2011年09月10日

M&A検討企業増加

M&Aを検討している企業が増加しています。

特に、震災後から、上場企業の多くが検討しています。
電力不足や円高などの経済環境の悪化により、収益性の向上や、競争力の強化の必要性が高まっていることが背景にあります。

M&Aにあたっては、積極的に検討する企業も多いですし、また、良い案件があれば検討するという上場企業が増えています。

震災直後は、企業経営についても慎重な姿勢が目立ちましたが、今は、次のステップに向かっているという認識が広がっているのです。

このような環境では、事業や企業の売却、譲渡を検討している企業にとっても、案件がまとまる可能性が高くなります。
M&Aなどの無料相談を活用してみるのが、そのための第一歩ですね。

m_a_0 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月31日

国際協力銀、タイのカシコン銀行と提携

国際協力銀行(JBIC)は、タイ3位の大手銀行、カシコン銀行と提携し、中小企業のアジア進出を支援するとの報道がありました。

国際協力銀行は、海外の地場現地金融機関との提携により、現地拠点のない地方銀行などがアジアの現地金融機関と提携して、取引先を支援する体制を構築するとのことです。

その第一弾がカシコン銀行で、両行は、提携に基づく支援を希望する地銀・第二地銀を募集します。参加すれば、カシコン銀行からの融資や情報提供などのメリットが得られます。

地銀や第二地銀は、大手銀行と違い、海外進出先を現地で支援する体制が整っていないため、このような提携による支援を拡大する方針です。

企業の成長に応じて、サポートする体制が整うのは望ましいことです。
特に、M&Aを通して海外進出する中小企業が増えているため、そのようなニーズは今後ますます高まるものと思われます。

bangkok


m_a_0 at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)