興和は4月6日、持ち運びに便利で、頑固なかゆみにその場ですぐに対応できるかゆみ・虫刺され用薬「プチウナコーワα」を新発売する。

 2008年に発売された「プチウナコーワ」の処方強化品として、かゆみが悪化したり、皮膚が赤く腫れたりする原因となる炎症を抑えるデキサメタゾン酢酸エステルを新配合。また、ジフェンヒドラミン塩酸塩がかゆみの基になるヒスタミンの働きを抑え、かゆみを鎮めるとともに、リドカインの局所麻酔作用により、かゆみの伝わりをブロックする。

 用法・用量は1日数回、適量を患部に塗布する。価格は12mL/609円(税込み希望小売価格)。


【関連記事】
一般用医薬品「ポポンピュメリ錠VB」など新発売―塩野義製薬
目薬「ロートジー」シリーズを一斉リニューアル―ロート製薬
ビタミンD3製剤2成分のスイッチOTC化を了承
スイッチOTC市場、2.3%増の1571億円
一般用医薬品販売制度のQ&Aを事務連絡―厚労省

<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー(毎日新聞)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省(時事通信)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
「涙も出ない時間だった」水俣病訴訟ようやく和解(読売新聞)
「弘道会特別対策室」を設置=幹部摘発、資金源根絶狙う-愛知県警(時事通信)