マイルの神様。

競馬がとにかく好きです。 予想、観戦記、その他いろいろ載せています(^^)未勝利戦が大好きです!

カテゴリ: 競馬予想(地方)

本日は、浦和競馬場で行われるユングフラウ賞の予想を掲載します。

早朝から移動で更新のタイミングを失ってしまい
微妙な時間になってしまいました> <

今回のメンバーは前にいく有力馬が多く大混戦状態。
今開催の浦和は捲りも差しもよく決まっていて、
差し勢にも十分チャンスのある展開になりそうですが、
ここは桜花賞トライアル。
昨年モダンウーマンが快勝しそのまま桜花賞も制覇した姿が記憶に新しく、
これだけのメンバーが揃った今年も、展開よりも強い馬が勝つと期待したいです。


□ユングフラウ賞 浦和1400m□

◎ スターインパルス
〇 ピンクドッグウッド
▲ ヴィーナスアロー
☆ アンジュジョリー
△ シェアハッピー
△ ガロ

前走の勝ちっぷりからもピンクドッグウッドはかなり強いと思ったのですが、
今回は南関2戦目の転厩初戦で初の浦和。
加えて断然人気なのでここは対抗で様子見します。

本命はスターインパルス。
ほぼ同じメンバーで先行激化し大失速した東京2歳優駿牝馬は心配なものの、
この馬はとにかく浦和巧者で、
デビューから3戦目の同コースで猛追をハナ差おさえて敗ったライズスクリューは
先日中央の春菜賞で大穴をあけて勝利した実力馬。
前走は牡馬との1600m戦、4着に敗れたもののタイム差なしで3着だったカンムルは
次走の雲取賞を圧勝しました。
ここから距離短縮で挑む今回は非常に期待が高まります。

3つお隣のゴーフューチャーに的場文男さんが乗っているのが驚異すぎますが、
馬だけの力なら浦和での能力はスターインパルスはトップクラスなはず。

かなりテンは速い馬なので、スムーズに出て主導権を握って欲しいです。
スタート後の隊列はとても重要になりそう。

CIMG6258

おはようございます。
本日は大井競馬場で行われる金盃の予想を掲載します。


□ 金盃 大井2600m□

昨年の勝ち馬はジャルディーノ
2600mという特殊距離でのリピーターは外せない存在ですが、
今年は昨年より3キロ増の57キロ。
長丁場での斤量は少なからずポイントになるし、
昨年同様のパフォーマンスが出来るのでしょうか。

そんななか同じ荒山厩舎のレイディルアレナ
ちょうど昨年のジャルディーノと同じような成績を辿っていて勢い十分。
54キロでの出走でどちらかといえばこっちのほうに力が入っていそう。
が、昨年のジャルディーノは相手関係も少し手薄な中での3番人気でしたが、
今年はメンバーが割と揃った中で結構人気してしまってるイメージ。(朝の時点で3倍前後)
ベテラン坂井騎手なのでそつなく乗ってくれそうですが、
この人気で未知の重賞初挑戦馬はちょっと怖い気も。

JRAから転厩のオリオンザジャパンは現時点で一番人気。
中央でも十分やれていましたがここへ来ての南関移籍・・・
若手ナンバーワンの笹川騎手を起用して、中央重賞3着馬が56キロと勝機十分。
実績的にはあっさり圧勝もありえますが、
どんな馬でも初地方の相性は走らないと分からないし
人気もかなりするのでここは2列目で様子見したいです。


・・・を踏まえたうえで、予想はこんな感じになりました!


◎ ユーロビート
〇 レイディルアレナ
▲ オリオンザジャパン
☆ タイムビヨンド
△ ジャルディーノ


本命はユーロビート
南関重賞、とくに2400m以上の距離では着を外したことのない得意舞台。
ひときわ目立つ大きな馬体で、前走の小回り名古屋競馬場は厳しかったのではないでしょうか。
昨年からマイナス1キロの57キロで出走できるのも、昨年敗れたジャルディーノと条件逆転。
JBCクラシックでは地方最先着でしたし、東京記念の勝ちっぷりからも
年齢的な不安はまだまだ見られません。
地方未知のオリオンザジャパンが抜けて人気するのであれば、
ユーロビートの安定感を堅軸として買いたいです。

本命まで考えて迷ったのは☆タイムビヨンド
牝馬とはいえ道営記念でオヤコダカを敗った実力馬。
クイーン賞でも中央馬に次いで3着と穴をあけ、
プラス11キロで挑んだ前走で大敗して人気を落としています。
このときは調整失敗により、予定のTCK女王盃を諦めて出走したもので
まったく仕上がっていなかったのは馬体からも明らか。
パドック必見ですが、ここまで人気落ちするなら積極的に買いたいです。
道営時代の五十嵐騎手以上に合うジョッキーはなかなかいないかもしれませんが、
赤岡騎手に乗り替わるのはかなり期待大。

