北海道駒ケ岳(1131メートル)の一部が6月から入山許可されることが30日決まった。98年の噴火以降、入山が全面規制されており、規制の緩和は11年8カ月ぶり。

【写真特集・日本の噴火】北海道駒ケ岳の噴火写真

 駒ケ岳は00年まで小噴火をくり返し、01年以後は小康状態が続いている。このため、駒ケ岳火山防災会議協議会などが「最後の小噴火から10年以上が経過し、火山活動が静穏になっている」と判断した。

 入山が許可されるのは登山道4本のうち「赤井川登山道」。6~10月の土日祝日の午前9時~午後3時で、7月24日~8月17日は毎日許可される。森町と鹿部町、七飯町の観光協会などが規制緩和を求めていた。【佐藤心哉】

【関連ニュース】
【犠牲者の出た噴火】10人の登山者が死亡した浅間山
【火山の国に暮らす】日本の主な火山・写真をクリック
【犠牲者の出た噴火】阿蘇中岳が爆発、修学旅行中の高校生ら5人が死亡
雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開
桜島:爆発的噴火300回到達 観測史上最速

<鳩山首相>内閣支持率の下落傾向に強い危機感 記者会見で(毎日新聞)
新型インフルの第一波、事実上終息…厚労省(読売新聞)
疾病予防対策で勧告機関の設置を提案-日医委員会(医療介護CBニュース)
<谷垣総裁>「気迫持って迎えたい」党首討論に決意(毎日新聞)
アートナイト 一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)