マイルの神様。

競馬がとにかく好きです。 予想、観戦記、その他いろいろ載せています(^^)未勝利戦が大好きです!

2016年10月

おはようございます。

今日は良い天気になって良かったですね!
現地にいらっしゃる皆さまがうらやましいです(*・ω・)

昨日はメインしか買いませんでしたが気持ち良く外してしまったので、
今日は朝からがんばりたいと思います



□新潟11R ルミエールオータムダッシュ 新潟芝1000m□

◎ トータルヒート
〇 カオスモス
▲ プリンセスムーン
△ レッドラウダ
△ ラインスピリット
△ オウノミチ


□京都11R カシオペアステークス 京都芝1800m□

◎ ダイシンサンダー
〇 ヒルノマテーラ
▲ ベルーフ
△ ダンツプリウス
△ レプランシュ
△ フェイマスエンド


□東京11R 天皇賞(秋) 東京芝2000m□

◎ ステファノス
〇 ルージュバック
▲ アンビシャス
☆ エイシンヒカリ
△ サトノノブレス
△ モーリス
△ サトノクラウン
△ ヒストリカル

前走の不利もあって複勝は人気上位馬より売れてるみたいですね> <
罠っぽい気もしてきましたが本命はステファノス。
去年はかなりのスローとなった秋天、最後はラブリーデイを差し損ねての2着でした。
今年は最内にエイシンヒカリ、積極的に追って行きそうなロゴタイプやクラレントも内目の枠に。
去年のようなスロー決着にはならなそうな顔ぶれになりました。

そして今開催の東京競馬場でかなり記憶に残っているのは毎日王冠の超外差し決着。
あの週は土曜から当日朝まで大雨が降って、外差し馬場が顕著になったものでした。
パンパンの良馬場で行われたその後の府中牝馬S、富士Sでは当然通常の馬場に戻りましたが、
今回も金曜からなかなかの雨が降っていて、昨日からやや外目の方が状態が良さそう。
この8枠はむしろ大歓迎で、さらに前走内枠で詰まったこの馬にとってはプラス要素ばかりです。
ペースが流れても追走は問題なさそうだし、持ち前の末脚を活かして頭まで期待したいです!

〇▲は、その毎日王冠で馬場が向いたとはいえ人気を背負いながらも確実に好走してきた2頭、
☆エイシンヒカリの逃げ残りと△ヒストリカルのおかわりまで警戒して手広く買います。

馬券は3連複を中心に、馬連、3連単もちょっとだけ買う予定。


それでは今日もがんばりましょう(。・ω・)

おはようございます。
今日は諸事情によりリアルタイムで見られないのが残念ですが、
スワンS、アルテミスSの予想を掲載します。
出先からのため目に優しい短文です!


□スワンステークス 京都芝1400m□

金曜になかなかの雨が降りましたが、前に行きたそうな馬が結構揃いました。
それとメイショウナルトがまさかの1400m。
ずっと中距離を走ってきたので最初のスピードでこの路線の馬たちには
ハナを譲ってしまうかもしれませんが、
あえてわざわざ1400mに短縮して来た意味・・・と思ったら、
あんまり中途半端な位置取りはしないような気もしてきました。
この馬が何が何でも逃げていく可能性も考えつつ、
昨年のやや平均ペースよりちょっと速めになると想定して予想したいと思います!

◎ ミッキーラブソング
〇 ダンスディレクター
▲ バクシンテイオー
△ エイシンスパルタン
△ ブラヴィッシモ
△ アルビアーノ
△ フィエロ
△ サトノアラジン

ミッキーラブソングの良さは、ある程度のスピードでも良い位置で追走できる上に、
最後しぶとく脚を伸ばしてくるところ。
渋った馬場で先行馬の多い今回はこの馬に向いても良さそう。
前走の大敗は最後方からなんにもできなかったもので度外視。
手の合う小牧騎手に戻って期待がかかります!

