2015年10月22日

うちの猫

まいど!


ここ数日、元気がなく食欲もないので、心配した奥さんが

獣医さんに連れて行ったら、いきなり手術されて帰ってきました。

で、今こんなん付けてます。

IMG_20151022_080349

歩き難そうです 笑

家中であたりまくってます。


  

Posted by m_futonya2828 at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月02日

私の好物

先日テレビで、ふんころがしの驚くべき能力についてやっていました。

ふんころがし・・・
こどもの頃、『すっごいな~』と感心した生き物のひとつ。
ただえさえ、ずっと逆立ちでいられるすごいヤツなのに、
実は天の川を頼りに、巣まで辿り着いていることがわかったらしいのです。

地図の読めない女とはよく言ったもので、私はクルリと回ると東西南北がわからなくなります。
地図を読むときは、曲がった方向に地図も回します。
てことは、ふんころがし以下・・・。

私はネコが大好きです。
半年前くらい前にもNHKで素晴らしい能力について特集が組まれていたので、がっつり見ました。

嗅覚・聴覚が優れているのは当たり前。
ネコは前足をついた同じポイントに必ず後足をつくらしいです。
なので、後足でものを落っことしてしまうなんてことは無い。ありえない。
すごい~!!
ネコは日向ぼっこが大好き。
でもあれは温かくてきもちいいから、というだけではない。
日光を浴びることで、ネコの毛にビタミンが生成される。
それを毛づくろいすることで、体内に摂取している。
すごい~!!!

こういう事実を知るにつれ、動物ってすごいな~かなわんな~と思います。
人間は脳みそで足りない部分を補っているんだろうけど、
もっと動物の感覚を取り戻さないといけないと思います。

まあ、私が一緒暮らした・暮らしている猫たちは完全に家ネコで、
今家にいるイリちゃんに至っては、獣医さんに行った翌日、後足ビッコひいてましたから。
診察台で暴れすぎて筋肉痛になったと思われます。
狭いところを通る時ヨロヨロしてるし、一日数回のダッシュではよく角を曲がりきれずにすべってるし、
どんくさいことこの上ない。

でも結婚前までネコが大嫌いだったうちの旦那さんは、『ちゃんとトイレでうんちおしっこするんやな~』
『ネコによって顔違うし、賢いヤツあほなヤツおるんやな~』って、感心してます。

そんなどころではありませんよ、ネコの魅力は。
ってなこと言うてますけど、イヌもかなり好きです(笑)
私の願いは、保健所に保護されてしまうイヌ・ネコがゼロになることです。

  
Posted by m_futonya2828 at 18:24Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月12日

ネコかわいがり

次女はすぐに鼻水が出ます。
進むと咳が出始め、すぐに胸がゼロゼロいいだします。
今秋、かかりつけの小児科の先生に薦められ、
ネプライザーを買い、
自宅で吸入をするようになりました。
予防として使うこともできるので、薬を飲む手前で済む時も増え、助かっています。

吸入口は毎回使った後に洗います。
いくつかのパーツに分かれるので、流さないように気をつけていたつもりが、
やっぱり流してしまった・・・。
ゴミに出してしまった後だったので、そのパーツだけ購入しようとホームページを見ていたら、
レビューが気になって読んでいたら、こんな書き出しを発見。


『うちのネコに使ってます』


うちにもネコがいますが、ネコに使う発想はなかった・・・。
その方は、確かネコちゃんの鼻水だかくしゃみだかが止まらないので購入しました、
と書いてはりました。
大人しく座って吸入しやるんかな・・・という私の疑問にもちゃんと答えてくれたはりました。

衣装ケースをネプライザーの蒸気でいっぱいにし、そこにネコを入れてしばらく置くそうです。
考えたな~と思いつつ、想像してククク・・・と笑ってしまいました。
ネコちゃんはきっと、全身玉っこのような水滴まみれになって飛び出してくるんやろうな・・・・
で、そこからしばらく毛づくろいタイムやな・・・。
想像はふくらむばかり。
2回目挑むの大変ちがうかな、きっと逃げ回るで・・・とか(笑)

いやはや、楽しませてもらいましたが、この方の愛情はすごいものだと思います。


長女が毎日宿題で音読している、“エルフ”という犬の話。
家族皆エルフが大好きなんだけど、あえて口に出すこともしないし、言わなくてもわかってると思ってる。
でもエルフが年をとって寝ていることが多くなってから、その少年は『大好きだよ』と伝えるようになった。
だからエルフが朝死んでしまった時、家族はもっと好きっていってやればよかったと後悔したけど、
その少年は悲しいけど後悔はなく、ずっとずっと大好きだよとお別れができた・・・というお話。

