おはようございます。
本日は、G1天皇賞(春)の予想を掲載します。

昨日は衝撃の先行策から最後大興奮しての◎トラストケンシン5着で残念でしたが、
あんな事もできるなんて!ますます好きになりました(*'ω'*)

天皇賞春は残念ながらリアルタイムで見られなそうですが、
予想を楽しんで頑張りたいと思います。



◻︎天皇賞(春) 京都芝3200m◻︎

◎ ソールインパクト
◯ ガンコ
▲ サトノクロニクル
☆ トーセンバジル
△ レインボーライン
△ ミッキーロケット
△ シュヴァルグラン
△ チェスナットコート

逃げるのはきっとヤマカツライデンですが、
ドスローで運んだ前走は3角で捲ってきたデムーロさんにハナを奪われる事態。
今回は松山騎手に乗り替わり。
2走前はこの松山騎手で、長丁場には珍しいスピード要する展開を作り上げました。
結果はザ・ステイヤーのアルバートが4着に敗れ、
中距離路線で活躍していたレインボーラインが勝利。
そんな思い切った騎手で、阪神大賞典の再現の可能性もなくもなさそう。
番手以下が押さえるかもしれませんが、ヤマカツライデンは大逃げすると見ます。

更に、外枠に入ってしまったトーセンバジル@デムーロさんはもうやる事はひとつ。
前がノンビリしていたらきっと押し上げてくるはずで、
先行勢にも早く前を捕まえたいガンコがいて、
緩む暇なく淡々と進んでいくのではないかと思います。

ソールインパクトはそんな少し流れて、淡々とした流れで好走してくる印象。
もう少し内枠が良いですがど真ん中に入りました。
ただ同じような位置にいそうな馬たちよりは内に入れたので、ポジション取ってほしいです。

オープンクラスの勝ち鞍こそないですが、
重賞でもたびたび見せ場を作る善戦マン。
相手に合わせる馬&騎手で相性自体は良いと思います。
きっと押し上げるデムーロさんについて行ってくれるはずで、
自然と馬にとっても得意な形になりそう。期待したいです。