馬券は3連複を中心に、ミッキーからのワイドも買います。



□アルテミスステークス 東京芝1600m□

◎ パフォーム
〇 サトノアリシア
▲ リスグラシュー
☆ トーホウアイレス
△ ヒストリア
△ アピールバイオ
△ フローレスマジック

アルテミスSはちょっと分からなすぎました> <
4走目にしてやっと未勝利抜けとなったパフォームですが、
いつも相手なりに安定した走りを見せていて走破時計も安定して良いです。
メンバー中一番の経験豊富さを活かして頑張ってほしいです!
鞍上が柴田大知騎手に替わるのも楽しみ。ぜひ積極騎乗を!\(^o^)/

馬券は3連複メインで。


それでは、今週もがんばりましょう(*・ω・)


おはようございます。
終わってしまいました、クラシック3冠。
最後の一冠はサトノダイヤモンドが制し、

皐月賞馬 ディーマジェスティ
ダービー馬 マカヒキ
菊花賞馬 サトノダイヤモンド


と、並べてみるとすごい面々!
色んなことがありましたが、
結局強い馬たちが3冠をそれぞれ分け合った形になりましたね~
ここにリオンディーズの名前がないのも悲しいですが・・・


そんな菊花賞、
サトノダイヤモンドの2着との差。快勝でしたね。
satono
直線半ばにはもう勝ったと分かるぐらいの伸び。かっこよかったです!(・∀・)
わたしもそうですが、馬券が外れてもサトノダイヤモンドが勝ったのは嬉しい!
という人はたくさんいるんじゃないでしょうか。
堅実で愛されているイメージ。


それでは、感動のゴールシーンのあとに
わたしのイモータルさんを振り返ってみましょう。
imo
すでにパドックでかかっていたイモータルさん。
解説の方は「前回より落ち着いてるし見劣りはしないですね~」とコメント。
ただ小宮さんはこの日全出走馬を褒めていました。

本馬場入場で誘導馬より先に入場してきたイモータルさん。
手のかかる子だ。

待機所でおとなしく待機するディーマジェスティさんを映すカメラに
かかり気味で待機するイモータルさんがチラッと映る。
imo2
イモータルさん、これから3000m走るの知ってるんだろうか・・・
もうすでに1500m分ぐらい消耗してる勢い。

この時点でイモータルさん激走への期待は80%ぐらいカットされてしまいました(´;ω;`)
その分とにかく菊花賞は楽しんで観戦することにしよう!


この日積極騎乗を連発していたヴェロンさん、せめて前半だけでも見せ場を!!(`・ω・´)
imo3
なんとイモータル選手、最後方!
直前で鞍上が折笠豊和さんとかに替わったのかと思って出馬表確認してしまった。

imo4
さらに最後方でもかかっているイモータルさん。驚異の気性。

imo5
サトノダイヤモンド氏が感動のゴールを遂げたあとしばらくして、
イモータルさんも無事ご生還されました。
最後方で脚を溜める戦法を選んだのに、
後ろでゴールしたのは先行して後退してきた1頭のみ…切ない。゜(´Д`)゜。

かつてのイモータルさんはもう戻って来ないのでしょうか。
そんなイモータルさん、今後は去勢される予定とのこと。須貝さぁん
子孫を残す道がなくなってしまうというのは残念です。

もし去勢しても中央でうまくいかなかったなら、南関とか来たら嬉しいなー(こなそう)
ダート適性とかわたしは全然わかりませんが、
中央で未勝利で終わったファクターさん、大井初戦で8馬身差の大圧勝してたし。
イモータルに山崎誠士とか、考えるだけで白いごはんがたべられます。わくわく\(^o^)/\(^o^)/

とにかくイモータルさんの今後の活躍を期待しております。

そしてこのクラシック路線を戦ってきた3歳馬たちもそれぞれの道へ!
楽しみが深まります!




あ、昨日のマイルグランプリ、だめでした。(やはり)
思った以上に前の争いになってしまい、
◎リアライズリンクスは前に行くこともかなわず> <
さすがにあの位置では無理そうでしたが、
少しでも着順を上げるべく文男さんはコーナーで外から押し上げていくと、
mg
文男さんにグリグリする本橋氏・・・・・・・・・・!!!
このまま本橋さんとバルダッサーレの間で窮屈になる形で
下がってしまう文男さん。ううう。

いつものミドリの服じゃないので一瞬気付かなかったけど、
そうだ。これハッピースプリントだった。
てっきりもうすでに前の方で勝ち負けを競り合ってると思ってました。
59キロで想定外の乗り替わりや厳しい展開もあったものの
地方馬同士でこんなに苦戦するハッピースプリントを見る事になるとは(´;ω;`)
☆印にしたものの、正直3着を外す事はないかなぁと思い込んでいました。
このレースだけで判断することはできないし、もちろんまた巻き返して欲しいですが、
なんだかひとつの時代が終わってしまうような感じがしました。寂しい。

勝ったセイスコーピオンは強すぎでしたね~!(゚o゚)
前走とは馬場状態も変わった上に1倍台の人気を背負っての地方2走目で
さらにパフォーマンスを上げての快勝!今後の動向も楽しみです!



