CIMG4307

おはようございます。
本日は、G1日本ダービー、G2目黒記念の予想を掲載します。

ついに今年もダービーがやってきました!
今年は残念ながら現地ではなく自宅観戦ですが、
とにかくまずは全人馬無事に。それに尽きます。




□東京優駿(日本ダービー) 東京芝2400m□


「最も運のある馬が勝つ」と言われてきた日本ダービー。
18頭フルゲートの現代ではあまり意味がない言葉かもしれませんが、
やっぱり毎年ダービーとはそういうレースなんだと思わされます。

とっっても余談ですけど、
わたしの昔から好きな言葉に、「運も実力のうち」という言葉があります。
これは元サッカー日本代表監督のO田T史さんの言葉でした。
「運やチャンスは人間誰しも平等に巡ってくるもの。
強運の人とそうでない人というのは、そのチャンスに気付き自ら掴み取りに行くか、
掴み損ねているかの違い。」

3歳の頂点を決めるこの日本ダービーに揃った18頭。
当たり前ですが、今年のダービー馬という栄光を得られるチャンスを得たのはこの18頭だけ。
どの馬・騎手がそのチャンスを掴みに行くのか、今年も非常に楽しみな一戦です。
予想ももちろんですがとにかく楽しく見たいですね!(*・ω・)



◎ キタノコマンドール
〇 ジェネラーレウーノ
▲ ブラストワンピース
☆ ワグネリアン
△ ダノンプレミアム
△ ステイフーリッシュ
△ グレイル
△ ステルヴィオ

本命はキタノコマンドール。
ザ・人気先行馬ですが今年はこの馬と鞍上に託したいです。

まずは5着に敗れた皐月賞、デムーロ騎手には珍しい騎乗でした。
終始後手後手に回って最終的には凝縮した馬群の一番外を通らざるを得ず、
無駄に膨らんできたワグネリアンにも巻き込まれて更に外に。
上がり最速で飛び込んでは来たものの届かず、それでも馬の力は見せた一戦となりました。
誰が見ても強い負け方だったので変わらず人気を集めていますが、
人気を裏切っても再度「話題先行」「過剰人気」になることでむしろ尚更、
前走思うような騎乗が出来なかったデムーロ騎手の闘志に火をつけるはず。

追い切りは最終こそ軽めだったようですが、
1週目はペルシアンナイトに遅れを取りながらも渾身の好時計。

そしてJRA発表の調教後の馬体重。
wt
2キロ減ってはいますが、前走の大幅プラスを加味すれば
輸送を含めても問題はなさそう。
ダノンプレミアムは輸送が少し心配な減り方ですし、
逆に輸送のないブラストワンピースは太り気味。(成長分かもしれないですが)
という点からもキタノコマンドールを上に取りました。

今の馬場では位置取りの心配もありますが、
前走はスタート直後にぶつかられた事も少なからず影響しているし、
デムーロ騎手はスタート後のリカバーが
誰よりも秀逸なのでそのあたりも心強いです・・・

今回はある程度の力の差は二の次にして、
ここを目標に人馬渾身の状態でダービーを獲りに来た馬たちを印上位にしました。






□目黒記念 東京芝2500m□

◎ ホウオウドリーム
〇 ゼーヴィント
▲ パフォーマプロミス
△ ウインテンダネス
△ ノーブルマーズ
△ サウンズオブアース
△ チェスナットコート
△ ソールインパクト
△ フェイムゲーム

こっちもちょっと手広めに印を付けましたが、
最終的に△は何頭か減らすかもしれません。

本命は最内で田辺騎手替わりのホウオウドリーム。
前走は3コーナー辺りから一気に外から動き出し、
最後まで脚が持たずの7着でした。
直線だけで一番後ろから全馬纏めて差し切った2走前が強い競馬で、
東京2500mに替わるのは非常に楽しみです。
更にこのタイミングで田辺騎手替わり、絶好の内枠で。