October 15, 2018

なるほどな、「夢はでっかいから夢と呼ぶ。」

人生は抱いた夢の大きさ以上にはならない。その抱いた夢の大きさの範囲の中の50%か80%か、100%か。

「夢はでっかいから夢と呼ぶ。」

Stay hungry. Stay foolish. 

点は未来方向に見てもなかなか繋がらないけど、あとで振り返ってみると必ず繋がる。だから自信を持って、繋がることを信じて今を一生懸命生きよう。

楽しみがあるから前向きになれるのではない、前向きな気持ちがあるから、そこに楽しむが溢れるのだ。

全ては自分の内面から。心の好きだという叫び、情熱に従え。それがまだ見つかってないなら、一生懸命に探し続けよう。

人生一度きり。今日が最後の日でも、やりきったと思える1日1日を送りたい。

(いろんな言葉にインスパイヤーされて、繋がるもんだなと、作文。)


m_doginca0505 at 06:12|Permalink Life/日常 | Mental / “心”
ふぅ あい あむ
M-dog
2000年5月:カリフォルニア州ロングビーチにバスケットボールコーチになるため修行渡米。
2001-2004: カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 男子チーム・マネージャー。
2003−2004:サマープロリーグ(SPL)にてインターンシップ。
2004夏: 当時同大学女子チームでプレーヤーであった日暮恭子さんと共に、LA在住の日本人の子供たちに独自のサマーキャンプ“K&M Basketball Summer Camp"を開催。
2004-2005: パシフィカ高校 Varsity アシスタント・コーチ。兼LA在住の日本人のキッズチームコーチ。
2005-2006: 日本に一時帰国し。bj-league、JBL、社会人クラブ、大学、高校、ミニの各トップチームを訪問。
2006春: California State University Long Beach コーチング学(スポーツ心理学)専攻、大学院修了。
2007-現在: All American Sports 勤務。
2008-現在bj International Office, Basketball Development and Operations ディレクター。

日本では、
1983-86:加古川市立山手中学校男子バスケットボール部
1986-89:兵庫県立高砂南高等学校男子バスケットボール部
1990-94:龍谷大学学友会体育局男子籠球部
1994-95:同大学女子籠球部コーチ
1995春: トレーナーの道を求め山本利春先生の下に研究生として勝浦へ。
1996−1998:国際武道大学大学院にて、池上晴夫教授、大道等教授、山本利春教授の下、スポーツ医科学を学ぶ。修士号取得。
1995−1998:リクルート(現オービック)・シーガルズにて吉永孝徳ATCの下ボランティア・トレーナーとして修行。その間、2度の日本一を経験!
1997−1999:千葉の短大、看護学校などで非常勤講師を務める。
1997−2000:勝浦整形外科クリニックにてDr.有馬三郎の下、アスレティック・トレーナーとしてリハビリテーションルームで従事。ACLをはじめ多くのスポーツ外傷・障害のリハビリを担当。
2000春:U-14東京代表サッカーチームのスペイン遠征にアスレティック・トレーナーとして帯同。

心に誓う言葉:
「好きこそ物の上手なれ!」「強く願えば、必ず叶う!」「人生一度、賭け事は仕掛けねば始まらず!」