今週末は天皇賞(秋)!
毎年現地に行っていたのに今年は行けないというのが悲しいですが、
今年も楽しみなメンバーです。当てたいです。

それでは週末に向けてがんばりましょう~!

本日は、大井競馬場で行われるマイルグランプリの予想を掲載します。
links2

月曜のマホウジン3着にいまだに興奮冷めやらない水曜です。
2歳時の大井初戦で快勝してから一年。
B3クラスではなかなか着順ふるわずにいた中、
文男さんに戻ったら買おうと決めていて前走は0.4差の6着。
今回もめげずに◎マホウジンで手広く勝負したところ、
4コーナーでスッと内に切れ込んでくると
外伸びの馬場を最内からすごい勢いで伸びてくるマホウジン!!!\(^o^)/

1着 ナックマカロン(10人気)
2着 エイコースナイパー(9人気)
3着 マホウジン(6人気)

と1.2着も人気薄が来たことで、3連複配当がなんと750倍!!
フォーメーションの2列目にエイコースナイパーを入れてたので
大騒ぎだったのですが・・・・・・ナックマカロン買ってない。

無駄に14番人気とかまで手広く買っていたのにノータッチ。
◎マホウジンと▲エイコースナイパーの馬連は持っていて、
欲を出さずにワイドにしていれば30.8倍もついてました。競馬こわい。
あ、もちろん1円も当たっていません(≡ω≡.)


ということで、マイルグランプリにこの悔しさを救っていただきたいです(´;ω;`)


□マイルグランプリ 大井1600m□

◎ リアライズリンクス
〇 セイスコーピオン
▲ ハーキュリーズ
☆ ハッピースプリント
△ モンサンカノープス
△ グランディオーソ


セイスコーピオンの地方初戦ムーンライトカップの勝ち方は圧巻で、
2着に6馬身もの差をつけて快勝。タイムもかなり優秀でした。
中央では後方からの競馬ばかりだったこの馬が
森騎手の積極騎乗により3番手先行で外を回りながらも楽々と抜け出しての勝利。
普通にあっさり勝ってしまいそうな気もするのですが、現在単勝1.2倍。
マークされる存在に変わり、前走のようにうまくいくかという不安も・・・

ということで、本命は リアライズリンクス にしました。
前走オーバルスプリントは6着に敗れてしまいましたが、
最内に入ると終始前でタマモホルンが壁化していて、
的場騎手が後ろを振り返りながら進路を探っていた素ぶりがありました。
結果追い出しが遅れ直線を向いた時には前はかなり離れた位置に。
強豪相手に不利がありながらも最後は伸びを見せていたし、
今回は地方馬同士の戦いに戻り、先行馬の少ないメンバー構成にも期待です。

もう一頭ひそかに期待しているのは ハーキュリーズ 。
8歳馬で連闘なのがアレですが、前走埼玉新聞栄冠賞は
人気を背負うベルゼブブが前で3頭やり合って後退していき
離れた中団~後ろ目にいた有力馬の末脚が活きたレースになりましたが、
そんな中4着に入線していたハーキュリーズ。
それも積極的にベルゼブブに絡んでいくと思われたアウトジェネラルがまさかの出遅れで、
結果的に後方からの競馬が好転し上がり最速で3着に突っ込んできたものでした。
すごく単純に考えたら、アウトジェネラルが本来の先行策で行けていれば
ハーキュリーズは3着に粘り込んでいたかもしれません。
コーナーでタイムズアローと同じタイミングで仕掛けて行ってしぶとい脚で粘った内容は、
上位人気のタイムズアロー、クラージュドールともあまり差のない競馬でした。
1000mや1200mではついていけず後方からになっていますが、
マイル以上ではしっかり位置が取れています。
今回は前に行きたい馬が少なそうなので、前目で粘り込んでいければ・・・
引き続き文男さんなら本命にしていたかもしれませんが、
鞍上は話題の藤井騎手なのでうまく運んでくれるのではと期待しています!

