音楽な日常

音楽に携わり20年。毎日の仕事、生活の中での音楽な日常

書き初め

image



書き初めしてみた。
小学校の頃、自宅隣にあった
「お習字教室」に、半ば近所付き合いの
流れで習わされていた(笑)。
むろん遊びたい俺は非常に苦痛だった。
隣なもんだからサボれば、すぐバレる。

そんな頃を思い出して、
数十年ぶりに書いてみた。

うまくは書けない。
でも、ちょっと達成感。


昨年は生まれて初めての手術。
好きな本をもっと読みたいのと、
仕事で写真や映像の撮影や、編集などに
どうしてもピンボケになる不都合に
とうとう老眼鏡も作った。

今年はもっと明るい光が
ありますように!

中央、総武線

今日はいい天気だ。
仕事で国分寺と阿佐ヶ谷に行った。
西荻窪に住んでいたせいか、
中央線、総武線の駅が好き。
懐かしさもあるんだけど。

image


オシャレさよりも、
機能性重視みたいな(笑)。

この靴もまた、オシャレさより
丈夫さ、機能性が重視(笑)。
重いし、硬いし。
でも、その不器用な感じが好き。

image

EL

車は型が変わると、どんどん軽量化したり、
丸くなったりする。機能も性能も上がってるのだろうが、
どうもなじめん。
車はデカくて不器用な感じが好き。

今乗ってるのは、俺にしては機能的過ぎるのだが、
ELもこの後期型を最後に、現在は小さくなってしまった。

本当は以前乗っていたアストロにしたかったのだが、
程度のいいものは現在見たことがない。
なので、それを模倣したような(笑)、ELにしたのが、4年前。
不便なく乗ってはいるが、アストロ並にガソリンを食う。
国産なのに、なんだかムカツク。


625494_507693369314231_1406171051_n

珍客

image


先日、茨城県石岡市でのイベント。
控え室が会場から2キロほど離れたところで、
出番前駐車中に、フロントガラスに来た
珍客。

2キロほどの会場までの移動。
ずっとフロントガラスに張り付いて
踏ん張ってた(笑)。

この手の虫は、もう触れません、俺。

ステーキ

image



お気に入りのステーキ屋。
ステーキソースは出さない。
醤油とニンニクだけ。

それがいい。

image


虹。

テストUP。

ラジオ収録

image


横浜。

2013年入院・・・そして手術

2月からツアーを回り始めた。3月まで12本。
昨年末に10本まわり、その延長上にあるツアー。

2月に入った頃から、珍しく胃の痛みがあった。
嫌いな食べ物なし、一時腰を悪くしたけど、食事でのトラブルは
ない。でも胃が痛い・・・。

3月に入りツアーも中盤。
その頃から胃の痛みが激しくなった。いや、胃だと思っていた。
3月16日石川県金沢公演を終え、軽い打ち上げの後ホテルの部屋に戻る。
胃が痛い・・・痛さで寝れない・・・呼吸も苦しい・・・
自身で救急車を呼ぼうかと思い、ホテルのネマキから私服に着替え
呼ぶか・・・呼ぶまいか・・・悩む。着替えては、また着替え・・・
そんなことを繰り返し、のたうちまわるような痛みが3時間ほど続き・・・
痛みが薄れ眠りにつく。睡眠2時間・・・。

その後も日に日に胃の痛みは増し、医者に行き胃カメラを飲むことにした。
4/12。鼻から入れる胃カメラは辛かった。そんな太さを鼻から??(笑)
奥まで奥まで入れられ、苦しくても、あの痛みの原因がわかるなら・・・と。
診断は胃が炎症を起こし、逆流性食道炎まで併発。
それに伴う薬ももらい・・・ホッと一息。

翌日4/13に北陸へ出張。初日は福井、翌日は富山。
初日の福井でイベント前に胃が痛み出す。
薬飲んだのに・・・。
激しい痛みは発作のほようにのたうち回らざる得ない。
車の中で一人痛みに苦しんだ。
イベントは終わり、STAFFとアーティストが俺のあまりの
痛がりように救急に運んでくれた。福井の病院。
そこで造影剤も入れ、死の覚悟サインもして、検査を行う。
結果、原因は・・・・わからず・・・。
ただ、胆のうに石があると・・・。それが原因ではないかと・・・。

東京に戻り、福井のお医者さんのすすめにより、診察を受けなければならなかったが、
忙しく行かず、油分をとらない食事で1週間何事もなく過ごしたつもりだったが・・・。
4/20土曜日の夜、また発作が起きた・・・。家で苦しんだが、救急で運んでもらい
検査の結果、家には帰れず入院となった。
そこから絶食と、点滴と、検査の毎日になった・・・。

記録として残そうともっと細かく書こうかと思ったが・・・文がへたやね〜。
入院からはまた、いつか書こうと思う。

死の痛み

20110322-00000539-san-000-2-view



ずっと胸に温度のない鉛が、
メリメリとゆっくり
入り込んでくる。取ろうと
しても取り出せない、
重く、堅く、でも存在し
てない。

2011.3.5
71歳の親父が、闘病の中、
亡くなった。
昨年5月から胃癌での闘病。
生きたいと強く思う
親父に、出来るだけのことを・・・
と思ったものの
何も出来てなかったのかも
しれない。

俺が18歳の時に母さんが亡くなり、その長くはない
母さんとの時間を、その時色濃く思い出していた。
それは親父もまた同じものだった。

2011.3.11
東北地方太平洋沖地震
今日現在で死者9000人を越えると発表されていた。

やっと言葉にすることが出来た。
ニュースに掲載された、この1枚の写真を見たからだ。
でも、まだこの鉛のような、重く、堅いものは
ずっと居座り続け、存在しないのだろう。

「記憶の森のジブリ」

明日リリースします。
2曲ほどYouTubeにアップしました。
是非聴いて見て下さい。気に入った方は
是非買って聴いて下さい。








QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