民主党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件について、小沢氏と距離を置く政府・民主党の有力議員から31日、小沢氏のさらなる説明責任だけでなく、進退の判断を求める声が相次いだ。

 枝野幸男・元政調会長はさいたま市内で講演し、「刑事事件として区切りがついたところで、しっかり説明していただかなければならない。国民の理解、納得を得られなければ、一定のけじめをつけていただかないと(いけない)」と述べた。小沢氏が説明責任を十分に果たせない場合、辞任を含めて対応すべきとの考えを示唆したものだ。

 前原国土交通相も京都市内で開かれた党の会合で、「新たな局面が生まれた時は、我々も厳しく自浄能力を発揮していかなくてはいけない」と述べ、今後の展開によっては小沢氏に辞任を求める考えを示した。

文民統制を強化へ、防衛省改革で検討チーム(読売新聞)
<志布志市長選>現職の本田修一氏が再選(毎日新聞)
新幹線トラブル、原因はボルトの締め忘れ(読売新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)