マイルの神様。

◆中央競馬・南関競馬予想ブログ◆

CIMG8549

お疲れさまです。
本日は、大井競馬場で行われるジャパンダートダービー(JpnⅠ)の
予想を掲載します。


□ジャパンダートダービー 大井2000m□

◎ ローズプリンスダム
〇 ヒガシウィルウィン
▲ タガノディグオ
☆ リゾネーター
△ キャプテンキング
△ サンライズノヴァ
△ ノーブルサターン


まず心の本命ヒガシウィルウィンは対抗にしました。
ずっと本命予定でしたが、主戦の森泰斗騎手離脱は最大の試練。
前走東京ダービーは圧巻の内容で、馬の力だけでも十分今回のメンバーと戦える感も、
ダービーは各馬牽制し合う緩めな展開の中、
向正面から勝負に出たのは森騎手たった一人だけでした。
有力だったキャプテンキング、ブラウンレガートはヒガシを見る形になってしまったし、
あれだけの着差が生まれたのは、この馬の勝たせ方と相手の倒し方を
これまでの経験で分かっていた鞍上だったからこそ。

乗り替わる本田騎手はもちろん南関でも上位の騎手ですが、
森騎手に比べるとスタイルは少し・・とても保守的。
本田さんに関わらず、ここで乗り替わりになる騎手は
誰だって相当なプレッシャーだと思います。
今回は中央馬相手でよりレベルが上がるため、ここは本当に正念場になりそう。

とはいえ、ヒガシウィルウィン転入当初は追い切りに乗った森騎手が
「あんまりピンとこなかった」としてクラシックで戦う事すら心配していた馬でしたが、
今や初めてまたがる本田騎手が好感触なコメントをするぐらいで、
全日本2歳の時とは丸っきり馬が変わって相当な成長を遂げている様子。
最高の状態に仕上げられたヒガシウィルウィンにとっても本田騎手にとってもここは最大のチャンス。
本命にはしませんでしたが、応援馬券は別で買いたいと思います。


で、本命はローズプリンスダム。
前走の鳳雛Sは、外枠からやや出負け気味になってしまい終始外で脚を使わされた形。
厳しい中で直線しぶとく脚を伸ばして後続に交わさせなかった着差以上の好内容でした。
昨年のJDD勝馬キョウエイギアもこの鳳雛Sを制してここに挑んでおり、
走破時計こそ劣るものの、ローズプリンスダムのロスを加味すれば
キョウエイギアと同じだけやれても驚けません。ペースが上がっても問題なさそう。
本来はゲートも悪くない馬ですし、内すぎる枠が心配ですが位置を取って行ければ。

3番手には同じく好相性の兵庫チャンピオンシップ組のタガノディグオ
ポジションは大事になりそうですが既に地方をこなせているのは大きいし、力は上位。


なんだかんだで結局ヒガシウィルウィンを全力応援してしまいそうなので、
馬券は軽めに楽しみたいです(≡ω≡.)
シゲルコングのゲートは今日も楽しみ。

CIMG6116

おはようございます。
本日は、G3七夕賞、プロキオンステークスの予想を掲載します。


□七夕賞 福島芝2000m□

◎ フェルメッツァ
〇 パドルウィール
▲ ゼーヴィント
△ スズカデヴィアス
△ バーディーイーグル
△ ヴォージュ
△ タツゴウゲキ
△ マルターズアポジー

本命はフェルメッツァ。叩いて良くなるので休み明けは心配ですが、
マルターズアポジーが引っ張って各馬前々に意識が向いてくれば、
流れても問題ない、好枠を引いたこの馬に期待したいです。
前走はシャイニングレイが暴走して乱れたペースの中
好位で冷静にじっと待機すると、
直線後方から脚を溜めてきたサンデーウィザードと遜色のない脚色で2着。
半馬身差敗ったサンデーウィザードは次走新潟大賞典を勝っていますし、
数字以上に価値のある2着だったと思います。
これ以上ない絶好枠を活かしてうまく立ち回ってほしいです。

