マイルの神様。

◆中央競馬・南関競馬予想ブログ◆

CIMG4313

お疲れさまです。
本日は、アルゼンチン共和国杯、みやこステークスの予想を掲載します。

午後休のはずが長引いてこんな微妙な時間に・・・・
急ぎ目にさくっと更新します。



□みやこステークス 京都ダート1800m□

◎ トップディーヴォ
〇 エピカリス
▲ ローズプリンスダム
☆ リーゼントロック
△ テイエムジンソク
△ タガノヴェリテ
△ サルサディオーネ
△ モルトベーネ

大外テイエムジンソクがどれだけ後ろの脚を使わせる形に持ってくるかどうか。
エピカリス、サルサディオーネ、アスカノロマン、モンドクラッセと
前目に強敵が揃っているので、かなり流れそうな印象です。

厳しい流れで消耗戦は歓迎のトップディーヴォから買いたいと思います。
内枠は心配ですがそこは典さんで。

エピカリスは状態さえ戻っていれば最上位で信頼。
前走ハイペースを完勝したローズプリンスダム、
展開向きそうなリーゼントロックを相手にしました。




□アルゼンチン共和国杯 東京芝2500m□

◎ マイネルサージュ
〇 スワーヴリチャード
▲ ソールインパクト
△ セダブリランテス
△ トウシンモンステラ
△ アルバート
△ ハッピーモーメント
△ トルークマクト

これといった逃げ馬不在のメンバー。
探り探りのスローペースになる想定で決め打ちします。

マイネルサージュの前走は4角で大きな不利。
あれがなければどうこうというわけでもなさそうですが、
勝負どころを遮られほとんど力を出していないのは確か。
本来スローペースからラスト一脚でスッと出しぬけるのが持ち味で、
直近の東京2戦はやや流れてしまいましたが、
条件戦でとはいえスローの東京では崩れを見せていません。
この枠替わりに、先行策を打っていた柴田大知騎手戻り。
逃げる可能性は低そうですが、恐らくどの馬が逃げてもペースは上がらなそう。
内からうまく良いポジションを取ってほしいです。



おはようございます。
本日は、G2京王杯2歳Sの予想を掲載します。


昨日はJBC現地観戦に行ってまいりました
心配された雨も上がり、暑すぎて日焼けするぐらいの快晴( ´_ゝ`)ノ
開門ダッシュは新幹線混雑で遅れをとり全員分取れるか心配していましたが、
南関の開門待ちの皆さまは死闘気味の中央の方々より遥かに優しい・・・笑

IMG_4181

無事に、日差し直撃だけど良い位置を確保できました!

そんなJBCの馬券は悲しい結果に終わってしまいましたが、
レディスクラシックは悲願のララベル勝利。
真島さんの斜行の件はちょっとモヤッとしましたが、
荒山先生の喜びの涙には胸を締め付けられました(´;ω;`)
本当にララベルおめでとう。こんな快挙を生で見られて幸せです。

スプリントは直線リッキーが抜け出して、泰斗さんがついに…!!!!!
と歓喜したところで内から横山典弘さんがどーーん。容赦ない。
最内のままニシケンモノノフを捌いてしまった典さんさすがです・・
馬券はスノードラゴンさんからで当然ハズレ。

クラシックは理想の流れで◎サウンドトゥルー快勝、
〇ケイティブレイブ2、・・・・・が、ミツバは買ってないよ・・・・・・・・・・・・
JBC、3戦とも外して結構ブルー。笑


それでも昨日は平場で新幹線代もまとめて回収できたのが何より!
CIMG0031
マエストロは異様に自信だけはあった分、
こんなに配当ついてて大感激。・゚・(ノД`)
ジュキヤさんのおかげで心に余裕を持って過ごせました!

ブログ外れたくせに最後は自慢!(うざい!)




□京王杯2歳ステークス 東京芝1400m□

◎ ピースユニヴァース
〇 タワーオブロンドン
▲ ニシノウララ
☆ カシアス
△ トーセンアンバー
△ タイセイプライド
△ エントシャイデン

本命はピースユニヴァース
前走3戦目で未勝利抜けしたばかりですが、
最初2戦はあと一歩甘く勝ち切れなかったものの
1400m短縮の前走でその力を発揮、馬群中団で控え
しぶとく長い脚で先に抜けたエスターテとの叩き合いを制しました。
勝ち味に遅かった事よりも、短縮で良さを引き出してきた事が重要。
それだけではなく、この時の勝ち時計1:22.0は、
例年の京王杯2歳Sでも十分に勝ち負けとなる非常に優秀な時計。
再度この1400mで、ロジユニヴァース産駒初の重賞制覇を期待します。

対抗はタワーオブロンドンを信頼。
初戦とクローバー賞は決してこの馬に良い形ではなかったものの、
それでも危なげなく結果を残し、どんな形からでも安定しているのは強み。
簡単には崩れないかなという印象です。

3番手にニシノウララ
デビュー時から評判の高かった一頭で、
初戦は、次走をすぐに快勝したアーモンドアイを引きつけない快勝。
2番手から直線他馬を置き去りにする強い勝ち方でした。
2走目は、逃げて淡々と刻んで勝ったレッドレグナントに一頭
ピッタリ付き合う形で、持ち味が活きず4着に。
それでも良い面が出せなかった中での4着は力の表れで、
東京コース替で再度楽しみです。




