海上自衛隊第2航空群司令部(青森県八戸市)は11日、この冬初めて流氷をオホーツク海上で確認したと発表した。同日午前10時25分ごろ、同群のP3C哨戒機が北海道紋別市の北約160キロの海上で幅約20キロ、長さ約100キロの帯状に広がる流氷を確認した。

 札幌管区気象台では、オホーツク海上空の気温が平年並みか平年より高く推移する見込みのため、陸地から肉眼で観察できる流氷初日は、平年並みの1月下旬か、それ以降になると予想している。【仲田力行】

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
苫小牧ボート転覆:「気象の急変が影響」国交省調査官
大雪:雪下ろし73歳死亡 東北などで30~40センチ
ボート転覆:5人死亡1人不明…釣りの自衛官 北海道
気象庁:関東地方などに低温警戒情報

菅氏 「財務省情報、公開する」 政治主導を強調(毎日新聞)
病院の療養病床、11か月連続で減少―医療施設動態調査(医療介護CBニュース)
海自撤収「国益損なう」=自民(時事通信)
「カラス投石・頭上注意!」美術館が注意文(読売新聞)
<田原成貴元騎手>大麻所持で有罪 京都地裁判決(毎日新聞)