マイルの神様。

競馬がとにかく好きです。 予想、観戦記、その他いろいろ載せています(^^)未勝利戦が大好きです!

おはようございます。

本日は、東京新聞杯、きさらぎ賞の予想を掲載します。

両重賞は、メンバー的にも頭数的にもだいぶ堅い雰囲気が漂ってますが、
そういうレースだからこそちょっと楽しんで買いたいと思います!
取り付くところがあるとすれば雨予報ということでしょうか



□東京新聞杯 東京芝1600m□

◎ ロイカバード
〇 エアスピネル
▲ ブラックムーン
△ ヤングマンパワー
△ マイネルアウラート


本命はロイカバードにしました。
デビュー戦でサトノダイヤモンドの2着になって以来、
3歳時はずーっとサトノダイヤモンドのお尻を追いかけて走っていました。
そんな目の上のたんこぶだったはずのサトノダイヤモンドは、
いつのまにかG1を2勝する大物になり、自分は先日やっと準OPを勝ちがったばかりと
果てしなく遠い存在に。

走りや勝ち方に特段特徴があるわけでもなく地味な印象なのですが、
掲示板を外すほどの惨敗時はどちらも敗因がハッキリしていて、
それを含めても大崩れしたことはありません。

そんな一味足りないロイカバードさんに、横山典弘さん。
「テン乗り 横山典弘」というだけで結構なギャンブル感ですが、
人馬ともに何かやってくれそうな雰囲気。

今回はマイネルアウラートが逃げ濃厚、ここ2走を見ても早い仕掛けから
後続を突き離しにかかっていきそうで、
それをさせまいとヤングマンパワーやエアスピネルがアウラート潰しに。
早めに馬群が動いていきそうな中、きっとその流れについていかずに
ジッと溜めているはずのロイカバードの最後の脚が見たいです。
前走は1600万ですが、元町Sからのローテで2年前にヴァンセンヌが制しているので
通用しないレベルでは決してないはず。
松永厩舎も横山典さんも東京マイルは得意舞台。

対抗は信頼でエアスピネル
力は抜けていて最上位ですが、前走はかなり掛かりながらの追走で、
最後はブラックスピネルにタイム差なしまで詰め寄られてしまいました。
長距離からの一気の短縮のせいもあったかもしれないし
多少掛かってもこのメンバーなら崩れなさそうですが、
何かに敗れる可能性も十分にあり、対抗としました。

▲にブラックムーン
ロイカバードのところで書いた展開を期待しているので、
同時にこの馬の差し脚にも期待!
前走はゲートから強気に出てしまいあまり脚を溜められませんでした。
西浦調教師も怒りのコメントを出していますし、
今回はじっくり溜めに溜めてくれそう。
仕掛けが遅れるという欠点も今回は展開が向いて欲しいです。






□きさらぎ賞 京都芝1800m□

◎ エスピリトゥオーゾ
〇 サトノアーサー
▲ ダンビュライト
△ アメリカズカップ
△ スズカメジャー
△ タガノアシュラ

本命はエスピリトゥオーゾ
多少時計がかかっていた京都をまずまずの好時計で快勝した前走。
未勝利抜けにかなりの時間を要してしまったのの、
雨予報でサトノアーサーに不安が漂う中、
経験豊富で馬場が渋っても問題なしのこの馬にはかなりの追い風に思えます。

タガノアシュラとプラチナヴォイスが行くと思いますが、
共にレコード勝ちの実績を持つ馬。
少頭数でこの2頭にラクに行かせるわけにはいかず、
そこまでゆったりとした流れにならないのでは…と思っています。
渋った馬場で消耗戦に持ち込めれば、
この馬の最後まで衰えない脚は武器になりそう。

スローしか経験していないサトノアーサー
雨が降って更に不安はあるものの、
さすがにこのメンバーなら大崩れはなさそうで対抗に。

不良馬場の新馬戦を圧勝したダンビュライトまで重い印としました。





soundtrue

本日は、川崎競馬場で行われる川崎記念の予想を掲載します。

昨日の佐々木竹見カップは繁田さんがまた優勝!おめでとうございます!
7R時ぐらいに考えた予想、
◎山崎誠士
〇山本聡哉
▲繁田健一   (3連単)
でハズレでした(´;ω;`)

川崎の馬場はサラサラの良馬場ですね。
馬が走るたびに真っ白な砂が舞い上がってて力がいる印象です。
そして結構な内枠有利。


□川崎記念 川崎2100m□

◎ サウンドトゥルー
〇 ケイアイレオーネ
▲ ケイティブレイブ
☆ ミツバ

本命は人気でもサウンドトゥルー
このメンバーならば馬場うんぬんよりも力は抜けているサウンドトゥルーは
まず崩れないと見て最上位に。
チャンピオンズCの差し切り勝ちは記憶に新しく、
良馬場で行われた中京1800mで上がり35.8はかなり優秀なもの。
4着(上がり36)のカフジテイクが次走良馬場の東京1400で上がり34.5という
見たことのない上がりを使って差し切ったことも後押し。
現在のビーチみたいな良馬場の川崎。
良馬場巧者の差し馬もよく絡んでおり、この馬の圧勝まで期待したいです。

