マイルの神様。

競馬がとにかく好きです。 予想、観戦記、その他いろいろ載せています(^^)未勝利戦が大好きです!

white

おはようございます(*・ω・)ノ

本日は、大井競馬場で行われるTCK女王盃の予想を掲載します!
現時点で1倍台の人気を集めるホワイトフーガ。
なかなか荒れないTCK女王盃ですが、好メンバーが揃った今年は
どんな結果になるのでしょうか。
今週の大井は晴天続きの良馬場。
大井の砂があんなに舞うぐらいサラッサラなの久しぶりに見ました。


□TCK女王盃 大井1800m□

◎ マイティティー
〇 タマノブリュネット
▲ ホワイトフーガ
☆ ハナズリベンジ
△ トーセンセラヴィ
△ ワンミリオンス

本命はマイティティー。
初の南関挑戦となった前走は、左回りに初ナイター、更にはマイナス13キロの中
先行するも厳しい流れになり決して力を出し切れたレースではなかったはず。
そのクイーン賞ですが、スタートこそキレイに決まったものの、
ハナを切った園田っ子のトーコーヴィーナスが右回りの癖からか目の前を大きく右にカットイン。
それにつられる形でこの馬も少し外側に寄っていくという、
直後に一気に内に入れてきたものの、せっかくスムーズに出られたのに僅かなロスとなってしまいました。
結果は前の争いが激化し、ただでさえ先行馬に厳しいレースになって8着。
苦い地方デビューでしたが決してこの馬の本来の姿ではありません。

4走前の濃尾特別の惨敗は、ゲートで派手に躓き後方からどうする事もできない内容。
この中京1800のスタートは坂の途中にあり非常に滑りやすいので苦手な馬は苦手。これは不運でした。
そしてこの2つの敗戦時、この馬はかなり馬体重を減らしていたのも記憶に残ります。

今回は走り慣れた右回りに戻り、揉まれたら怖いとはいえスムーズにゲートが切れれば
優位に立てる最内枠。
JRA勢の中ではあまり人気していないですし楽しみです。

対抗はタマノブリュネット
メンバー中、この大井の地で唯一ホワイトフーガを敗っているのは強み。
この馬はその日と同じ55キロで出走も、先方は58キロとプラス1キロ。
2走前のJBCレディスクラシックは物理的に差しのききにくいコースで、
後方からの競馬をして4着まで進出したのは十分な内容でした。
実績のある大井に替わって勝機あり。

3番手にホワイトフーガ
名実ともに地方牝馬重賞トップクラスで昨年の勝ち馬。
力だけなら当然逆らいづらいですが、ここで背負う58キロが鍵を握りそう。
この馬自身58キロでスパーキングレディカップを勝っていますし問題なさそうですが、
大井で58キロを背負うのは初めてで、57キロのレディスプレリュードでは
タマノブリュネットに敗れ、トーコーヴィーナスに同着まで詰め寄られています。
更には昨日の桃花賞では、ここまで強い相手にも崩れ知らずで断然人気を集めていた
アップトゥユーが、一頭だけ56キロを背負い4着に敗れている大井の怖さも後押し。
今回、戦う相手としては十分な力のメンバーが勢ぞろいで、
強い馬ですが足元をすくわれる可能性も。

4番手に気になる存在のハナズリベンジ
中央での戦績はかなり見劣りますが、地方初戦を54キロで出走してくることと、
昨日のシェアハッピーを超完璧な騎乗で勝たせた矢野騎手とのコンビ。
さすがに勝つまではなさそうですが、鞍上込みで一瞬の隙を埋めてくる可能性は十分にありそう。

トーセンセラヴィはレディスクラシック3着の実績馬。相手なりにかなり安定していますが、
前走大井でリンダリンダやモダンウーマンにしっかり詰め寄られているのは気になります。
疲れなのか大井がアレなのかそれとも・・・

