3名でダイビングでのウミウシ採取。
それを4年目に差し掛かっている。

ウミウシの数はどうなるでしょうか?




この危機感を感じる人間は大変わずかであると思います。


しかも危機感を伝えるデータもないです。


私はこれまでの私の経験と感覚でしか危機感を訴えられないのです。



なので、説得力がない。



どうにか数値化できないかと。


で、
今回は1平方メートルにどれだけのウミウシがいるかを調査する事が良いのでは!
20m×1mのラインにどれだけウミウシがいるかを調査してみてはどうか!
リーフチェックにウミウシ調査をプラスしたらどうなのか!


という果てしなく、ゴールの見えない事のスタートをすることにしました。


結果、私の意図する方向にいかない事になるかもしれません。



大阪の海遊館さんも海遊館の隣でウミウシの展示をしていました。

担当のウミウシの方が、

「ウミウシは非常に飼育が難しい上、餌が分からない。ざっくりカイメンと分かっていてもカイメンを区別する事も採取も難しいので展示を止めた」

と人を介して質問してその答えが返ってきました。



やはり、命を展示している以上、この様な姿勢に私は尊重します。


お客様を集める為、なんでもしていいのでしょうか。



足摺宇和海国立公園の海域公園地。ウミウシは採取をしてはいけない生き物のに対象になっていません。
しかもウミウシの採捕許可を取っての採取。
まったく違法でもない。しかる手続きをとって取っている。




色々、前途多難でありますが、
その様ないきさつで、調査じみた事を加えてのウミウシ大会となりました。
また、この様ないきさつで
リーフチェックにウミウシ探しが加わります。



ご了承くださり皆様のご協力をお願い致します。
ウミウシオンリーダイブを楽しんでくださっているゲスト様にも、ファンダイビングの時に少しばかりご協力願う事があるかもしれません。
楽しいのが基本のファンダイビングなので、無理しない程度のご協力です。
よろしくお願い致します。




またご意見などございましたら、
メール、SNS、お手紙、お電話などで頂ければと思います。




短くしたかったのに、感情的になってしまった。
最後まで読んでくれてありがとうございました。



では、バイ!



第41回ウミウシ大会

去る!2023年 2月12日(日)に


第41回ウミウシ大会開催しました!


数年に1回はエントリー数が多いこの大会。今回は7名もの参加者がおりました。




ありがとう!!




新参者の方もいらしたので、





今回は新参者さん同士で競って頂いて、






玄人組は玄人で競って頂きました。







・・・・・・・・・。ん。











写真を撮影するの忘れてた。。。。(動画は↓↓下記に)









・・・・・・・・・・・。チン








sP2153454




ドボンルールも採用!このウミウシを見つけた人はマイナス5ポイントです!。




なんとコガネミノウミウシは全員見つけていて、





ブーイング👎👎👎でした。






これで終わりません。






今回も




sP2153456




倉松君だけのドボン。


sP2153455




どうやぁ〜!!



全部で5つのドボンをくらうとダメージ強いやろっ!!!




倉松君は3つのドボンがあってマイナス15ポイント!!!








でも、





やはり優勝は倉松君でしたあらま。すごい。すぎょい。





新参者チームでは、M.Tさん
15種類も見つけてましたよ。ドボン1個で10ポイント!



おめでとう!!!





これからもウミウシ探しのスキルを上げていってください!!!



次回は4月9日(日)です。




動画は↓↓↓(音が出ます)









皆様のエントリーをお待ちしております





バイ

















記念すべき第40回のウミウシ大会!

去る2022年12月4日(日)に

第、第、40回
ウミウシ大会

が開催されました!よっ!

パチパチどんどんパフパフ!


記念すべきこの回にエントリーしてくれた人数は、、、、


たったの3名。チン。



和歌山では盛大にABECUPが開催され表彰式をされている裏でのこのウミウシ大会。


開催数だけは勝ったなぁ。。。




40回目にして、実は初なのは、

プロレベルのダイバーさんがエントリーくださったことです。


それはそれで、問題があるのは間違いなし。



と分かりながら、エントリーを受け付けて、



今朝、顔合わせになりました。




「こんちは〜」





ウミウシ大会は非常に柔軟な大会で、


エントリーメンバーで微妙にルールを決めることができる。



これこそ、人数が少ないからできる事。チン。




わたし的に、ハンディいらないんじゃねぇ!ってな考えだったんですけど、

40回なので、わたしもエントリーしちゃったり!!みたいな考えだったりしたんですけど、




まぁまあ、話して、



プロレベルの方だけに適応する「ドボンルール」が成立する事で話がつきました。



ドボンルールとは、

マイナス5ポイントされてしまうウミウシをわたしが選ぶというルール。




プロレベルの方をおとしめるカードを得てるのはわたしという事なのだ!

(よくこの程度のハンディで引き受けてくれたものだ)




sPC042978



ジャンケンして勝った人がポイントを決めます。



ポイントが決まったら、


ドボンウミウシを決めます。


sPC043001



皆様に適応のドボンとプロレベルの方のドボン。

2つもある!!!うけるぅ〜(大笑)


1本目のポイントは、日ノ浦、2本目は、フィッシュアイランド、となりました。



sPC043002






激闘の2ダイブを終えて、


ログ付け。


探して撮影されたウミウシの数がそれぞれ決まり、



いよいよ!ドボンウミウシの披露!




まずは、


皆さんに適応のドボン発表!



sigaguri-dobon




イガグリウミウシ!!!



sigaguri-kuria



クリアー。(誰も見つけてない)




次!!!



sshinnderera-dobonn




シンデレラウミウシ



ssinderera-kuria




クリアー。(誰も見つけてない)




いや〜。まぁ、プロレベル以外の方がマイナスにならなくて良かった良かった。






プロレベル適応ドボン!





発表!!!








sPC043004



なんと、1つの封筒に紙が2枚!!!




恐るべし、ドボン










容赦なくマイナス!









skyarottoshi-do-dobonn












skyarottosi-domino221107-kuria



おー!!





次!





saosenn-dobonn













saosennminoumiushi221205-kuria


クリアー!









skurofuchiumi-dobonn













skurofutiumikotyou-kuria










sshirousagi-dobonn


















sshirousagi170618-kuria








チン。





ドボンなし。









「佐野さーん!
「佐野さん信じてたのに!!」
「現地ガイドとしてこれはいかなるものか!!!」






色々な意見、クレームか?ありましたけど、





プロレベルの方が優勝。という事で。






ただ、新しく発見されたウミウシを一人だけ見てるという、





マイナス7万点×2なので、




「何がレアなのか分からない」じゃねーーぞ!!!
私が見てないのに「ウミウシの部屋」更新だぁーーー!!!




という事で
一生、優勝はないわけで。。。






しかし、

この頃の私は、

ドボン当て率、下がる一方。。。。。

精進せねば









次回は2023年2月12日(日)


皆様のエントリーをお待ちしておりまーーす!





バイ













































月別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

mizumizu

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