亀井静香金融・郵政改革担当相と原口一博総務相は24日午前記者会見し、郵政改革の骨格を発表する。郵便貯金の預入限度額を2000万円(現行1000万円)、簡易保険の加入限度額を2500万円(同1300万円)にそれぞれ引き上げる。
 日本郵政グループの再編では、現在の持ち株会社である日本郵政と郵便局会社、郵便事業会社(日本郵便)を統合して設置する新たな親会社の株式について、政府が経営上の重要事項に対する「拒否権」を握る3分の1超を保有。親会社にはゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の株式3分の1超の保有を義務付ける。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

郵政改革法最終案、亀井氏「民業圧迫」に反論(読売新聞)
<国交省>男性職員を懲戒免職 共済組合の金を生活費に流用(毎日新聞)
<掘り出しニュース>警告カードを水増し 「上司にほめられたかった」(毎日新聞)
<事業仕分け>「1年生議員」の参加を指示 鳩山首相(毎日新聞)
普天間、調整難航は確実=岡田外相が28日に訪米(時事通信)