マイルの神様。

◆中央競馬・南関競馬予想ブログ◆

カテゴリ: 競馬予想(中央)

CIMG4313

おはようございます。
本日は、G2神戸新聞杯、オールカマーの予想を掲載します。


□神戸新聞杯 阪神芝2400m□

◎ ベストアプローチ
〇 レイデオロ
▲ カデナ
△ キセキ
△ アドマイヤウイナー
△ ホウオウドリーム
△ サトノアーサー
△ メイショウテンシャ

本命はベストアプローチ。
前走のダービーはかなりユルユルの展開で
後方から成す術なく完全に度外視。
タフ目なレースになった青葉賞では早めに動いたアドミラブルに
追い迫っての2着は見どころ十分でした。
元々デビュー時から定評のあった馬で
能力的には重賞の1つも勝っていておかしくない一頭でしたが、
脚を余したり展開に泣いたりと未だ勝ち鞍は新馬戦のみ。
それでも世代トップクラスとは常に互角に戦えており、
スロー濃厚でも早めに動きやすいこのコースは絶好の場所。
岩田騎手とも手が合っていると思うし、
相手は強いですがここは重賞制覇のチャンスも十分ありそう。



□オールカマー 中山芝2200m□

◎ デニムアンドルビー
〇 アルバート
▲ タンタアレグリア
△ ルージュバック
△ モンドインテロ
△ マイネルサージュ
△ ブラックバゴ
△ ステファノス
△ マイネルミラノ
△ カフジプリンス

本命デニムアンドルビー。
長期休養明け後は馬券に絡めていませんが、
7歳牝馬とは思えないほど追い切りの動きは衰えていません。
実戦はあと一歩、出し切れず脚を余している印象が強いです。
今回はグランアルマダが逃げ宣言、直後マイネルミラノが行きそうですが、
ミラノは陣営コメント通り今回も3角あたりから仕掛けてきそうですし、
手綱が戻ってきた柴田大知騎手も勝負掛け必至。
早仕掛の展開が見込め、脚を使い切りたいデニムには良い流れになりそう。

ミラノが動いていく想定で、脚を余したくない系の馬たちで迷いましたが、
アルバートとルージュバックは内すぎ、モンドインテロは外すぎ、
ステファノスは例年と使い方が違うのをどう取るか・・・
ということでデニムアンドルビーを選びました。

陣営がかなり弱気なコメントを出しているのと増え続ける馬体重は気になりますが、
最終追い切りはしっかりと動いているし、
元々はG1レベルの相手に堂々の活躍を見せていた牝馬。
ここで復活の兆しを見せてほしいです。

連下はかなり手広目に。





***
今日は2鞍騎乗のJDDJKを影ながら応援しましょう~(*・ω・)ノ





お疲れ様です。
本日は、G2セントライト記念の予想を掲載します。

ローズSは本命が殿負けというパンチの効いた結果でしたが、
和田さんが豪快に全差しという、全国のWADAJOが「ヒャー!!!」ってなる展開で
本当に良いもの見れましたね。。。(●´ω`●)
そして典さんの絶妙な逃げも芸術的!レース直後に何度も見返したの久々です。


□セントライト記念 中山芝2200m□

◎ クリンチャー
〇 インペリアルフィズ
▲ アルアイン
△ スティッフェリオ
△ サンシロウ
△ ミッキースワロー
△ サトノクロニクル

本命はクリンチャー。どこまで道悪が残るのか不明ですが、
前走はとにかく完全度外視したい一戦。
まずまずペースを流してもしぶとさを見せるこの馬なら、
(多分)重さの残る今の馬場も問題ないはず。
前走についてはきっとジョッキー本人が一番悔やんでいるはずで、
今回は自分で刻むぐらいの勢いで強気に乗ってほしいです。

対抗はインペリアルフィズ。ペースが流れたら未知数ですが、
この馬は元々追い切りの動きからも素質の高さを言及されていた馬。
マジメに走らない癖があるとの事で、3走前にブリンカーを着用したところ内容が一変。
ここ2走は相手関係こそ微妙でも、一戦一戦力を付けている印象です。
この中山コースでの田辺騎手の仕掛けどころはトップクラスで、
このコンビで大懸けに期待したいです。

3番手に力は2つも3つも抜けているアルアイン
初コンビとなるルメール騎手の動きもポイントになりそう。




*****
そして御神本さんがんばれー!.。゚+.(・∀・)゚+.゚





お疲れさまです。
本日は、G2ローズSの予想を掲載します。

明日は御神本さんが中山で重賞含めて7鞍騎乗!
楽しみすぎて中山行く気満々でしたが台風で断念・・・・・
レース映像見ても中山は相当な天候ですね(≡ω≡.)
とにかく全人馬無事にお願いしたいです。


□ローズステークス 阪神芝1800m□

台風で大荒れ予報から、実際の阪神は現在良馬場。
しかも割と時計も出ている様子で、
これから降ったとしても大きく悪化するような事はなさそうですね。(風は不明…)

注目のファンディーナはこの舞台はかなり良いはずで、
ここからも考えましたがとにかく状態が懐疑的で陣営コメントも「次に向けて」という感じ。
力で押し切る可能性もありますが、本番へ繋げるため強気な走らせ方はしてこなそう。

出遅れ癖はあるものの二の脚のリカバリーが速いカワキタエンカが外からハナ候補、
典さんが逃げることになればそれなりにゆったりと進めるのでは。

色々と2周3周しましたが、
予想を変えたところで良い事なんて何もないと思う今日この頃・・・初志貫徹で!