3連複を基本に3連単も少し買いたいです。タイムビヨンド厚め。(*・ω・)ノ


CIMG4045

おはようございます。

本日は、船橋競馬場で行われる報知グランプリカップの予想を掲載します。



□報知グランプリカップ 船橋1800m□

◎ ポイントプラス
〇 タイムズアロー
▲ コンドルダンス
△ ガーニーフラップ
△ ムサシキングオー
△ イッシンドウタイ
△ アサヤケ

昨年勝ち馬タイムズアローは明け9戦で挑んだ報知オールスターカップも
衰え見せずの3着。
戦ってきた相手のレベルも上でここでも勝機十分。
同型が7,8枠に集中してきたのは嫌な感じですが、
今回は主戦の真島騎手がイッシンドウタイに騎乗のため西村騎手に乗り替わり。
埼玉新聞栄冠賞を見る限りでも、真島騎手のように強気に前へとは行かない気がします。
そんな埼玉新聞栄冠賞の勝ち方は不利の外枠も気にせずの圧巻でしたし、
強敵同型の多い今回もうまく運んでくれるはず。

ムサシキングオーかエンパイアペガサスがハナを切るとすれば、
コース形態もありそのまま淀みのない流れで進んで行きそう。

ポイントプラスは戦績的に地味ではありますが、
前走は3番手から淀みない流れを外目追走していきながら、
最後は上がり3位の脚を使っての快勝でした。
今回末脚に期待がかかるコンドルダンスとも差のない上がり。
もう少し外枠の方が良かったものの、有力先行勢が外に固まっているので逆に良いのかも。
二の脚を使えるし、展開によって自在味があるのもこの馬の魅力。
何より左海さんがそういう騎手なので心強いです。

馬券はそんな◎ポイントプラスと〇タイムズアローの2頭軸で買いたいと思います。
あとは少し手広めに。


今日の船橋は他にも面白そうなレースが多く楽しみです!!(*・ω・)ノ

soundtrue

本日は、川崎競馬場で行われる川崎記念の予想を掲載します。

昨日の佐々木竹見カップは繁田さんがまた優勝!おめでとうございます!
7R時ぐらいに考えた予想、
◎山崎誠士
〇山本聡哉
▲繁田健一   (3連単)
でハズレでした(´;ω;`)

川崎の馬場はサラサラの良馬場ですね。
馬が走るたびに真っ白な砂が舞い上がってて力がいる印象です。
そして結構な内枠有利。


□川崎記念 川崎2100m□

◎ サウンドトゥルー
〇 ケイアイレオーネ
▲ ケイティブレイブ
☆ ミツバ

本命は人気でもサウンドトゥルー
このメンバーならば馬場うんぬんよりも力は抜けているサウンドトゥルーは
まず崩れないと見て最上位に。
チャンピオンズCの差し切り勝ちは記憶に新しく、
良馬場で行われた中京1800mで上がり35.8はかなり優秀なもの。
4着(上がり36)のカフジテイクが次走良馬場の東京1400で上がり34.5という
見たことのない上がりを使って差し切ったことも後押し。
現在のビーチみたいな良馬場の川崎。
良馬場巧者の差し馬もよく絡んでおり、この馬の圧勝まで期待したいです。

今回不気味な存在のミツバは重賞においても力は十分。
2走前は日本中を震撼させた大逃げで
競りかける馬もなくアッサリとセーフティリードを守り切ったとはいえ、
2:08:9という、良の東京2100mでは好時計での逃げ切り。
恐らく1番人気のアポロケンタッキー対策だったのかもしれませんが、
実際にアポロケンタッキーはらしさが出せずに8着に敗れました。
後に東京大賞典を勝つ大物に何もさせなかったのはかなりの大仕事。
逆の競馬をしたシリウスSでも、
前が全く止まってくれない中で上位3頭には完敗を喫してしまいましたが、
あの位置から唯一35秒台の脚を使って4着、と非凡なものを見せました。
加用調教師は、「乗り方は鞍上に任せる」と発言していて、
この典さんの出方はレースの鍵を握りそう。
ゲートがそんなに良い馬ではないので逃げはないかと思いますが、
現役末脚トップのサウンドトゥルーとの末脚比べを選ぶとも思えないので、
様子を見て早めに前を潰しに行くのかな…と想像してます。

そして、いつも以上に内が有利になっている今開催のサラサラの川崎。
中央の有力馬がほぼ外枠に入った中で、
力関係では少し劣るものの内枠に入ったケイアイレオーネには
南関ファンとしても期待が高まります!
3年も前の事になりますが、当時後方からの競馬をしていたケイアイレオーネはシリウスSに出走し、
先日のミツバと同じ35秒台の脚を使いました。
シリウスSが2000mになった2007年から見て35秒台の上がりが出た年は3回だけ。
そのうちの1回がこの前のミツバ、もう1回はスローで全体的に上がりが速くなったので
度外視。(ちなみにそれもケイアイレオーネで、その時は34秒台)
あとの1回がその3年前です。しかもこっちは良馬場。
もうあの頃のケイアイレオーネじゃないのでだから何なのって話ですが、
今まで冬場が苦手なイメージが強かったこの馬、
前走同コースの報知オールスターを勝ち切り調子をキープしています。
今年のケイアイレオーネさん、きっと何かが違う。
そしてこの絶好枠。全力で応援したいです(*・ω・)ノ

