マイルの神様。

◆中央競馬・南関競馬予想ブログ◆

CIMG4938
お疲れさまです。
本日は、大井競馬場で行われるアフター5スター賞(SⅢ)の予想を掲載します。

先週の中央で派手にハズレているのでアレですが
なんとかしたいところです(`・ω・´)

今週は御神本騎手の復帰もあって盛り上がってますね!
色々あったけど南関でまた御神本騎手が見られるのは嬉しいです。
復帰初戦は1番人気も、森下さんと文男さんが手厚く迎撃した南関やっぱり好き。



□アフター5スター賞 大井1200m□

◎ スアデラ
〇 エイシンヴァラー
▲ サブノジュニア
☆ ゴーディー
△ ワディ
△ アピア

人気ですが本命はスアデラ
「1400m以下は負けたことがない」という事に加えて、
幅広いスピードをこなせる安定感を信頼したいです。
前に強い馬が揃ったメンバーで楽な戦いではないと思いますが、
今開催の大井の時計が出やすい馬場で、
速い馬場でも実績があるのは大きいはず。

対抗にエイシンヴァラー
南関初戦の前走はさすがに負けすぎでしたが、
ゴーディーがハイペースで引っ張り、
先行した馬はゴーディーに潰され2,3着には後方の差し馬が突っ込んで来る展開。
こんな流れを大外枠から先行争いに加勢していったこの馬は当然厳しく、
しかも中央時代の本域からの一気延長もあり、これが実力とは思いたくない一戦でした。
本来はスピードにも対応でき、しぶとい伸びを持っている一頭。
吉原騎手も心強いです。

3番手にサブノジュニア
世代最強スプリンターと信じて頭でがっつり買った前走は2着。
出遅れから不完全燃焼の競馬になってしまい、とはいえそれでも2着は確保。
これまでのレース内容からもここで止まる馬ではないと思うし、
時計的に足りないところはあるもののまだまだ出せる力があるはず。
有力古馬たちとのこの斤量差もかなり大きいです。
余裕の連勝から前走のような敗戦を経験できたのも良く、
手替わりにはなりますが先輩達を脅かす走りを期待しています!

ゴーディーはまさに今が充実期で、スピードの持続力の高さはメンバーでもトップクラス。
が、今回はマイルからの一気の距離短縮。
1200はこなせない馬ではないけど、今回のメンバーに加えて時計の出る軽い馬場。
この短縮は不安の方が大きいです。人気の一角なのでできれば外したいのですが、
文男さんが自身重賞4連勝を見据えていることもあり、
規格外の騎乗を見せる可能性もなくはない…というかありそう…。
ということで文男さんに☆。

今開催の馬場で上手さが目立つのは矢野騎手と瀧川騎手。
どちらも連下に入れたかったのですが、
ミヤジマッキーはせっかくの短縮なのに大外枠が不安で
△は人気のアピアと矢野さんのワディにしました。


nakano

お疲れさまです。
本日は、G3キーンランドカップ、新潟2歳Sの予想を掲載します。

昨日はマイネルパラディ中野省吾さん。
絶妙な抜け出しで勝った!と思ったのですが、
差してきた福永さんが神がかりすぎてましたね…うぅ悔しい。
WASJは残り2戦!9Rとメインも含め楽しみです(*・ω・)ノ



□キーンランドカップ 札幌芝1200m□

◎ メイソンジュニア
〇 ナックビーナス
▲ モンドキャンノ
☆ ヒルノデイバロー
△ ネロ
△ ソルヴェイグ
△ フミノムーン

先行勢が揃ったメンバー構成で、枠とメンバー的に逃げ候補はネロ。
時計のかかる馬場とハイペースは得意なネロですが、
ここ2走と追い切りの内容から状態自体は半信半疑。
内のイッテツは好調馬ですが、鞍上が藤岡佑介騎手で隣にネロとなると
わざわざ強気にハナを奪うとも思えないし、
近走手がつけられなくなってるシュウジはモレイラ騎手を起用して、須貝先生も
「ハナには行かせない」とコメントしています。

