公明党の山口那津男代表は24日、東京・内幸町の日本記者クラブで講演し、今夏の参院選後に民主党と連立または閣外協力する可能性について「(民主党は)政権担当能力に大きな疑問符を付けており、まったく考えていない」と否定した。米軍普天間飛行場移設問題を巡っては「今月末の日米共同声明を機に自発的に辞任すべきだ」と鳩山由紀夫首相に退陣を求めた。

【関連ニュース】
公明党:「民主との連携は白紙」
公明党:新代表に山口氏内定
山口・公明代表:“第三極”党アピール 岐阜で街頭演説 /岐阜
山口・公明代表:名古屋で時局講演会、2大政党を批判 /愛知
’10参院選ながさき:公明党・山口代表、街頭で支持訴え /長崎

<秋葉原事件>「社会へのテロ」…遺族が初めて証言(毎日新聞)
特殊会社天下り 2分の1から3分の1 政府が閣議決定(産経新聞)
<ボタン>早咲き、中咲き、遅咲きが競演 春の寒波が好影響?(毎日新聞)
【舞台はここに】五木寛之「親鸞」 京都・六角堂(産経新聞)
政府、口蹄疫総合対策を決定…費用300億円超(読売新聞)