「ダンゴウオ」と呼ばれる体長5センチ未満の球形の魚がダイバーの間で人気を集めている。近畿の沿岸でも見ることができるといい、ゴールデンウイークにはダンゴウオ目当てのダイバーらでにぎわいそうだ。

 ダンゴウオはカサゴ目の底生魚で、名前の通りほぼ球形の体形が特徴。沿岸の水深10メートルぐらいの岩礁域で生息する。

 観察ポイントとして注目を集める日本海側の猫崎半島(兵庫県豊岡市)では、昨年からダンゴウオをひと目見ようとダイバーが急増しているという。

 地元のダイビングサービス「カシマカンコー」によると、「ダンゴウオは海底でもあまり動こうとしないので、初心者でも比較的見つけやすい。女性ダイバーに特に人気です」と説明する。

 また、猫崎半島をダイビングでよく訪れる「ダイビングスクールココモ」(姫路市)の唐土誠代表は「幼魚のときは頭に白い輪があり、ダイバーは『天使の輪』と呼んでいます」と人気の秘密を明かす。

 近畿では冬場から5月の連休まで観察できるといい、唐土代表は「これからは大きくなったダンゴウオを見ることができますよ」と期待を込めて話した。

【関連記事】
日本海で珍しいヒョウモンダコの撮影に成功
シーラカンス稚魚の撮影に成功 世界初、福島の水族館
圧巻! 直江津沖にクジラの群れ、30頭以上目撃
メコン川で絶滅危機のイルカを撮影 日本の研究者
珍しい深海イカ撮影 風船状に膨らみ浮遊
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

たちあがれ日本 略称は「日本」(毎日新聞)
日米、初の共同治験 医療機器承認遅れ解消狙う(産経新聞)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」
都バスに乗用車が衝突=1人心肺停止、6人負傷-東京(時事通信)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)