2016年10月30日

お隣さん。

まいど!


ついこないだ、南隣の住宅予定地で、一軒地鎮祭やってはったとおもってたら、


CIMG3186

すぐ基礎が出来て、アレヨアレヨと屋根まで出来上がっていて、
すごいスピードです。




そして、今朝、その隣りの土地でまた地鎮祭がありました。
今日のお方は、偶然ですが、私の知り合いでした。


CIMG3199







うちの周りも賑やかになってきそうです
あと、3軒建つのかな?    



 そうそう、線路挟さみますが、東側のお向かいにも 新しいマンション
 がこの夏に建ちました。

CIMG3193

 





上市区建設ラッシュ?!



  

Posted by m_futonya2828 at 22:45Comments(0)TrackBack(0) 生まれ育った柏原市 | 日々のくらし

2016年10月29日

ウールの原毛。

まいど!

待ちに待ったウール綿の原毛が入荷しました。

僅かではありますが...

これで、お待ち頂いてる敷ふとんが納品できそうです。



IMG_20161029_134242
ウール原毛









IMG_20161029_134443

綿打ち後  
Posted by m_futonya2828 at 13:53Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として 

あなたはどっち?

まいど!

コインランドリー・洗い小屋 おがわ の稼働率が、この一ヶ月程よろしいようです。

本格的に寒くなる前に、大型の冬物グッズ (毛布・こたつふとん・カーペット)を洗っておられます。


数年前までは、冬物のお洗濯と言えば、5月のゴールデンウィーク前後がピーク。

  暖かくなりもう使わないので、「 汚れたものは、きれいにしてから仕舞っておこう。」 て考えるの人。


それに対して、 「使用する直前にきれいに洗えばいい。」 て考える人。


小川ふとん店では、おふとんの打ち直しや羽毛ふとんの仕立て直しなどメンテナンス

のご注文も承っていますが、こちらも、両者おられます。


 けど、最近の傾向として、後者の 「使用する前にきれいしよう!」て、お考えの方が

 増えてるような気がします。


私の個人的な考えは、おふとんのメンテナンスに関しては、秋にする方がいいかな、て思います。

理由は、春にしても、すぐ梅雨(6~7月)を迎えてしまい、また湿気を含んでしまうでしょ。

それが、どうかな、て思ってしまう。


そう言いましても、各ご家庭の事情もありますからね  笑

兎に角、おふとん、毛布は、きれいにてお使い下さい!!

ダニやカビ発生の原因になります。



CIMG3185

  
Posted by m_futonya2828 at 00:44Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として | コインランドリー

2016年10月24日

タラヨウ。

まいど!


昨日、私の姉が柏原の山へ散策に行き、おもしろい葉っぱを

娘達に持って帰って来てくれました。


CIMG3194




20cm位で肉厚、まわりがギザギザしてます


 字が書ける葉っぱなんです!

 日本では寺社に植樹されてることが多いらしく、
 昔、経文を書いたり、火に炙って占いに使ったそうです。

 葉の裏を傷つけることによって、字が書けるので 郵便局の木に定められてるそうです。


  
Posted by m_futonya2828 at 22:01Comments(0)TrackBack(0) 生まれ育った柏原市 

2016年10月20日

羽根が出る?!

まいど!

先日の話です。
全く同じ中身の羽毛ふとんが3枚持ち込まれました。

当店で購入されたものではなかったのですが、
羽毛診断してみると、すごくいい羽毛ふとんでした。
とても軽いし、生地の肌さわりもグッド。

一枚、20万円位はしただろうな、と思われました。

使用期間はまだ4年ほど。


お客様のご依頼は、

「カバーを付け替える時、羽根が出るんです。気持ち悪いから、仕立て直してほしい。」という内容。


私も試しにふとんを振り回してみましたが、出ると言えば出ますが、

これを気にするかどうかは、個人差があるかなぁ、と思いました。

私なら、問題なし。


この羽毛ふとんの側生地は、綿100%で 平織り。 しかも超極細の糸で形成されています。

多少の吹き出しはあるかもしれません。

でも、アノ軽さ 温もりがあるのは、この生地に寄るものなんですが。

販売業者が、きちんと説明しなかったんでしょうかね...

