法政大(東京都千代田区)は12日、今月8日に実施した10年度一般入試(法、文、経営3学部6学科合同)の日本史で出題ミスがあったと発表した。

 文化史に関する選択式設問で、正解のはずだった室町時代の連歌師の名前に誤りがあり、正答がなかった。この設問は全員を正解にした。

 合同入試の志願者は5274人で、日本史は2010人が受験した。

【関連ニュース】
出題ミス:関西学院大学の入試「日本史」で 正解が二つ
広瀬遺跡:水無瀬離宮の一部か…大規模遺構発見 大阪
大茶盛:初釜に歓声 奈良・西大寺
寒みそぎ:ふんどし一つで来年の豊作を祈願 福岡・前原
関学大:入試「日本史」に出題ミス

YKK AP製ドアポストで事故=小1男児が手の甲切る-消費者庁(時事通信)
橋下知事「パーフェクトな予算」 自画自賛の会見2時間半 (産経新聞)
<73歳窒息死>のどの骨折れる 水戸署に捜査本部(毎日新聞)
自民党、鳩山首相の母の出張尋問も考慮に…町村元官房長官が表明(スポーツ報知)
<全日空機>副操縦士ライセンス忘れ足止め 韓国で4時間半(毎日新聞)