東京電力山梨支店に入った連絡によると、山梨県内で9日午後から10日未明に降った雪の影響で、10日午前10時半現在で県内約4200世帯が停電している。電柱の折損や断線が原因とみられ、東電は復旧作業を急ぐとともに「切れて垂れ下がった電線は危険。見つけたら絶対に近づかず、すぐに東電に連絡してほしい」と注意を呼びかけている。

 東電山梨支店によると、南アルプス山麓(さんろく)の早川町では町役場付近の電柱が折れ、高圧線が断線するなど、町内の約1100世帯が9日午後11時15分から停電している。甲斐市双葉町でも10日午前7時過ぎから約1400世帯が停電し、原因を調査中。このほか9日夜から10日午前にかけ、韮崎市や北杜市、富士川町などの一部世帯が停電した。

【関連記事】
兼六園の石垣崩れる ホテル街が一時騒然
ブレーカーが凍り付いて停電? スキー客1時間宙づり
ストーブで寒さしのぐ避難住民「家屋が心配」
雪で山陽新幹線に遅れ、空も欠航 中四国の交通乱れる
養殖いかだ切断、漂流… チリ地震で漁業被害拡大に懸念
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

皇太子さま、ガーナの露天市場に(時事通信)
mixiまねて「mixy」… 携帯ぞろぞろ偽サイト(産経新聞)
海外税制悪用、1億3千万円脱税容疑で社長告発(読売新聞)
刑訴法改正で時効撤廃 閣議決定(産経新聞)
<監視カメラ>高性能化進む 紙幣番号判別 人物抽出開発中(毎日新聞)