◎ ヤマカツグレース
〇 モズカッチャン
▲ ファンディーナ
☆ ミスパンテール
△ メイショウオワラ
△ ブラックスビーチ
△ ラビットラン
△ リスグラシュー
△ カワキタエンカ

本命はヤマカツグレース
大外枠に入った事と速い時計が出ている事は少し不安ですが、
ペースさえ落ち着けば、好位からラストもうひとつギアを入れられる馬。
それがそんなに長くないこの馬にとって、
前走は強気にアエロリットを追い掛けていった事で大失速。
それでも休み明けをあのような形で敗戦出来た事自体は良かったのではないかと思います。
フローラSの2着は向いた感はあったものの、
それでもモズカッチャンとはタイム差なし、フローレスマジックに先着していたし、
デビュー当時の評判高かった動きからも元々の力は十分にあるはず。
同タイプで力上位のファンディーナの状態が怪しい分、この馬の活躍を期待します。

対抗モズカッチャン
内枠すぎるのがどうかも、ペースが上がらずそういう競馬になればデムーロさんが一番上手いはず。

3番手にファンディーナ。力を出せる状態なら。

気性的な心配はあるものの、折り合いが付けば☆ミスパンテールも楽しみです。



CIMG5979
お疲れさまです。
本日は、G2セントウルS、G3京成杯オータムハンデの予想を掲載します。

週中の戸塚記念、昨日の紫苑Sと的中して今週のブログは珍しく良い流れ!
週末まで良い気分で終わりたい・・・(`・ω・´)今日もがんばります。


□セントウルステークス 阪神芝1200m□

◎ ラヴァーズポイント
〇 ファインニードル
▲ フィドゥーシア
△ メラグラーナ
△ アルティマブラッド
△ ミッキーラブソング
△ アドマイヤゴッド
△ スノードラゴン

本命は何度も狙うラヴァーズポイント
前走もかなり楽しみにしてましたが思いのほかペースが流れてしまい、
行き脚がつかなかったこの馬は前にも行けずの10着。
とはいえこの2走は0.4秒差に纏めており、着順ほどの差はなしで相変わらず高速馬場巧者。
今回は大外枠のフィドゥーシアの出が速いうえに、他に逃げ宣言をしている陣営もいないので
おそらくフィドゥーシアがゆったりと進める形。
番手争いも激しくならなそうなメンバーで、ラヴァーズポイントは前走より遥かに好位から進められそう。
馬場・展開も味方をしてくれそうで、今度こそ圏内に期待です。
毎回同じ事を書いている気がするので省略・・・・・

2列目には人気上位の2頭で、ちょっと手広めに。



□京成杯オータムハンデ 中山芝1600m□

◎ ガリバルディ
〇 グランシルク
▲ ダイワリベラル
☆ トーセンデューク
△ ボンセルヴィーソ
△ オールザゴー
△ ミッキージョイ
△ ウキヨノカゼ
△ ブラックスピネル

展開次第では何が来てもおかしくなさそう・・・難しい。

本命は悩んでガリバルディにしました。
前走も初の中山マイルで期待が集まりましたが9着。
今回人気のグランシルクにも先着を許していましたが、
ガリバルディは大きく外目を回してのもので
内目先行した2頭のワンツーだった事を加味すれば
0.6秒差程度なら見直しできそう。
これまでのレースでも「展開次第」「あと一歩」の内容が非常に多かった馬で、
展開ひとつで上位にいける力は十分に持っている馬です。

今回はマルターズアポジーがいて、その他強力な先行馬が多数。
そして何よりこれまで甘く勝ち切れなかったグランシルクが今回田辺騎手という点。
内目の枠を活かして得意の積極的な動き出しを仕掛けてくれば、
外を回す組ではなく内にいるガリバルディに十分チャンスが巡ってくるのでは。

対抗にはグランシルク
本命と迷いましたが田辺騎手との相性は未知数なので2番手で。
頭まで来るくらいの良い転換に期待したいです。





CIMG8997
おはようございます。
本日は、G3紫苑ステークスの予想を掲載します。


□紫苑ステークス 中山芝2000m□

◎ カリビアンゴールド
〇 サロニカ
▲ ディアドラ
☆ ミッシングリンク
△ プリンセスルーラー
△ ポールヴァンドル
△ ルヴォワール
△ ホウオウパフューム

本命はカリビアンゴールド勝春さん。
これまでのレースの中でも、新馬とサフラン賞の中山2走は好内容。
それでも乗り難しい面もありなかなかスッキリしないレースも。
前走は函館の1000万条件を2着していますが、
序盤から掛かり気味の追走になりながらも終いきっちり伸びての2着。
ポールヴァンドルには敗れましたが、ここは十分逆転できそう。
3走前のスイートピーSなんかも直線馬群に包まれるロスがありながらも、
一気の脚でブラックスビーチにクビ差迫ったのは見どころ十分でした。
とにかく折り合いがつかなかったりロスがあったりとなかなかうまく運べていない印象でしたが、
良い内容を見せた中山替わりになる事、
乗り難しい分、乗り慣れた勝春さんに戻る事はプラスに働くのではないかと思います。

対抗はサロニカ。
前目で運びながらある程度のペースに対応できるのは強み。
今回はそこまで前が速くならなそうなメンバーに加えて、
大外枠ならスムーズにミッシングリンクの番手あたりが取れるのではないでしょうか。
走りっぷりからも延長と中山替は合いそうです。

3番手は能力最上位のディアドラ。
馬体重の増減は気になりますが、
メンバー、条件的にもほとんど死角はなさそうです。
前走現地でパドックを見ましたが、
馬体とかほぼ分からない私が見てもかなり良く見えました。
これで-12キロなんだとビックリした思い出。
CIMG9025
それでいてラヴィエベールを敗っているので、ここでも信頼できそうな一頭です。



このページのトップヘ