状態不安の逃げ馬と今の馬場と騎手の意識が合わさって、
そこまで激しい流れにならない方向で印を決めました。

メイソンジュニアは、ネロが万全でガンガン飛ばされると厳しいかもしれませんが、
そこまで流れなければ大外からでもすんなり位置を取りにいけそう。
前走は一気短縮で外から行きすぎてしまい失速。
今回はデムーロ騎手ですし、距離慣れも合わせてしっかり抑えてくれるのではと思います。
とにかく魅力は好位から強烈にギアを替えてくる二の脚。
デムーロ騎手は一瞬の緩みを二の脚使って突き抜けるのが得意なイメージで、
この馬との手自体はかなり合いそう。あとは展開が重要になりそうです。

対抗ナックビーナスは2走前のオーシャンSが印象的で、
なかなかのハイペースを4番手先行し、ラストもう一度伸びを見せての2着。
ある程度ペースが上がっても大丈夫そう。
自在な脚で前にはこだわらないし、このメンバーで横山典弘騎手なら
あえて内に入って溜める可能性もありそう。
人気馬が外に集まっているので、内の利でうまく立ち回ってくれると期待します。

力上位で近走は流れが向かなかったモンドキャンノ
内枠でも四位さん替わりでうまく回って来そうなヒルノデイバローまで印上位としました。



□新潟2歳ステークス 新潟芝1600m□

◎ グランデウィーク

応援も含めてここの単複にしました。
初戦で特殊な展開と豪快なパフォーマンスをした馬の2戦目重賞はなかなか信頼しづらいものの、
昨年のオーバースペックの時も近い印象があって、
福島の直線であれだけのパフォーマンスが出来るなら・・と期待します。
挫石明けの影響は気になりますが、
やや地味に見えた追い切り時計はかなり外を回ったというもの。
気性的な部分と相手強化、柴山騎手に替わってどうかというところですが、
今後も楽しみにしたい一頭です。



CIMG5211
お疲れさまです。
本日は、川崎競馬場で行われるスパーキングサマーカップ(SⅢ)の予想を掲載します。


□スパーキングサマーカップ 川崎1600m□

◎ ムサシキングオー
〇 ケイアイレオーネ
▲ リアライズリンクス
☆ インフォーマー

本命はムサシキングオー
前走はゴーディーがハイペース逃げを仕掛け、
外外から後手を踏んでしまったムサシキングオーには厳しい展開に。
それでも3,4角で一気に前を捕えに行ったものの、
好位にいた馬たちは軒並みゴーディーに潰される形となりました。
2,3着に入ったのは、前が止まって結果的に後ろから追い込んできた2頭だっただけに、
勝負を仕掛けて4着に粘ったこの馬なら巻き返しできそう。

今回先行組で積極的にハナを狙いに行きそうなのは恐らく笠松のトキノベラトリクスぐらいで、
そこまでペースは上げていかないのではないかと思います。
外枠からスンナリ好位を取って行くことができれば。

対抗にはケイアイレオーネ
当然力は最上位で、前走から一気の短縮にはなりますが、
「短い」と言われ続けながら勝ち切ったフジノウェーブ記念の時、
的場文男騎手だけが「この馬の本当のベストは1400~1600m」と言っていました。
短縮自体はとても好感。
前走後の疲労から回復するのに時間が掛かった、というその反動だけが心配です。

3番手にはリアライズリンクス
ケイアイレオーネがいるので乗り替わりとなりましたが、
左海さんを乗せるなら馬の状態自体は引き続き良好なはず。
前走はどちらかというと
伸びない内でバテずに馬を動かした文男さんが強かった印象がある分どうかですが、
左海さんなら積極的に位置を取っていきそうで、今の馬場には合いそうです。

もう1頭☆インフォーマー
この馬自身内枠の成績が抜群。
張田騎手なら内にこだわってくれるはずで、上記3頭が前々で引っ張る流れなら、
外を回す差し馬たちには厳しくなりそう。この馬の台頭に期待したいです。





このページのトップヘ