マイルの神様。

◆中央競馬・南関競馬予想ブログ◆

カテゴリ: 競馬予想(地方)

CIMG6353

おはようございます。
本日は、大井競馬場で行われる優駿スプリント(SⅡ)の予想を掲載します。

明日の帝王賞よりも楽しみにしている優駿スプリント。
本命はもうほぼ2ヶ月ぐらい前から決めていました!


□優駿スプリント 大井1200m□

◎ サブノジュニア
〇 オーブスプリング
▲ リアルファイト
☆ フライングショット
△ ソッサスブレイ
△ ポッドジーニー
△ ジョワラルム

圧倒的に人気ですが本命はサブノジュニア。
スピードタイプの馬が揃いましたが、
前からでも控えても競馬ができるこの馬は、
走破時計やレース内容からいってもここでも完全に最上位。
負けるイメージが沸きません。
それでいて、レース振りは要所要所でまだ不安定な面を見せていて、
まだまだ伸びしろを持っている印象。もっと強くなるはず。
トライアルは圧勝すぎて文男さんが何度も後ろを見ていたのが印象的。
その余裕の走りであの時計。ここでも圧勝しておかしくないと思います。

昨日の大井の馬場は、週末の雨の影響で重馬場。
ダービー週の時のようにやや速めの時計が出ていました。
かなり先行か4角で前目にいる馬に有利な馬場になっていましたが、
これだけ揃った先行馬とサブノジュニアの存在から、
相手は差し馬中心に選びました。

相手筆頭はオーブスプリング。
南関初戦の東京2歳優駿から注目して本命にしていた馬で、
わりとマイルを中心に走っていたものの、
出遅れ気味で絶望的なところから一気に4着まで飛び込んできた
エーデルワイス賞の豪華なメンバーを見ても、その力はかなりのもの。
休養明けの前走も他馬を圧倒する強い勝ち方でしたし、ここは期待です。

ほぼ◎と〇2頭軸の馬券がメインになると思います。

CIMG7948

お疲れさまです。
本日は、船橋競馬場で行われる京成盃グランドマイラーズ(SⅢ)の予想を掲載します。

油断してたら関東大雨。
今日は1Rから不良馬場です。昨日とはそれなりに馬場が変わりそう。


□京成盃グランドマイラーズ 川崎1600m□

◎ トロヴァオ
〇 ジャーニーマン
▲ タイムズアロー
△ リアライズリンクス
△ グランディオーソ
△ インサイドザパーク
△ ムサシキングオー

本命はトロヴァオ
出走馬は前走川崎マイラーズ組が中心になっていますが、
この川崎マイラーズは、タマモホルンがなかなか激しめの逃げを打ったレースで
先行した馬や早めに仕掛けた馬は軒並み後退、
内々で脚を溜めていたリアライズリンクスが勝ち切り、
追走に力を入れなかった後方組が3着~掲示板を占めたという結果でした。

そんな中一頭、トロヴァオは逃げるタマモホルンの番手にピッタリつけ、
3コーナーで早々競り落とすと厳しい流れになりながらもそのまま2着に粘り込み。
相当に強い内容に見えました。
あとは不良馬場がどうかという不安もありますが、水沢で不良馬場を勝ち切っていますし、
2,3走前の大敗も不利な条件が重なり度外視できます。
人気ですがここは復調の期待も込めて本命にしました。

相手も同じく川崎マイラーズ組から、
ジャーニーマンは前走序盤から馬群の外を追い通しだった苦しい内容。
再度チャンスが回ってきた本橋騎手もここは勝負になりそうで。
タイムズアローは位置取りこそ微妙だったものの、
直線で進路を完全に塞がれ大失速という不利。
力は本来上位。気性面の問題が信頼しきれないものの、巻き返しに期待します。


グレナディアーズは南関2戦目森泰斗騎手でだいぶ楽しみでしたが、
森騎手は昨日チェンジバイオの本馬場入場時に落馬し負傷。
急遽乗り替わりになってどうか…というところで印は見送りました。
結構な大怪我のようで・・長期離脱になってしまうのが残念でなりません(TдT)
競馬は何より無事が一番!とあたりまえのことですが改めて思います。お大事に!