相手には追い切り絶好、延長好感のパドルウィール、
同じく好追い切りで崩れないゼーヴィントとしました。


□プロキオンステークス 中京ダート1400m□

◎ ブライトライン
〇 アキトクレッセント
▲ キングズガード
△ メイショウウタゲ
△ ベストマッチョ
△ カフジテイク
△ ナンチンノン
△ イーデンホール

中京ダートは先週から完全内枠ウェルカム状態。
できるだけ内に入って欲しかったのですが、◎ブライトラインは8枠14番。
昨日も変わらずな馬場だったので尚更厳しい枠ですが、
それでも前に行きたい馬が揃ったのでペースは結構上がりそう。
後方勢はしっかり溜めたい馬が多く前後で意識が分かれそうで、
縦長寄りになってくれればこの枠からでもいいところにおさまっていけると信じたい・・

ハイペースだった昨年のプロキオンSは4着でしたが、
上位3頭がハイペース歓迎タイプで、そこに次ぐ4着は胸を張れるもの。

前走も良い手応えで回って来たものの、
馬群の中でなかなか追い出せず、やっと進み始めたところでまたカットインされ
最後はもう追うのを止めていました。
力を出し切れなかった分の余力はたっぷりあるはずで、
そもそもはG1でも見どころある善戦を見せている一頭。
相性の良い鞍上戻りで力を出し切ってほしいです。





CIMG5252

お疲れさまです。
本日は、川崎競馬場で行われるスパーキングレディーカップ(JpnⅢ)の
予想を掲載します。

先週の優駿スプリントはオーブスプリング取消で全額返還から、
帝王賞は◎☆〇で3複3単的中と南関はまずまず良い流れ!(*・ω・)ノ
今日も流れを止めないように当てたいです!


その前に、JDDのヒガシウィルウィンの鞍上、本田正重さんだそうですね。
米谷さんが少し前のtwitterで「今回の鞍上は弟的存在のM」とつぶやいていたので、
もしかしてミカポンついに復活とか、本橋とか、Mのつく人でだいぶ寝ずに妄想してたけど
正重のMというトリッキーなパターンでした。
とにかく新鮮すぎるコンビだけれどもヒガシさんの今後のためにも頑張ってほしいです!



□スパーキングレディーカップ 川崎1600m□

◎ ホワイトフーガ
〇 ララベル
▲ タイニーダンサー
☆ アンジュデジール
△ トーコーヴィーナス
△ プリンセスバリュー

前走強気な捲りからの距離延長、内枠、58キロと不安材料はあるものの、
このメンバーならホワイトフーガの力はまず圧倒的。
川崎は3戦全勝の庭状態。折り合いを欠きながらも年々強くなっていき、
まだまだこの位置は譲らなそう。
閉じ込められようが掛かろうが、まず着を外す事はないのでは…と思っています。
少しメンバーが落ちた今回、蛯名騎手がどう動いていくのかは重要になりそうです。

同じ好枠で好ポジションにおさまっていそうな▲タイニーダンサー
ホワイトフーガが動けば良い進路が出来そう。
前走4着も牡馬相手に見どころある粘り込みを見せたのも好感です。

仕掛けがあまり早くならなければ、〇ララベルの残り目にも期待。
ララベルは前走+25キロの中、好発切って2着粘り込み。
それでも森騎手はレース後に「増えた分粘りが甘かった」とコメントしていたし、
今回のララベルは前走以上に状態も良さそう。
乗り替わりになってしまいますが真島騎手ならデビューからコンビを組んでいるので。

そしてこのメンバーでホワイトフーガに本気で勝ちに行く事を企んでいそうなのはきっと典さんぐらい。
アンジュデジールは初の古馬混合がどうかですが、その分力は未知数。
52キロの軽量を活かして、どんな策を打ってくるのかとても楽しみです。

このページのトップヘ