DSC_0519

おはようございます。
帝王賞のブログをがっつり忘れてましたが現地に行って来ました\(^o^)/
◎ヒガシに夢中になってたら気付けばゴールドドリームが突き抜けて勝利。

それでもヒガシウィルウィンもここ数走で一番ぐらい内容がよくて。
休み明け後の調子の落とし方はだいぶ心配してたので、
ここで持ち時計を更新してきたのは本当に大きいです。嬉しい限り(´;ω;`)
DSC_0526
ヒガシは心なしかいつもよりギラギラしてました。
前走まではゲートや他馬を怖がったりしてたようですが、
精神面でも大幅にレベルアップしたのでは\(^o^)/


2着は安定のケイティブレイブ。
DSC_0516
おや・・・メンコが勝負服仕様になってる・・・


3着サウンドトゥルー
DSC_0759
DSC_0761
撫でられるトゥルーさん。かわいい。



この日はTCKイメージガールの藤田ニコルさん、川栄李奈さん、吉谷彩子さんも
大井に来ていたのでいつも以上に賑わってた気がします(*・ω・)
風が強くて大変そうでしたが3人ともオーラガンガン放ってて美しかったです♡♡♡






長くなりましたが続いて今日のCBC賞、ラジオNIKKEI賞の予想を掲載します。


□CBC賞 中京芝1200m□

◎ セカンドテーブル
〇 ペイシャフェリシタ
▲ ダイメイプリンセス
☆ ナガラフラワー
△ アクティブミノル
△ ナリタスターワン
△ フミノムーン
△ アレスバローズ
△ ダイメイフジ

昨年の2着好走からその後の骨折で休養を余儀なくされましたが、
復帰後の春雷Sでは大外枠から厳しい流れで2着、
前走の鞍馬Sも決して向かない展開の中で4着粘り込みと着々と復調気配を見せています。
今回はトウショウピストがハナに行くコメントをしており、
アクティブミノルも外のワンスインナムーンも二の足が速く強気に。
極端に遅い流れにはならないはずで、
更には出し切りたい持続型も多いので終始淡々とした力のいる流れになりそう。
厳しい流れで前々から強い粘り込みを見せてきたセカンドテーブルの本格復活に期待したいです。
昨年のCBC賞は雨も手伝ってタフな展開、好気配のアクティブミノルが飛ばしたハイペースの中
番手外からしぶとく粘り込み、最後はハマった感のシャイニングレイに差されたものの
ほぼ勝ちに等しい僅差の2着でした。
昨年の悔しさをここで晴らしてほしいです。水口騎手にも悲願の重賞制覇を!
ただ最終追い切りがだいぶ軽め。
まだ脚元に不安があるのか、既に仕上がったので流したのか、
切実に後者であってほしいです・・・・



□ラジオNIKKEI賞 福島芝1800m□

◎ イェッツト
〇 メイショウテッコン
▲ ロードアクシス
△ シセイヒテン
△ キューグレーダー
△ キボウノダイチ
△ フィエールマン
△ エイムアンドエンド

毎年波乱の起こる3歳ハンデ戦、
今年の本命は人気サイドですがイェッツトにしました。
コスモイグナーツやジェネラーレウーノと僅差で戦ってきたこの馬にとって、
キャリア最軽の54kgで出走できるのは大きいはず。
前走プリンシパルSは1:58.2という、昨年ダイワキャグニーが久々に塗り替えた
レースレコードを更に0.1秒更新する好時計決着。
そのレースを序盤からやや掛かり気味になりながら馬群の中で我慢、
直線は最後までジリジリと伸びてのタイム差なしの3着なので十分な内容。
開幕の高速馬場なので外枠かつキレる脚がない事は不安ですが、
時計勝負・最後の上り坂は問題ないですし、
メイショウテッコンやケイティクレバーが淡々と刻んでこの馬にも良い流れにしてくれそう。
自在に対応できる器用な馬の印象で、乗り慣れた蛯名騎手とのコンビも信頼したいです。