マイルの神様。

競馬がとにかく好きです。 予想、観戦記、その他いろいろ載せています(^^)未勝利戦が大好きです!

CIMG6481

おはようございます。
ついに(((*゚Д゚)ノ゙G1開幕!!!ヾ(゚Д゚*)))

本日は、G1フェブラリーSとG3小倉大賞典の予想を掲載します。


その前に重賞級にメンバー豪華なヒヤシンスSもだいぶ楽しみ。
エピカリスの前走のあの日はちょうど直前に川崎9Rの若駒OPを見ていて、
サイバーエレキングの快勝に興奮した矢先の北海道2歳優駿の衝撃でした。
本当に馬ですか?(≡ω≡.)
1倍台、内枠、頭数増、相手強化でも逆らいづらそう。
今回は前に強力メンバーが揃っているし、コーカスやブルベアバブーンの差し込みも期待です。
馬券は軽めに観戦を楽しみたいと思います



□フェブラリーステークス 東京ダート1600m□

◎ コパノリッキー
〇 アスカノロマン
▲ エイシンバッケン
☆ ゴールドドリーム
△ モーニン
△ ノンコノユメ
△ ケイティブレイブ
△ ベストウォーリア

週中まで本命予定だったゴールドドリームさん、
まさかの奇数内枠、おまけに2番人気。辛すぎて変更。

その隣に入ってしまったコパノリッキーもまた下げようか迷ったのですが、
今回のメンバーで積極的に位置を取り合いそうな馬はケイティブレイブぐらいで、
そのケイティは8枠。外から押して来てもテンが速いわけではないので、
リッキーはこの枠でもよほど出遅れなければ位置取りはカバーできそう。
怖いのはすぐ横にいるアスカノロマンとモーニンの同じく揉まれたくない組に
フタをされないことを願うばかり・・(・ω・;)

前走は戸崎騎手でハナに行くも、スローに落として全く良さ出せず。
弱点を突かれてきたこの3走は人気を裏切る結果になってしまいましたが、
今回は何より武豊騎手とコンビ復活というのがすべて。
武豊騎手とのコンビ成績は5.0.1.3ですが、馬券外の3走はすべて敗因がハッキリしているもの。
今年と同枠の2年前のフェブラリーSも豊さんの絶妙な好騎乗で人気に応えました。
メンバー的に惨敗した昨年ほど序盤から前が激化しそうにはないので、
すんなり隊列が決まって完璧に運んでくれそう。

正直リッキー自体は良い頃の状態にあるとは言えないし、
豊さんでなければ本命にしなかったかもしれません。
このタイミング、このコンビでこそ巻き返しを期待したいです。
最初のコーナーぐらいで運命が決まりそうなので腹を括ってお待ちしてます!

本命選びで迷ったのはアスカノロマン
前走は最内で全く自分の競馬ができなかった状態で勝馬とは0.4秒差。
2走前のチャンピオンズCの内容はかなりのもので、
内枠だけがちょっと残念ですが今回は状態も万全で好走できそう。

主導権が取れれば簡単に後ろに差させるようなペースを
リッキー&豊さんが刻むはずもなく、
芝スタートで出脚がほぼ確実に鈍るカフジテイクとサウンドトゥルーは
今回は切りました。来てしまったら諦めます。

差し勢で期待は▲エイシンバッケン
前走はカフジテイクと同じ位置から、直線は馬群の中に突っ込んで
加速に苦戦しながらも最後は凄い伸びを見せて3着。
芝スタートもファイナルSでクリアしているし、そもそも芝を走っているので
問題なし。枠も絶好枠なので楽しみです。

馬券は3連複フォーメーションをメインに、他はオッズを見て考えます。



□小倉大賞典 小倉芝1800m□

◎ ベルーフ
〇 ダコール
▲ マルターズアポジー
☆ ダノンメジャー
△ レッドソロモン
△ ストロングタイタン
△ クランモンタナ
△ ケイティープライド

気になる馬がほとんど外に行ってしまったので印総替え
こっちは軽めに買う予定です!

本命ベルーフは近走の充実っぷりと、枠と展開から。
小倉の実績は文句なしで、人気ですが軸として。

対抗には、外枠に入ってしまったのは残念ですが
まだまだ見限れないコクラーのダコールさん。
他場で凡走しても平気で盛り返してくる小倉は無条件で押さえたい。
長いキャリアを積んできてここでテン乗りというのがまたアレですが、
ここは馬の貫禄を見せてほしいです。

気になるのはダノンメジャー。今回は先行馬が多く、
近走なんとしてもハナに行かせる競馬をしていますが、
陣営は今回「逃げにはこだわらない」とコメントしており、
さらに追い切りはウッドチップコースでラスト11.4と、終い重点で仕上げています。
今回は絶好枠に入りましたし、
小牧騎手がどんな乗り方をしてくるのかとても楽しみ。

馬券は3連複フォーメーションをメインに!

CIMG5421


おはようございます

本日はG3京都牝馬S、G3ダイヤモンドSの予想を掲載します。


先週の予想は

□共同通信杯□
1着 スワーヴリチャード ・・・ △
2着 エトルディーニュ ・・・ ◎
3着 ムーヴザワールド ・・・ ▲
で的中!