ワンミリオンスは半周延長と初の55キロも未知だらけですが、
近走の急成長と勢いは怖いです。

馬券は3連複フォーメーション(2列目に〇▲)をメインに、
馬連・3連単を少しだけ買う予定です。

おはようございます。

現在中京競馬場に向かってます!
夜中のうちに記事をあげるはずが平場の予想に時間がかかってしまい…
移動中なのでサクッと掲載します(ノД`)

先週は重賞が残念な結果でしたが、
デビューから応援していたアロンザモナが
紅梅ステークスを勝って本当に嬉しい!✨
今は個人的に断然3歳が楽しいです。




◻︎AJCC 中山芝2200m◻︎

◎ ルミナスウォリアー
◯ ナスノセイカン
▲ ゼーヴィント
△ シルクドリーマー
△ ショウナンバッハ
△ リアファル
△ ミライヘノツバサ

前走もお世話になった馬ですが、
この馬はこういう舞台でこそ。
重賞こそまだ馬券になっていないものの、
前走はツクバアズマオー、シャイニープリンスと共に
2着好走で相手関係も十分。
タフな中山&馬券を外したことのない冬場で
人気馬たちがそれぞれ少しずつ不安を抱える中、
条件が揃ったこの馬に期待します!



◻︎東海ステークス 中京ダート1800m◻︎

◎ ピオネロ
◯ ロワジャルダン
▲ グレンツェント
△ アスカノロマン
△ モズライジン
△ ラストインパクト
△ インカンテーション

福永さんがまさかのインフルです。
どうしようか迷ったのですが馬の力を信じて初志貫徹。
さっき知りましたが川須騎手ということで
特に心配なさそう!
ダート重賞上位常連組との一戦にはなるものの、
マスクゾロにタイム差なしで迫り、
勢いのあるアポロケンタッキーに先着。
ダート4戦目も1戦ごと着実に力をつけていますし、
休み明けですが厳しいレースの後にリフレッシュでにたのも良さそう。
今後も楽しみな一頭です。


馬券はどちらも3連複フォーメーションをメインに、
オッズを見てワイドや馬連なども抑える予定です!

おはようございます。

怒涛の4日間開催も終わりましたが今週は浦和。
ニューイヤーカップも好メンバーですね!
個人的には枠がちょっとアレでしたが、
なんとか当てたい!!(≡ω≡.)


□ニューイヤーカップ 浦和1600m□

◎ サヴァアルジャン
〇 ヒガシウィルウィン
▲ バンドオンザラン
△ リアルファイト
△ アンジュジョリー
△ ブラウンレガート
△ カンムル

この枠だとスターインパルスか、
押して押してブラウンレガートのどちらかがハナでしょうか。
サイバーエレキングも中ほどにいるし、
3頭が引かずに行けばそれなりに速い流れになりそう。
力上位のヒガシウィルウィンやJRAからのカンムルは共に外枠になりました。

4頭ほどで本命迷いましたが、その中でも最も好枠を引いた
サヴァアルジャンにしました!
前走こそちょっと物足りない感じでしたが、
4走前のリバーサイド特別では後の平和賞馬スカイサーベルと
3着のキャッスルクラウンを、スタートで不利を受けながらも
好位から押し切ったものでした。
後方から脚を溜めたキャッスルクラウンと遜色ない上がりを使ったのも見どころ。

5着だったハイセイコー記念も、4コーナーで大きく膨らんだ上に
入ろうとした内からセイファルコンに入られて少しブレーキ。
その後伸びは甘くなりましたが、現南関馬筆頭のミサイルマンが展開を握ったレースで
しっかりと5着にまとめてきたのは十分な内容でした。

今回流れが速くなって流れれば、
内の好位で脚を溜められそうなこの馬に十分チャンスがありそう。
うまく抜け出してほしいです!

〇は外目枠しか割り引くところがなさそうなヒガシウィルウィン
▲に門別でヒガシウィルウィンや東京2歳優駿牝馬を制したピンクドッグウッドと
互角に戦ってきたバンドオンザラン
この2頭を2列目に、3連複フォーメーションをメインに買いたいです。
オッズを見て3連単とかワイドも少しだけ。

このページのトップヘ