2010年03月29日

東野圭吾、白夜行〜幻夜

多分多彩な引き出しをもつ作家だと思う。

最初は探偵ガリレオからスタートしたが、作家には珍しい理工系の視点、背景からくる起承に引きずりこまれ、転結でこちらの推理を見透かしたようなサプライズ。

加賀恭一郎シリーズもいいが、白夜行の時間軸の使い方、情報の与え方など物語の緻密な構築に、読み終えてうなった。

変身、同級生…。期待をいい意味で裏切ってくれる。また本屋で文庫本をあさろう、新刊、早く文庫本にならないかな(_´Д`)ノ~~。

Fromいずみ〓よしや
〓(^^ゞ≠ゆらりひょん


m_cafe_izumi at 18:19│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