厚生労働省は12日、出産費用を公的医療保険から医療機関に直接支払う「出産育児一時金」の新制度について、対応が困難な医療機関は2010年度末まで実施を猶予すると発表した。医療機関の資金繰り悪化に配慮するためで、厚労省は4月からの全面実施を予定していた。11年度以降については、制度存続の可否も含め検討する。
 新制度は、妊婦が出産費用を立て替えずに済むよう、出産育児一時金42万円が医療機関に直接支払われるもので、当初は昨年10月全面実施の予定だった。しかし、支払いが出産後1~2カ月かかることから、中小医療機関の不満が噴出し、実施が半年間猶予された。 

【関連ニュース】
7カ月ぶり流行水準下回る=インフル患者、定点0.77-感染研
インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る
インフル患者、減少続く=週推計7万人
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言
自殺対策でキャンペーン=福島担当相

参院選 「民主に投票」22% 急落…自民と拮抗 新報道2001調査(産経新聞)
長男、長女も銃撃で失血死=一家4人死亡火災-群馬県警(時事通信)
医療者の指刺し事例報告踏まえ、「穿刺器具の取扱い」注意喚起(医療介護CBニュース)
会見出席求め仮処分申請=フリー記者「警察庁が妨害」-東京地裁(時事通信)
直接支払制度の影響で約5千人の「出産難民」も―産科中小施設研究会(医療介護CBニュース)