社民党の重野安正、国民新党の自見庄三郎両幹事長は15日、国会内で民主党の高嶋良充筆頭副幹事長に、連立与党間の政策調整システムを確立するよう申し入れた。政府への政策決定一元化を掲げる民主党に対し、社国両党内に「(両党の)意見が十分反映されていない」との不満が高まっているのを受けた要請だが、高嶋氏は「役員会で報告する」と引き取るにとどめた。

 社国両党は、政策責任者レベルの会合や、幹事長級会談の定例化などを求めた。また、子ども手当法案や高校無償化法案で、民主党が社国両党を飛び越えて公明党との修正協議に踏み切ったことに関し、重野氏は「連立の意思一致をした上で野党と協議するのが順序だ」とけん制した。【西田進一郎】

【関連ニュース】
社民・国民新党:野党協議の前に説明を 民主党に要請へ
高校無償化法案:朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党
社民・国民新:民主に幹事長会談を要請へ
政界:社民・国民新、幹事長会談を要請へ
高校無償化:朝鮮学校も対象、政府に要請一致--社民・国民新方針

<鳩山首相>中国の唐元国務委員と会談 上海万博訪問に意欲(毎日新聞)
みんなの党支持率急上昇 「小さな政府」明確だから 渡辺喜美・みんなの党代表インタビュー(上)(J-CASTニュース)
民主・小林千代美衆院議員、「聴取の要請があれば受けたい」(産経新聞)
佐藤家文書「密約」の効力なし、と有識者委(読売新聞)
国宝展示問題、新潟市長が文化庁訪れ許可要請へ(読売新聞)