ケイティブレイブの安定感も抜群。
川崎もおそらく合いそう。それでもやっぱり目標にされる存在ということで、
信頼しながらも勝ち切るまではどうか…という事で▲にしました。

バスタータイプは力もあるしかなり迷ったのですが…
サウンドトゥルーやケイティブレイブが相手だと、
もう少し内目の枠が欲しかった印象です。点数を広げられないので今回は切りました。

ダラダラと長文になってしまいすみません!ヽ(TдT)ノ

馬券は3連複、3連単をメインに買う予定です。
単はサウンドトゥルーの頭固定にします!

white

おはようございます(*・ω・)ノ

本日は、大井競馬場で行われるTCK女王盃の予想を掲載します!
現時点で1倍台の人気を集めるホワイトフーガ。
なかなか荒れないTCK女王盃ですが、好メンバーが揃った今年は
どんな結果になるのでしょうか。
今週の大井は晴天続きの良馬場。
大井の砂があんなに舞うぐらいサラッサラなの久しぶりに見ました。


□TCK女王盃 大井1800m□

◎ マイティティー
〇 タマノブリュネット
▲ ホワイトフーガ
☆ ハナズリベンジ
△ トーセンセラヴィ
△ ワンミリオンス

本命はマイティティー。
初の南関挑戦となった前走は、左回りに初ナイター、更にはマイナス13キロの中
先行するも厳しい流れになり決して力を出し切れたレースではなかったはず。
そのクイーン賞ですが、スタートこそキレイに決まったものの、
ハナを切った園田っ子のトーコーヴィーナスが右回りの癖からか目の前を大きく右にカットイン。
それにつられる形でこの馬も少し外側に寄っていくという、
直後に一気に内に入れてきたものの、せっかくスムーズに出られたのに僅かなロスとなってしまいました。
結果は前の争いが激化し、ただでさえ先行馬に厳しいレースになって8着。
苦い地方デビューでしたが決してこの馬の本来の姿ではありません。

4走前の濃尾特別の惨敗は、ゲートで派手に躓き後方からどうする事もできない内容。
この中京1800のスタートは坂の途中にあり非常に滑りやすいので苦手な馬は苦手。これは不運でした。
そしてこの2つの敗戦時、この馬はかなり馬体重を減らしていたのも記憶に残ります。

今回は走り慣れた右回りに戻り、揉まれたら怖いとはいえスムーズにゲートが切れれば
優位に立てる最内枠。
JRA勢の中ではあまり人気していないですし楽しみです。

対抗はタマノブリュネット
メンバー中、この大井の地で唯一ホワイトフーガを敗っているのは強み。
この馬はその日と同じ55キロで出走も、先方は58キロとプラス1キロ。
2走前のJBCレディスクラシックは物理的に差しのききにくいコースで、
後方からの競馬をして4着まで進出したのは十分な内容でした。
実績のある大井に替わって勝機あり。

3番手にホワイトフーガ
名実ともに地方牝馬重賞トップクラスで昨年の勝ち馬。
力だけなら当然逆らいづらいですが、ここで背負う58キロが鍵を握りそう。
この馬自身58キロでスパーキングレディカップを勝っていますし問題なさそうですが、
大井で58キロを背負うのは初めてで、57キロのレディスプレリュードでは
タマノブリュネットに敗れ、トーコーヴィーナスに同着まで詰め寄られています。
更には昨日の桃花賞では、ここまで強い相手にも崩れ知らずで断然人気を集めていた
アップトゥユーが、一頭だけ56キロを背負い4着に敗れている大井の怖さも後押し。
今回、戦う相手としては十分な力のメンバーが勢ぞろいで、
強い馬ですが足元をすくわれる可能性も。

4番手に気になる存在のハナズリベンジ
中央での戦績はかなり見劣りますが、地方初戦を54キロで出走してくることと、
昨日のシェアハッピーを超完璧な騎乗で勝たせた矢野騎手とのコンビ。
さすがに勝つまではなさそうですが、鞍上込みで一瞬の隙を埋めてくる可能性は十分にありそう。

トーセンセラヴィはレディスクラシック3着の実績馬。相手なりにかなり安定していますが、
前走大井でリンダリンダやモダンウーマンにしっかり詰め寄られているのは気になります。
疲れなのか大井がアレなのかそれとも・・・

ワンミリオンスは半周延長と初の55キロも未知だらけですが、
近走の急成長と勢いは怖いです。

馬券は3連複フォーメーション(2列目に〇▲)をメインに、
馬連・3連単を少しだけ買う予定です。

このページのトップヘ