毎週月曜日は保険会社のお姉さんが回ってくるんですよ

んで今日

なんか回線での試験を受けさせられました

15問の試験

まぁ基本的なことなんですけど

日本語の言い回しのめんどくささを思い知らされました

4択形式なんですけどね

読めば読むほど目が回るというか脳ミソが回るというか・・・

とりあえずは全問正解でクリア

今年は数年に一度の保険資格の試験もあります

落ちたらシャレになんない

日本語の勉強しなきゃ~





ってことでハイお仕事です

RVFの車検整備ですね

前回は前ブレーキまで

今回は・・・


DSC_0023

リアブレーキの整備です

すぐに後輪が外れるプロアームって便利だなぁ・・・

スズキの車両はリアブレーキの整備をするときには後輪外さなきゃなんないんですけど構造が好きじゃないんです(ごめんよ)

プロアームはリアブレーキにアクセスし易いからスキ

ってなことで


DSC_0024

お湯でキャリパー丸洗い


DSC_0025

汚れが落ちたら乾かしてピストンの揉み出し

リアも10年ですけどスコスコよく動いてくれます


DSC_0026

そして洗い物も同時進行

前後の車輪の関連部品やリアブレーキの関連部品を一気に洗います


DSC_0027

で、並べて乾燥タイム


DSC_0028

キャリパーのゴムブーツを出してきて・・・


DSC_0029

キャリパーに取り付けてブーツの中にグリスを塗り込みます


DSC_0031

乾燥した部品を確認しながら組付けて

DSC_0033

車体にブレーキキャリパーを取り付けてボルトは規定トルクで締め付けます


DSC_0034

ブレーキ液のタンクの内側には結露で水が溜まってます

バイク専用のガレージに保管してますので雨に濡れることはありません

ただ乗ってないだけ


DSC_0035

ブレーキ液も交換して


DSC_0036

交換後はブリーダー内に残ったブレーキ液もちゃんと処理しましょう

余談ですけど

クルマのスポーツカーで大きなかっちょいいブレーキが付いてるのを見かけるんですけど

見てるとブリーダー周辺の色がはげたりしてるんです・・・

怖がらずに軽くキュッと締めてブリーダー内に残ってるブレーキ液を処理するだけで防げるんじゃないかと・・・

怖がってギューッと力いっぱい閉めてキャリパーとブリーダーの接触面も荒れて漏れ出す悪循環じゃないのかな・・・?

ボクはクルマのブレーキ液交換はチーム員に手伝ってもらって自分で作業します

でRVFのブレーキ液も交換して


DSC_0037

リザーブタンクのダイアフラムも新品

膨らみますので・・・


DSC_0040

後輪もトルクレンチで指定トルクで締めてリアブレーキの整備は完了です


DSC_0042

次はフロント周りの整備です