今回不気味な存在のミツバは重賞においても力は十分。
2走前は日本中を震撼させた大逃げで
競りかける馬もなくアッサリとセーフティリードを守り切ったとはいえ、
2:08:9という、良の東京2100mでは好時計での逃げ切り。
恐らく1番人気のアポロケンタッキー対策だったのかもしれませんが、
実際にアポロケンタッキーはらしさが出せずに8着に敗れました。
後に東京大賞典を勝つ大物に何もさせなかったのはかなりの大仕事。
逆の競馬をしたシリウスSでも、
前が全く止まってくれない中で上位3頭には完敗を喫してしまいましたが、
あの位置から唯一35秒台の脚を使って4着、と非凡なものを見せました。
加用調教師は、「乗り方は鞍上に任せる」と発言していて、
この典さんの出方はレースの鍵を握りそう。
ゲートがそんなに良い馬ではないので逃げはないかと思いますが、
現役末脚トップのサウンドトゥルーとの末脚比べを選ぶとも思えないので、
様子を見て早めに前を潰しに行くのかな…と想像してます。

そして、いつも以上に内が有利になっている今開催のサラサラの川崎。
中央の有力馬がほぼ外枠に入った中で、
力関係では少し劣るものの内枠に入ったケイアイレオーネには
南関ファンとしても期待が高まります!
3年も前の事になりますが、当時後方からの競馬をしていたケイアイレオーネはシリウスSに出走し、
先日のミツバと同じ35秒台の脚を使いました。
シリウスSが2000mになった2007年から見て35秒台の上がりが出た年は3回だけ。
そのうちの1回がこの前のミツバ、もう1回はスローで全体的に上がりが速くなったので
度外視。(ちなみにそれもケイアイレオーネで、その時は34秒台)
あとの1回がその3年前です。しかもこっちは良馬場。
もうあの頃のケイアイレオーネじゃないのでだから何なのって話ですが、
今まで冬場が苦手なイメージが強かったこの馬、
前走同コースの報知オールスターを勝ち切り調子をキープしています。
今年のケイアイレオーネさん、きっと何かが違う。
そしてこの絶好枠。全力で応援したいです(*・ω・)ノ

ケイティブレイブの安定感も抜群。
川崎もおそらく合いそう。それでもやっぱり目標にされる存在ということで、
信頼しながらも勝ち切るまではどうか…という事で▲にしました。

バスタータイプは力もあるしかなり迷ったのですが…
サウンドトゥルーやケイティブレイブが相手だと、
もう少し内目の枠が欲しかった印象です。点数を広げられないので今回は切りました。

ダラダラと長文になってしまいすみません!ヽ(TдT)ノ

馬券は3連複、3連単をメインに買う予定です。
単はサウンドトゥルーの頭固定にします!

CIMG5210

おはようございます。

本日は、京都競馬場で行われるシルクロードステークスと、
東京競馬場で行われる根岸ステークスの予想を掲載します!



その前に・・・

折笠騎手、引退・・・・・。゚(゚´Д`゚)゜。

年明けからハイパーエンジェルに騎乗してたり
積極策で人気薄を馬券内に持って来たりと
今年は折笠さんの年だと思っていた矢先の引退報道。
南関の愛されキャラがいなくなるのは本当に寂しいですが、
折笠さんの今後のご活躍をお祈りしております!!
うぅぅ・・・寂しい。


では!折笠さんの分も!当てたいです!



□シルクロードステークス 京都芝1200m□

◎ アースソニック
〇 ソルヴェイグ
▲ ネロ
△ ヒルノデイバロー
△ ブランボヌール
△ ラインスピリット
△ テイエムタイホー
△ ダイシンサンダー
△ セイウンコウセイ

アースソニックの前走は、ゲートから前のめりになる形で出遅れ。
唯一58キロを背負っていたこの馬にとって出遅れは致命的で、
後方から全く良いところ見せられず終了。
が、2走前の重馬場での京阪杯は外から一気に差し込んで
上がり最速のフミノムーンと体を合わせて3着同着に。
今日は良馬場でBコース替わりですが、
月中に積もるほど降っていた大雪の影響でそれなりに時計は掛かりそう。
重馬場も力強くこなし洋芝好走歴もあるこの馬から買いたいと思います。
何より絶好の内枠に入ったので、うまくゲートを出てしっかり内で溜めて欲しいです。

相手に戦績からも能力上位のソルヴェイグと、
外目枠に入るも今回もまた坂路で冗談みたいな時計を出しているネロさん。

馬券は3連複フォーメーションをメインに、印は手広く。
アースソニックからのワイドも少し買いたいと思います。



□根岸ステークス 東京ダート1400m□

◎ カフジテイク
〇 グレイスフルリープ
▲ キングズガード
△ ニシケンモノノフ
△ ベストウォーリア
△ タールタン
△ エイシンバッケン
△ ベストマッチョ

人気を背負って買うタイプの馬ではないかもしれませんが、
あまりにも条件が揃った今回は軸として信頼。
極端に内枠に入ったので怖い部分もありますが、
同じ条件を2,3走前にこなしているのでそこまで心配なし。
うまく乗っていた津村騎手をわざわざ福永騎手に替えてきたあたりも、
ここに何としてもの気合いを感じます。

対抗にグレイスフルリープ。
近走厳し目な流れのレースにリズムを崩していますが、
東京1400mは2戦2連対の得意な舞台。
今回時計のかかる馬場に先行勢も多数ですが、
度の馬もそこまで強気にはいかなそうな先行馬ばかりで、
唯一飛ばしそうなノボバカラも、柴田大知騎手にあまり
ガンガン行くイメージはなく・・・
流れる程度でそこまで厳しいペースにならなければ、
地力を秘めたこの馬に期待したいです。

馬券はこちらも3連複フォーメーションをメインに!

このページのトップヘ