CIMG4323

おはようございます。
ついに有馬記念の朝がやってきました。
羨ましい現地組の皆さま楽しんできてください!

今年の有馬記念は出走が決まったぐらいから
本命を大体決めていて、色々迷ったのですが初志貫徹でいきます(`・ω・´)


□有馬記念 中山芝2500m□

◎ マリアライト
〇 キタサンブラック
▲ サトノダイヤモンド
☆ アルバート
△ シュヴァルグラン
△ デニムアンドルビー
△ アドマイヤデウス
△ ヤマカツエース
△ サウンズオブアース


ここが引退レースとなるマリアライト。
この馬には本当にたくさん楽しませてもらいました。
秋の2戦は少し物足りない結果となってしまいましたが、
最後の舞台の巻き返しに大いに期待します!

★馬場
有馬記念の前日に開催されてきたグレイトフルステークスは
昨年から有馬と同コースの2500mになりましたが、
昨年と今年のグレイトフルSは同じスローペースとはいえ、
今年の方が2秒ほども時計が掛かっています。
しかも中盤ものすごくゆったりと息が入っていたのに、上がり最速が35.7。
更に今年は変則開催によってグレイトフルSと有馬記念の間に
丸1日開催を挟んでいることで、馬場はそれ以上にもっと重くなっているはず。
おそらく逃げるマルターズアポジーに、
積極的に逃げ馬を突く宣言をしているサトノノブレス、
中谷騎手が「流れが遅いなら自分が動く」と宣言しているムスカテール、
典さんの出方は不明ですがおそらく前目につけるサムソンズプライド。
この辺の方々の存在でここ2年のようなスローにはならなそうで、
今年の有馬記念は更に上がりがかかってもおかしくなさそう。
マリアライトがレース上がり35秒以上かかったレースで着を外したのは
昨年の有馬記念4着と休み明けの今年のオールカマーだけで、
自身の勝ち鞍は6戦すべてレース上がり35.5秒以上。
上がりがかかる展開になれば馬場はきっとこの馬の味方になるはず。

★大外枠
枠順抽選会、蛯名騎手が引く時点で残っていたのは1枠2番と8枠16番。
この2択だったら大外枠の方がいいなぁと思いました。
大健闘した昨年と同じ枠を引いた蛯名さんはむしろ持ってる。
マリアライトがG1で好走した16'宝塚記念(8人気1着)、15'有馬記念(12人気4着)、
15'エリザベス女王杯(6人気1着)、すべて2桁馬番。
前走は蛯名さんが1コーナーの件で激怒しておられたし、
人馬ともに外からスムーズの方が良さそうなのでこの枠は好感。

★引退レース
マリアライトの有馬出走はかなり早くに決まっていました。
キャロット牝馬で引退のめどは立っていたはずなので、
当然ここが最終目標、ここに照準を合わせて調整してきたはずで、
状態面はコメント通り信頼できそう。
この馬に思うのは単なる叩き良化型ではなく、大舞台での強さと本番に向けた調整。
人気を集めたG2やG3で勝ち切れず案外の結果になりながらも、
最後はしっかり詰めています。ゴール後も走り続けて余力も十分。
結果その先には、G2G3で勝ち切れなかった牝馬とは思えない強さを見せたG1がありました。
ドゥラメンテ、キタサンブラック、ラブリーデイ等をまとめて敗った本番力は図り知れません。
休み明け秋2戦の結果は多少不安も残るものの、逆にその分エリ女で出し切った昨年と比べて
十分余力を持ってここに来られていると思いたいです。

★昨年の4着
12番人気で大外枠から4着に進出してきた昨年。
外外を前目で運んでいく形となりましたが、
ゴールドシップが大歓声を浴びながら大マクリで接近。
そんなゴールドシップに交わされかけたところで動き出したマリアライト。
そのまま直線キタサンに並びかけていき見せ場たっぷりのところで、
最後に上位2頭に差されての悔しい4着。
急激に上がったペースで早々と動き出しながら、ゴールドシップに交わさせず、
キタサンを追いつめながら差のない4着は十分な内容でした。

今年は積極宣言をしている先行馬もいる中で例年以上にタフな馬場。
人気を集めるキタサンを潰しに各馬厳しい流れに動いてくれば、
マリアライトも力を十分に発揮できるはず。
今年こそ、この馬に有馬記念を獲ってほしい!有終の美を!!\(^o^)/



力は絶対的に上位なキタサンブラックとサトノダイヤモンドは
少なくともどちらかは馬券に絡むとして、
3連複フォーメーションをメインに買います。マリアライトの単勝も!