鳩山由紀夫首相は21日、官邸で記者団に対し、政治資金規正法違反容疑で逮捕された石川知裕衆院議員に関し「起訴されないことを望みたい」と語った。検察も含む行政トップの首相が、検察が判断権を持つ起訴の適否に言及するのは極めて異例で、新たな批判を招きそうだ。

 首相は記者団から、党として石川議員へ除籍などの処分をするかを問われ、「起訴された仮定の話で、あまり答える必要はないかもしれないが、起訴されないことを望みたいが、どういう状況になるかをもって判断したい」と述べた。

 これに先立ち首相は、衆院予算委員会で自民党の谷垣禎一総裁に「指揮権発動を意識しているか」と問われ、「そのような思いはまったくない」と答えていた。

 23日に行われる見通しの東京地検特捜部による小沢一郎氏への任意の事情聴取に関し、首相は「幹事長が自分の潔白を証明したいという強い意志で聴取に応じると思っている。そこですべてが明らかになると強く願っている」と語った。【小山由宇】

【関連ニュース】
衆院予算委:首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発
普天間移設:鳩山首相、改めて5月中の決着を強調
鳩山首相:23日、地方視察へ 原則、毎週末実施
鳩山首相:小沢幹事長自身での潔白証明に期待
鳩山首相:「熱っぽい行動控えるべきだ」 党内検察批判に

<雑記帳>自民党本部に屋台 幹事長も腕振るう(毎日新聞)
景気対応緊急保証、医療・介護も対象に―直嶋経産相(医療介護CBニュース)
MDMA受領認める=押尾容疑者、泉田被告から-女性急変時刻、徐々に訂正・警視庁(時事通信)
青森県で震度4(時事通信)
<在韓被爆者訴訟>長崎地裁で和解 1次原告127人(毎日新聞)