あとは力上位の☆ハッピースプリント。
地方馬のみの重賞では負けるわけにはいかないところで、
59kgの斤量と、急遽乗り替わった本橋騎手との初コンビがどうなるか。

ハッピースプリントは3歳時の重賞をほぼ総なめしていた一頭。
そんなハッピースプリントでも、古馬混合戦はしばらく苦戦していました。
ここには大きな壁がありそうで、バルダッサーレは悩みましたが今回は切ることに。

馬券は◎からの3連複と、
◎-〇▲のワイド、〇-▲のワイドも買う予定です!


またギリギリになってしまいましたが、菊花賞の予想を掲載します。
いつも以上に長文申し訳ありません(≡ω≡.)


□菊花賞 京都芝3000m□

クラシック最後の一冠をかけた菊花賞がついにやって来ました。
最強レベルと言われたこの世代ですが、
ダービー馬のマカヒキは来年からの始動となり不在、
ここからの巻き返しに期待された4強の一角リオンディーズは
残念ながら引退となってしまいました。
リオンディーズもこの最後の一冠を取りに来たかったはず。
出走のかなわなかった全ての3歳馬の夢をのせて18頭が戦います!

京都3000mという、どの馬も初めての体験となる長丁場。
これまでの能力の差こそありますが、不安要素があるのはどの馬も一緒。

人気の中心は「2強」サトノダイヤモンドとディーマジェスティ。
互いに前哨戦をしっかり勝利し仕上がりも万全の模様です。
圧倒的な人気を集めるこの2頭は、末脚が魅力の差し馬。
更には現在の3~5人気もすべて末脚自慢の馬たちが揃い
勝ちに行く馬たちは当然この人気勢の動きをマークしてくるはずで、
人気のない先行勢のマークはかなり手薄になる事に。

それでも結局「強い馬が勝ってしまう」のが菊花賞ですが、
これまでハイレベルな戦いを見せてきたディーマジェスティとサトノダイヤモンドに
勝つor間に割って入ってくる可能性を考えたとき、
真っ向から末脚勝負で立ち向かってかなう相手だとはあまり考えにくいです。

可能性があるとすれば、ノーマークで前に行かれてしまって差し損ねか
粘り込みになると思っています。

今回のメンバーでは「前に行きたい」と示唆しているミライヘノツバサをはじめ、
ジョルジュサンクも内を引きました。
アグネスフォルテやサトノエトワール、エアスピネルは外目に入り、
わざわざ先行勢でやり合うようにも思えません。

ということで・・・・・・


本命は ◎イモータル にしました。

もう、全てが噛み合う数%の可能性に賭けます。

デビュー時は"マンハッタンカフェの最高傑作になるかも"とまで
期待を背負っていた当馬でしたが、
1番人気のサウジアラビアRCでブレイブスマッシュに敗れると、
そこからは案外の成績が続き、すっかり強豪勢に差をつけられる事に。
共同通信杯こそディーマジェスティの2着でしたが、
その走りにもかつての驚異は感じられませんでした。

この馬はとくに気性難が不安視されており、
前走神戸新聞杯のパドックではかなりテンションが上がってしまい
手がつけられない状態だったとの事。
レースでも覇気が感じられず、直線もどこか諦めているような感じでした。

何よりも今回、この馬の積極策を期待した理由は、
鞍上ファブリス・ヴェロン
つかみ辛い騎手ですが、たまに予期せぬ大穴を連れてきます。
とくにヴェロンは、それまで後方を回ってくるだけだった馬や、
伸びを欠いて下位に沈んでしまっていたような
「覇気のない馬たち」を、積極的に行かせて上位に持ってきているイメージが強いです。
今日はとくに現時点で、
ビップディオス(14人気5着)、ランドジュピター(11人気4着)、
タマモヒナマツリ(8人気3着)、マイネルラック(7人気2着)・・・と
超乗れています。

イモータルは、元々将来を大いに期待されていた素質馬。
お父さんはこの菊花賞を勝ったマンハッタンカフェですし、
好調ヴェロンの積極騎乗とガッチリ噛み合えば、
大穴をあけてくれると期待します!!!\(^o^)/

とりあえずはスタートで私のモチベーションが決まりそうです。。笑


◎ イモータル
〇 ディーマジェスティ
▲ アグネスフォルテ
☆ ウムブルフ
△ サトノダイヤモンド

△ カフジプリンス
△ エアスピネル


波乱の方向に絞ったので、
◎からのワイドがメインです!


それでは今日もがんばりましょう(。・ω・)!

このページのトップヘ