もったいない。



日本人は、羽毛の吹き出しにはとても厳しいと言われています。

欧米では、結構ザックリしてるらしいです。「羽根が入ってるんだから、出てくるのは多少仕方がない。」


Made In Japan のものづくりの難しいところです。


作り直す生地は、サテン織りで、極細糸を使用したものにするつもりです。

若干重くなりますが、仕方ありません。

IMG_20161020_182802



  
Posted by m_futonya2828 at 19:12Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として 

2016年10月19日

誉めて頂ける品。

まいど!

近頃、寒くなったり、暑かったりと、ややこしい天気ですね。

今が、一番寝るとき難しいシーズンではないでしょうか...

夜中に、一枚掛けたり、外したり。


そんな時、重宝するのが、薄くて軽くて扱いやすいモノ。


当店の商品では、ウールケット(インナーケット)になります。

身体に一番近いところで掛けて頂きます。

表生地が、コットンスムースで何とも言えない肌さわりで、

ギューッとしたくなるんやんか!! て 言われています。


中綿にはウール100%。


通気性. 保温性からして、今の季節にはもってこいです。

一度、ギューギューしに来てください。


IMG_20161019_122204IMG_20161019_122222
  
Posted by m_futonya2828 at 12:46Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として 

2016年10月15日

新しいWooL綿。

まいど!

寒い冬がそろそろやってきます。

ギリギリ何とか間に合ったか...


なかなか手に入り難くかったフランスウール綿が届きましたけど...

今までとは勝手が違う綿のサイズ.肉厚. カタチ。

寝心地のいいふとんに仕立てれれるか、ふとん職人の頭を悩ませるところであります。

上手く出来れば、これからの冬にもってこいの、暖かく、軽い敷ふとんができるんですけどね。




IMG_20161014_144725




IMG_20161014_144704
  
Posted by m_futonya2828 at 10:31Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として 

2016年10月09日

お礼の手紙集

まいど!


先日、地元 柏原東小学校2年生が街探検の授業で、当店を訪ねて来てくれました。

自分達で質問を考えてきて、それに私が答える形式で始まります。


 1  ふとん屋をしていて一番うれしかった事は何ですか?

 2 一日何人位お客さんが来ますか?

 3  一番高いおふとんはどれですか、またいくらですか?

 4 いつからふとん屋をしてるんですか?

 5  ふとん屋をしていて一番苦労することは何ですか?


   などなど、答えに困る質問もありましたけど、楽しい一時でした。


その時のお礼のお手紙を学校から頂きました。
みんな上手に絵入りで描いてくれています。
みんなありがとう!!

CIMG3180CIMG3181






 


  
Posted by m_futonya2828 at 22:31Comments(0)TrackBack(0) ふとん屋として | 生まれ育った柏原市

2016年10月04日

次女の遠足

まいど!

先日、土曜参観が終わったと思ったら、今日は秋の遠足。

運動会は、春になりましたが、行事が多い今日この頃。


付き添いで行って参りました。

お天気も何とかいけました。

行き先は、奈良県の竹取公園まで。

竹取物語のモデルになった公園と聞きました。

柏原から車で約40分。


あの界隈には、たくさん公園がありますねぇ。

柏原にもほしい!  
Posted by m_futonya2828 at 18:43Comments(0)TrackBack(0) うちのこども達 

生まれて2度目。

まいど!


昨日、夏休み以来2回目の生駒山上遊園地にこどもを連れて行きました。


遊園地系に元来、免疫のないうちの子たち。


前回、初めて行った時も、かなり興奮しておりました。


今回は、前回。時間の都合で乗れなかったものを乗ろう! と決めていました。


その中でも、一番盛り上がったのが、「急流すべり・ゴールドラッシュ?」


次女にいたっては、

「心臓止まるかなぁ、て思った!!」 

「息でけへんようになるしー」

「もう、こんな恐い乗り物には乗らへんからな!」

 て、怒りながら、喜んでました  笑


  この程度の遊園地でここまで満足してくれるなんて かわいいヤツら。

  もっとすごいところ行ったらどうなるんでしょうね。

  3年前、USJに行った時、「ジョーズ」で、半狂乱になってたもんね。

   USJは、まだまだ早いか?


  



  
Posted by m_futonya2828 at 00:39Comments(0)TrackBack(0)