うちのネコちゃんももう12歳。
大きい病気もしているし、心の準備はしておかないといけないのかもしれない。
それは死が近づいてくるという準備じゃなくて、いっぱいいっぱいスキンシップをとるという日常の心掛け。
膝に乗ってきても、すぐ『ちょっとごめんよ』と下ろされてショボンとしてる、あの小さい背中を思い出すと、
目が熱くなってきます。
幸い、娘ふたりとも動物好きでいたわってやれる子に育っているので、家族皆で撫でて抱っこして、
むこうが逃げ出すくらいかまってやります(笑)




  
Posted by m_futonya2828 at 16:47Comments(0)TrackBack(0)

2012年08月10日

岩合光昭氏

8月6日から三夜連続、NHK-BS3で、魅惑の番組がありました。
“岩合光昭の世界ネコ歩き”
猫好きの方にはタマラン番組でしたね。
映る街並みが美しすぎて、それも楽しい。
新婚旅行で行った、南イタリアの町の喧騒が甦ってきました。

にしても、岩合さんと猫たちの間には、何が流れてるんやろうと、
そう思わずにいられない映像が山盛りでした。

出てきたのは、いわゆる外飼いされている猫たち。
うちのイリちゃんみたいに、外へ一歩も出ないで過ごしている猫とは違います。
多少のビビりながら生きてるんじゃないかと思ってしまうのは、
日本の野良ちゃんを思い浮かべてしまうからなんでしょうか。

日本では野良猫は敬遠されているので、見かけるとつい声はかけるものの
不憫な気持ちになってしまい、ウチで見てやれないんやから情はかけるまいと、
心を鬼にして去るようにしています。

岩合さんの番組で見た猫たちは、そんな私のちっぽけな心とは遠く離れた次元で
生きている、そんな印象を受けました。
海辺のあの街では、猫可愛がりもしないけど、嫌われてもいなくて、
なんだかいいなあ。
きっと岩合さんが猫と向き合う時の心が、透明でキレイだから、
猫たちもあの姿をみせてくれるんでしょうね。

スタジオパークに出演なさった時、猫が好きで好きでたまらない、
それは家にいる時の顔と、一歩外へ出た時の顔、それが全く違って、
それこそが猫の魅力、という話をしてはりました。
だとしたら、うちのイリは外へ出していないので、半分個性を消してしまっているのかな・・・
と思いました。

けど、仕方ないかな。
実家に来たとき、免疫不全の病気があって大変だったし、
獣医さんにもエイズから守るためにも家から出さないように言われたし。
あの頃を思うと、目付きがすごく柔らかくなって、とってもかわいくなりました。

ふっと見ると、いつの間にか私の傍にいて体を少しくっつけてます。
たまらんです。かわいくて。夏は暑いし、毛だらけになるけど(笑)
長生きしてね、いりちゃん。





  
Posted by m_futonya2828 at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月28日

うちの猫 ~毛刈り編~

抜け毛が気になる季節になりました。
こっちを見るとフワ~あっちを見てもフワ~
うちの猫イリちゃんの毛が、家中あちこちでさまよっています。

ただえさえよく吐く子なのに、この季節はさらにその回数が増えます。
毛づくろいをして飲み込んでしまった毛を、ごはんと一緒に吐いてしますんですね。
草を食べさせてやりたいけれど、昔患った猛烈な口内炎で歯を抜いてしまっているので、
それもできないのです。


なので、唯一してやれる事が“毛刈り”。
刈るのではなくブラシで毛を梳くだけなんですけど、我が家ではそう呼んでます。
背中を中心に、脇腹・しっぽの根元・首周りにブラシをかけると、
おもしろい様に毛が引っかかってきて、
NEC_1658
こんなに取れました!
猫アレルギーの人が見たら卒倒しそう(笑)
NEC_1657
一回頭に戻してやりました。
嫌がるけど、週一回くらいはしないとね・・・。
  
Posted by m_futonya2828 at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月25日

夏の実りとうちの猫

先日、親戚のおじさんから、頂きました。
家庭菜園で作ってはる夏野菜。
なすにプチトマト、ピーマンにオクラ。

P1000485


美しい!!
つやつやでとげとげが痛い。
あんまり綺麗なので写真に収めていたら、
いりちゃんがやってきました。
オクラがいたく気に入ったようで、スリスリスリスリ。
そのうちすってんばってん暴れだしたので、
やめてんかと取り上げました。
拗ねた様な顔してましたけど、またお昼寝をはじめました。

いりももう推定12才。
いいおばあちゃん。一日のほとんどを寝て過ごしています。

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

柏原・藤井寺・八尾・羽曳野地区のみなさんに睡眠指導をしているふとん屋

 

  上級睡眠健康指導士 ・ 寝具一級技能士のいる店 

  

小川ふとん店

大阪府柏原市清州1122

       0729732828

        am930pm700

        定休日  日曜日

打ち直し・ オーダーメイド枕 ・自家製ふとん・ 手作りベビーふとん・ 貸ふとん              

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 



  
Posted by m_futonya2828 at 23:05Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月18日

オレの香り

まいど!

