鳩山由紀夫首相は10日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、首相が表明する「5月末決着」の先送り論が閣僚から相次いでいることについて、「5月末は私が国民に申し上げている。変えるつもりはない。みんなで『これで行こう』という方向を必ず出したい」と述べ、月内に決着させる考えを改めて強調した。首相公邸前で記者団に答えた。

 この問題の対応を協議するため、同日午前に首相官邸で開く関係閣僚会議については、「今日までの状況をきちっと確認する。最終的な方向をみんなで作り上げる努力の一環だ」と説明した。

【関連記事】
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
「ルーピー」と書かれた首相
生きていた鳩山首相に強い味方が登場
普天間問題、足を引っ張り合っている場合じゃない
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

住宅ローン名目4680万円詐取容疑、組員ら4人逮捕(産経新聞)
2010年度診療報酬改定で中小病院は?(医療介護CBニュース)
民事法情報センター、法人解散を正式決定(読売新聞)
小沢氏「百万、千万の味方を得たような気持ち」 谷氏出馬表明(産経新聞)
<茶畑観光>外国人客も交えて人気に 宇治茶の京都府和束町(毎日新聞)