政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下に設置された規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は29日、都内で初会合を開き、鳩山政権での規制改革論議を本格的にスタートさせた。6月をめどに各検討テーマについて対処方針を決める予定。各省庁の抵抗が激しい場合は、公開の場で関係者を呼んで議論する「規制仕分け」も検討する。
 会合の冒頭あいさつで枝野幸男行政刷新担当相は「これまでの規制改革は、厚い壁に阻まれて緩和されていないところと、逆に緩和だけが進んで弊害が生じた両面があった」と指摘。メンバーに対し、「消費者や利用者の視点を持って、現状の規制を見直してほしい」と求めた。 

【関連ニュース】
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

開業まで2年、早くも観光名所…スカイツリー(読売新聞)
准教授を停職6カ月=「性的暴行」女性が訴え-大阪大(時事通信)
中井氏、女性問題を釈明「何か問題ならはっきり言って。つけられて分からなかったのは恥ずかしい」(産経新聞)
自民府議団3人離脱 分裂3度目 橋下知事に賛同(産経新聞)
眞子さま・佳子さまが卒業式、校門前で記念撮影(読売新聞)