□京都記念□
1着 サトノクラウン ・・・ △
2着 スマートレイアー ・・・ △
3着 マカヒキ ・・・ 〇
(◎ミッキーロケットは4着)
でハズレでした。・゚・(ノД`)

今週で東京・京都が終了して中山阪神!武幸四郎騎手の引退式にとても行きたい。
3月にはまた中京開催が始まるし、新・金鯱賞は登録メンバー豪華で楽しみですね.。゚+.(・∀・)゚+.゚



□京都牝馬ステークス 京都芝1400m□

◎ ナックビーナス
〇 レッツゴードンキ
▲ スナッチマインド
☆ ペイシャフェリス
△ エテルナミノル
△ アットザシーサイド
△ アルビアーノ

大雪が降ったり雨だったりでかなり使い込まれた今開催の京都で、
最終週の今週はなかなかの馬場になっていそう。
そこで、芝もダートもこなすオールマイティプレイヤーで
520キロの大型馬ナックビーナスを本命にしました。
ここ3走は横山典弘騎手とのコンビで好位から器用さも見せています。

休み明けで開催後半の馬場は微妙なアルビアーノ、
必要以上に人気してしまうアットザシーサイドはデムーロさんで更に、
強いけど安定せず信頼しづらいレッツゴードンキという上位人気馬の中では、
ナックビーナスは軸として信用しやすいのではないか…と思いました。

馬券は3連複フォーメーションをメインに。
オッズを見て馬連も少し抑えるかもしれません。




□ダイヤモンドステークス 東京芝3400m□

◎ ジャングルクルーズ
〇 フェイムゲーム
▲ アルバート
△ サムソンズプライド
△ ファタモルガーナ
△ プレストウィック
△ ムスカテール
△ カフジプリンス

本命はジャングルクルーズ。
札幌での2戦は、メンバーも揃った中で決め手をしっかり活かして連続好走。
前走はこの馬には合わない流れになったものの、
それでもなんとか6着をキープしていたのは十分な内容でした。
重賞でなかなか目立った成績を上げられていませんが、
印象に残るのは17番人気で4着に好走したジャパンカップ。
周りの強さなんて関係なくとにかくハマれば突っ込んでくる馬。
今回はサムソンズプライドがハナに行きそうで、
メンバー的にもコース的にも追走厳しいような流れにはならないと思いますし、
この条件替わりに期待大です!四位さんとも良いコンビだし楽しみ。

馬券は3連複フォーメーションで紐は手広く。
何点かワイドも抑える予定です。

CIMG6258

おはようございます。
本日は大井競馬場で行われる金盃の予想を掲載します。


□ 金盃 大井2600m□

昨年の勝ち馬はジャルディーノ
2600mという特殊距離でのリピーターは外せない存在ですが、
今年は昨年より3キロ増の57キロ。
長丁場での斤量は少なからずポイントになるし、
昨年同様のパフォーマンスが出来るのでしょうか。

そんななか同じ荒山厩舎のレイディルアレナ
ちょうど昨年のジャルディーノと同じような成績を辿っていて勢い十分。
54キロでの出走でどちらかといえばこっちのほうに力が入っていそう。
が、昨年のジャルディーノは相手関係も少し手薄な中での3番人気でしたが、
今年はメンバーが割と揃った中で結構人気してしまってるイメージ。(朝の時点で3倍前後)
ベテラン坂井騎手なのでそつなく乗ってくれそうですが、
この人気で未知の重賞初挑戦馬はちょっと怖い気も。

JRAから転厩のオリオンザジャパンは現時点で一番人気。
中央でも十分やれていましたがここへ来ての南関移籍・・・
若手ナンバーワンの笹川騎手を起用して、中央重賞3着馬が56キロと勝機十分。
実績的にはあっさり圧勝もありえますが、
どんな馬でも初地方の相性は走らないと分からないし
人気もかなりするのでここは2列目で様子見したいです。


・・・を踏まえたうえで、予想はこんな感じになりました!


◎ ユーロビート
〇 レイディルアレナ
▲ オリオンザジャパン
☆ タイムビヨンド
△ ジャルディーノ


本命はユーロビート
南関重賞、とくに2400m以上の距離では着を外したことのない得意舞台。
ひときわ目立つ大きな馬体で、前走の小回り名古屋競馬場は厳しかったのではないでしょうか。
昨年からマイナス1キロの57キロで出走できるのも、昨年敗れたジャルディーノと条件逆転。
JBCクラシックでは地方最先着でしたし、東京記念の勝ちっぷりからも
年齢的な不安はまだまだ見られません。
地方未知のオリオンザジャパンが抜けて人気するのであれば、
ユーロビートの安定感を堅軸として買いたいです。

本命まで考えて迷ったのは☆タイムビヨンド
牝馬とはいえ道営記念でオヤコダカを敗った実力馬。
クイーン賞でも中央馬に次いで3着と穴をあけ、
プラス11キロで挑んだ前走で大敗して人気を落としています。
このときは調整失敗により、予定のTCK女王盃を諦めて出走したもので
まったく仕上がっていなかったのは馬体からも明らか。
パドック必見ですが、ここまで人気落ちするなら積極的に買いたいです。
道営時代の五十嵐騎手以上に合うジョッキーはなかなかいないかもしれませんが、
赤岡騎手に乗り替わるのはかなり期待大。

3連複を基本に3連単も少し買いたいです。タイムビヨンド厚め。(*・ω・)ノ

このページのトップヘ