うちの猫のイリ、ですが、私が好きなのか、私のニオイが好きなのか
ただ臭いものが好きなのか解りませんが、
わたしの使用済みの靴下や、
こないだの祭で履いた地下足袋に顔をすりすりします。

昨日の明け方、何となく頭が重たく感じられて、目が覚めてしまい、
何気なく頭に手をやると、毛がサワサワ・・・
イリが私のまくらの端に座ってるではありませんか!
どおりで暑いし、寝返り打ちにくいし、首筋がダルく感じたわけです。

NEC_1629

ただ、私のまくらには「麻のまくらカバー」を付けているので
ひんやりします。そのひんやり感が好きで乗ってくるのかもしれませんね。


 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

柏原・藤井寺・八尾・羽曳野地区のみなさんに睡眠指導をしているふとん屋

 

  上級睡眠健康指導士 ・ 寝具一級技能士のいる店 

  

小川ふとん店

大阪府柏原市清州1122

       0729732828

        am930pm700

        定休日  日曜日

打ち直し・ オーダーメイド枕 ・自家製ふとん・ 手作りベビーふとん・ 貸ふとん              

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



  
Posted by m_futonya2828 at 22:59Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月08日

僕と猫だけ。

まいど!

連休で、嫁と子供達は、嫁の実家に帰りました。

家の中は、静か静か。

気持ち悪いくらい。

猫のイリは、機嫌が悪いのか、淋しいのか食欲なし。

吐かへんか心配・・・。

201008042309000



明日は、成人の日ですね。

なんで15日ちゃうんかなぁ、昔の日に戻してほしいなぁ。

体育の日は10月10日、これがええと思うんやけどなぁ。

もう変更無理ですか!

  
Posted by m_futonya2828 at 23:49Comments(0)TrackBack(0)

2011年07月24日

毛玉

久しぶりにうちの猫“イリ”の話題を。

毛の生えている動物は、この時期抜け毛がすごいですね。
人間以外ですけど(笑)
掃除をしてもしても毛がふわふわと舞います。

なので、うちでは抜いてやります。
人間用の目の荒いコームで、優しく時には厳しくといてやりますと、
無茶苦茶抜けます。
CIMG0700
自分から出た毛、不思議そうに・・・遊んでいたら・・・
CIMG0702
へんな顔になりました。


  
Posted by m_futonya2828 at 23:16Comments(0)TrackBack(0)

2011年01月26日

イリの膀胱炎

我が家の推定年齢10歳の猫・イリ。
実家にいた頃、ベランダにいついたので飼うことになった、元ノラちゃんです。
小さい頃は免疫不全があり、病院ばかりいっていましたが、
抜歯の手術&インターフェロン治療をしたおかげで、最近は病知らず
でした。


それが・・・。
昨年末、子どもたちが中耳炎やらRSウイルスに感染して病院に
行きまくっていた時のこと。

いりが、トイレを行ったり来たり。入っては出、入っては出を繰り返しています。
その割りに、トイレ掃除をしてもおしっこの砂はほんのちょびっと。
“おかしいな・・・”と調べてみると、どうやら膀胱炎か!?


急いで病院へ。
おしっこが採れず、検査ができなかったものの、問診で膀胱炎と判断され、
点滴を受け、飲み薬をもらって帰ってきました。
幸い大事には至らず、今では投薬なしでもちゃんとおしっこが出ています。よかった~。


ところで。膀胱炎は精神的ストレスが原因になることが多いとか。
12月下旬、私たちが家をあけた時があり、ごはんとトイレの世話は
1日1回してもらえたものの、寂しかったようです。

その時は、“こどもだけでも十分ややこしいのに、いりまで病院&薬なんて・・・
薬間違えそうやわ”とぼやいていましたが、思えば相当寂しい思いしたんでしょうね。
そんなに神経の細やかな猫ではないので(笑)。

とこの反省もむなしく、この直後家族全員ノロウイルスにやられるので、
イリはまたもやホッタラカシの運命。ごはんをやり、トイレを掃除するのが
精一杯でした。

私にとってはいるのが当たり前の存在だけれど、人間でいうと60歳、
ちょうど私の母くらいの年齢です。
どうか元気で長生きしてね、と思わずにはいられません。
CIMG0350
  
Posted by m_futonya2828 at 00:25Comments(0)TrackBack(0)