2017年7月13日(木)

🎵『道重さゆみファンクラブイベント カワイイ バースデーパーティー』1回目の感想 at 山野ホール と、事務所に一言物申すなら…… 

KIMG1343



♦座席15列上手側

🎶先ず一言。道重さんはつんく♂さん中澤さん安倍さん同様、ファンに対しては真っ直ぐ見据え、そしてファンの痛いところ痒いところを良く理解しているのが分かるバースデーイベントでした。では、それらが分かるエピソードを少々加えた形の感想を簡単に。詳しくはどこかに落ちているでしょうからそちらをご参考に。

5分遅れの17時50分開演、19時08分終了。

それにしてもグッズ列の凄いこと凄いこと━━━

そして不備受付の列も凄いこと凄いこと…………




KIMG1345

コーナーの1つに画像で分かる様にブロック別に別れ、各ブロックから選抜3名の代表者によるクイズ対抗戦があり、勝者ブロックにはシールのプレゼント。
勝者ブロック発表後は当然ながらシールを貰えない人はガッカリ……

そんな中にて勝者ブロック発表直後に道重さん、スタッフにどうしても作って欲しいとお願いしたティッシュを全員にプレゼントとしますと発表。さすがに師匠です(笑)。つんく♂さんの教えがしっかりと息づいていますね。



セットリスト
1、ラララのピピピ
2、渡良瀬橋
3、ドッキドキ!LOVEメール
4、いつもとおんなじ制服で
5、HAPPY大作戦

『ふんわり恋人一年生』は好きな歌で、どうしても歌いたいとのことでした。

『渡良瀬橋』は音程面はかなり綱渡り的な歌唱でした(笑)。が、やはり道重さんの歌を聴けば「やっぱり歌はリズムが大切だよな!」と常々思います。 

それにしても大きな声で歌える様になっています。そして以前は音程を修正したり上手に誤魔化したりに使用していた語尾の「シャクリ」も、現在は誤魔化し効果+ロカビリーの「ヒーカップ歌唱法」と同様な効果をもたらしています。



ここで以前、質問コメントの返答に書いたコレを再び。

“答えはカテゴリーの『歌唱技術とは…』にさんざん色々と書いて来ましたが、軽く再び書くとします。

技術面に関していえば完全に持って生まれた才能次第だと思います。

ただ、総量100の才能があり表面的には10しか表れていない人と、総量50で表面的に40の人なら、現時点では後者の人が技術的には上手に歌えます。

総量100の人が努力をしたならば才能を必ずしも発掘できるのかといえば、そうともいえない。でも努力をしなければ発掘することができないのも事実。仮に努力をしても様々な絡み合いから20しか発掘できない場合もあれば、90発掘できる場合もあります。才能を開花させるまで時間がかかる人もあれば短期間で開花させる人もいる。

ただし、生まれ持って表面に見える才能が多い人、スタート時点で持ち点が高い人が圧倒的に有利なのは事実です。

そして自分的には…、歌に関していえば技術面は単に歌を上手に唄う為の道具であって、人の心の琴線に触れて「上手い!」「鳥肌が…」といった感情を揺さぶるのは歌唱技術ではなく、歌い手の心の中に存在する『技術を凌駕するモノ』だと思います。

確かに技術は有るにこしたことはありませんが、ハロプロの場合は技術面で『歌を上手に唄える』ことより、『琴線』に触れる歌を唄えるかに重きを置いていると思います。

ですからその可能性が高いだろうと思える子を採用する傾向が強い。その最たる一人が道重さゆみ。

ハロプロの中で、コンサート会場で今まで一番自分の琴線に触れた歌を唄ったのは道重さゆみ。モーニング娘。『シングル大全集!!』で道重さんが唄った「ふるさと」はホントに凄かったです!


歌を「上手に唄える人」はたくさんいます。しかし人の心の琴線に触れる歌を唄える人は極僅か。

歌い手なら誰しも「歌を上手に唄える」より、「上手い」と言われる歌を唄えることを目標に置いて欲しいと勝手に思っています(笑)。”



では再び感想へ。

お見送りは後方の「ん」ブロックから始まり、次は前列からということで、自分は一番最後の方に。

山野ホールでのお見送り会は毎回上手側後方のドアから出て直ぐに右折し、少し歩いて再び右に曲がると直ぐに右側にメンバーが居るといった仕様です。

ホールのドア出て少し歩くと道重さんの声がはっきり聞こえて来ました。「ありがとー!」「ありがとね!」がはっきり聞こえていました。何かしら声を掛けてくれたファンには「ありがとね!」が仕様だと思いました。

自分に対しても手を振りながら目を見ながら「ありがとね!」。

恐らく最後の一人まで手を抜かずにお見送りをしたのでしょうね。さすがにつんく♂チルドレンです(笑)。

この様にファンに対する姿勢は大切だと思います。

そして2009/10/31 に行われた、よみうりランド『モーニング娘。全シングル カップリングコレクション』発売記念イベント感想にて書いた、スルーするファンに対しても頭を下げていた姿をふと思い出しました。



ティッシュですが、ティッシュには然り気無く「1回目」と入っています。憎らしいくらい配慮に満ちたティッシュです。

KIMG1350





ここで事務所に一言物申すとしたら、FC会員と非FC会員との待遇の差を再び広げるべきだと言いたいです。

ワークスがCD販促に対して枚数を稼ぐ為に都内にて握手の価値観を下げて握手の安売りを開始。開始と同時に逆にFC会員に対しては扱いがぞんざいに。FCイベントでは握手会もなくなり、後にお見送り会が行われる様にはなりましたが………、FCイベントに参加できるのはのは極わずかの会員だけです。

以前はそんなFCイベントに参加できる機会がない地方のファンも配慮して、FC会員限定発売のメンバーのソロCDや、以前書いたコレ
“モーニング娘。~ベスト ショット~

そろそろvol.5を発売して欲しいなと!

このDVDのコンセプトは「ファンに人気のあの名曲をモーニング娘。内 新編成によってセルフカバー! 今回新たなオリジナル映像にのせてお届けする まさにベストショットな作品集」ってことでvol.1が発売されたのが '04の2月、そしてvol.4が同年12月。

いろいろなメンバーの組み合わせでセルフカバーをしているDVD。


現メン推しならソロで歌っているvol.3 vol.4かな。

vol.3ではさゆの「せんこう花火」、高橋さんの「ふるさと」。vol.4ではれいなの「Memory 青春の光」、ガキさんの「ふるさと」は必見。

とはいえ、FC限定発売でしたので現物に出会うにはかなり困難かな。

ですからvol.5を発売して欲しい。発売を記念して過去の作品も復刻って感じでお願いしたい!

見たことない人、見てみたいでしょ!

その為にもリクエストの声を!”

地方のFC会員の為にもFC会員でないと入手できないこの手のグッズを再び再開して欲しいと思う次第です。




最後に1つ2つ。
道重さんにとっては本日1回目のイベントが人生初のバースデーイベントとなった訳ですが、次の展開のビジョンを早く知りたいものです。

現役時代は「信念だけは貫き通せ」の歌詞の通りに自身の信念を最後まで貫いた
道重さん。安倍さん同様に信念を貫いた故に、有料イベントでの集客力は現役活動中のOGの中では群を抜いてトップです。

信念を貫き通せという意味でも、佐藤優樹さん小田さくらさんには今の道重さんの歌を参考にして欲しいです。二人に足りないモノがたくさん詰まっていますから!



睡魔が襲ってきましたので…… 以上、簡単な感想した。