CIMG6057

おはようございます。
本日は大井競馬場で行われるJBCレディスクラシック、
JBCスプリント、JBCクラシックの予想を掲載します。
・・・とついでにファンタジーSをさくっと。

天気は晴れ予報に!ありがたい!。・゚・(ノД`)
個人的に思い入れもあるコパノリッキーが初の1200m、
そして鞍上森泰斗さん。
帝王賞の時も想定騎手でしたがあの時はリッキー回避で実現せず、
その後は泰斗さんが怪我で戦線離脱・・・
からの幻のコンビ再結成、たいへん嬉しい限りです。



□JBCレディスクラシック 大井1800m□

◎ ワンミリオンス
〇 ララベル
▲ ホワイトフーガ
☆ アンジュデジール
△ プリンシアコメータ

何が逃げるか難しいところですが、
外の中央馬2頭が強めに出て行って流すのか、
プリンシアコメータ豊さんがぽーんと逃げた場合は
流れが落ち着く可能性も・・・
その変は決め打ちすると怖いので、
どちらに振れても対応可能な◎ワンミリオンスからにしました。

ラスト鋭い脚を持っているので、
流れても4角で息の入る大井は絶好の舞台。
前走は初のナイターに57キロと厳しい条件で、
半年明けで万全ではなさそうですが今回のメンバーなら
力で対応してくれるのでは。
今の馬場なら福永さんも合ってきそう。

対抗ララベルは休み明けの前走の善戦ぶりからJBCを楽しみにしてました。
叩かれて上積み見込め、クイーンマンボ不在の今回なら。

3番手はホワイトフーガ
前走はクイーンマンボに離されてしまいましたが、
前走時は状態が微妙すぎて出走を迷っていたレベルだったとの事で、
そんな不安な状態での2着は十分すぎる内容でした。
立て直されて今回、このメンバーなら勝機十分です。



□JBCスプリント 大井1200m□

◎ スノードラゴン
〇 ニシケンモノノフ
▲ コーリンベリー
☆ コパノリッキー
△ キタサンミカヅキ
△ ノボバカラ
△ ブルドッグボス

スアデラ赤岡さん、ノボバカラ御神本さん、コーリンベリーにアンサンブルライフ、
外にゴーディーとネロ、コパノリッキーがスプリント・・・
普通に想像してもなかなかな序盤になりそうなメンバー。
前走かなり恵まれた印象のキタサンミカヅキには再度好展開ですが、
この内枠はなかなか難しいところですね・・・

ここはスノードラゴンの差し込みに期待。
近走は芝メインですがダート実績も十分で、
北海道スプリントカップで毎年馬券に絡んでいるように
ダートの一線級相手でもしっかりやれています。
更に勝手に前が厳しくなってくれれば今回は願ってもないチャンス。
前走は芝もスプリンターズSで4着に食い込むほど、9歳でもまだまだ元気な様子。
勝つところまではどうかですが、最後突っ込んでくるスノードラゴンに期待したいです。

前走は良くない状況で3着、一番強い競馬をしていたニシケンモノノフが対抗。
最内枠に入ってしまったのは微妙ですが典さんなら連れて来てくれるはず。

3番手はコーリンベリー
前走は長期休み明けな上、前にいた馬には厳しい展開に。
それでも0.5秒差に粘っていたのは力の表れでした。
本来ペースは不問でこなしてきますし、
最後の一脚も使えて大井コースとも好相性。
調教内容も上積み十分なようで、ここは楽しみな一戦です。

コパノリッキーはただただ応援。
速い馬が揃っているので序盤の対応は重要になりそうですが、
初の1200mという新境地で、逆にコパノリッキーの騎乗に対して
先入観のない騎手が乗るのは非常に面白そう。しかも森泰斗さん。
新しいコパノリッキーの形が見られる事を期待します。
そもそも力は上位、この枠も味方に出来れば。



□JBCクラシック 大井2000m□

◎ サウンドトゥルー
〇 ケイティブレイブ
▲ アウォーディー
△ グレンツェント

前走3着に敗れたケイティブレイブが、今回どこまで主導権を握るかは重要になりそうです。
前走は逃げるモーニンのペースに合わせる形でゆったりと待って、
最後はアポロケンタッキー、サウンドトゥルーにキレ負ける形に。
2走前の出遅れからの末脚は確かに強烈でしたが、
最初から溜めてもこのメンバーには勝てないと分かった今回
オールブラッシュのペースにはさせず、強気に仕掛けていくはず。
ペースはケイティブレイブ主導で流れる想定で決め打ちました。

その展開ならアウォーディーが鉄板でしたが、今回は試練の最内枠。
更に前走海外明け&発走前のトラブルを考慮しても、
ちょっとらしくない負け方の印象でした。
元々追い切りはそこまで良くない馬なので判断しづらいですが、
ここは好調で条件も枠も良いサウンドトゥルーを上に取りました。

グレンツェントは今回向くかは微妙ですが、
ルメール騎手とはタイプが合ってなかった印象で、この乗り替わりは非常に楽しみ。



□ファンタジーステークス 京都芝1400m□

◎ モズスーパーフレア
〇 アマルフィコースト
▲ ペイシャルアス
△ スズカフェラリー
△ アルモニカ
△ ベルーガ





このページのトップヘ