お疲れさまです。
本日は、川崎競馬場で行われる関東オークス(JpnⅡ)の予想を掲載します。


□関東オークス 川崎2100m□

◎ ステップオブダンス
〇 クイーンマンボ
▲ サクレエクスプレス
☆ イントゥゾーン
△ アップトゥユー
△ アポロユッキー
△ アンジュデジール

中央馬の扱いに悩むメンバーですが、
中でも人気のクイーンマンボはほぼ心配はなさそう。
昨日の馬場からも外枠からスムーズに運べるのは良いはずで、
前走も逃げるノーブルサターンを早めに捕まえに動いての3着で、
地方初挑戦としては十分な内容に見えました。
ここでルメール騎手を乗せてきたのもいかにも本気度高そうです。

夜間にも雨が降っていたらしいということもあって
馬場はおそらく回復しても重~稍重が濃厚。
ハナに行くのはアップトゥユーの可能性が高いとして、
吉原騎手に変わったイントゥゾーンも今回は強気に行きそうだし、
クイーンマンボも外から好位に付けて来そう。

さらにサクレエクスプレスやアンジュデジールもある程度好位から運ぶとすれば、
前を見つつ内でベスポジにおさまれば…という期待を込めて◎ステップオブダンスにしました。
馬の能力もあったとはいえ、森騎手は昨年のミスミランダーでも、
人気のアルセナーレとタイニーダンサーを行かせて内ピッタリに潜み、
最後は2着まで差し込んで来ました。

前走の東京プリンセス賞は、その良いポジションにアンジュジョリーがいて、
ステップオブダンスは常にその外を回る形に。
大幅馬体重減や、想定外のペースに巻き込まれる形になり
ベストを尽くせない走りの中での3着でした。
今回は中間でしっかり体重も戻り、古馬と遜色のない動きもしているようで好状態とのこと。

この馬自身出脚が良くないので内枠の方が良く、
走りっぷりからも川崎は合う気がします。
2100mという距離に不安はあるものの、
距離経験がないのはどの馬も一緒、
初川崎もアップトゥユー、ガロ、プリモ以外はみんな初。
同じ3歳馬ですし、中央勢も半信半疑な馬が多い分十分勝負になるのでは。

〇に前述のクイーンマンボ、▲はハイレベルな相手と戦ってきたサクレエクスプレス。
前走相当ご立腹だったイントゥゾーンにも注目しています。

おはようございます。
本日は、大井競馬場で行われる東京ダービーの予想を掲載します。
※長文すみません。


◽︎東京ダービー 大井2000m◽︎

◎ ブラウンレガート
◯ ヒガシウィルウィン
▲ カンムル
△ アンジュジョリー
△ ホワイトソニック
△ クラトリガー
△ シェアハッピー
△ キャプテンキング
△ キャンドルグラス


昨年も現地で見てましたが、昨年は◎アンサンブルライフ。もう恒例行事。
ただ今年のダービーはちょっと違う。
まず前日発売開始でいきなり1番人気になってたことに鳥肌立ちました。

月曜の雨で後半から不良馬場になりましたが、何かおかしい。
渋ると時計がかかるはずの大井がかなり速い時計になって、前での決着が続出。
内側が使えなくなってくるはずも、内もスムーズ。

火曜は雨が止んで不良→重に推移したところで
時計は元に戻ってきましたがそれでもまだ速いような?
相変わらず内は生きてるし、前も残る。

今日の予報では雨はなし。
普段なら死んでいた内が復活してくる頃ですが、
死んでない場合はどうなるのか?
大井の馬場変動は想像しても大体裏切られるものの、このいつもと違う感じ。
長年文男さんにお世話になっている大井の砂たちがなんか頑張ってる。


◎は恒例行事とは言ったものの、今回ばかりは…と思ってしまいます。
羽田盃回避で順調さを欠いたものの、
キャプテンキングとヒガシウィルウィンは
羽田盃をデッドヒートで戦ってお互いに手応えを掴んだからこそ、マークし合う形になりそう。
あのレースこそ2頭が先行して押し切る展開になりましたが、
逃げ宣言をしているサイバーエレキングとポッドルイージの存在がある限り、
この枠からどの位置におさまるかは非常に重要になりそうです。
その点でまだ、南関ではスムーズに勝った1戦しか経験していないキャプテンキングと矢野騎手のコンビは不安もあります。

ヒガシウィルウィンには京浜盃とニューイヤーCで敗れていますが、
京浜盃のほうは的場騎手不在の中、不利な枠で矢野騎手がうまく乗ってくれたという感じ。

ニューイヤーCのほうは著書で的場騎手が語っていたように、
ブラウンレガートは内有利の内をピッタリ回って行けたところを差されていますが、
ヒガシウィルウィンもまた、馬場の良いところを森騎手が完璧に捌いてきたもの。
ここに言われるほどの差はないのではないかと思います。

ヒガシウィルウィンも南関に来たときから注目していた馬。
この馬ならダービーを勝てそうと思っていました。
そんな思い入れのある2頭が戦うダービーは、いつも以上に感慨深いものがあります。楽しみ。

メインは単勝馬券で、その他は2頭軸とかで軽めに買う予定です。

CIMG5266
お疲れさまです。
本日は、浦和競馬場で行われるさきたま杯の予想を掲載します。

昨日の浦和も距離問わず全体的に内前有利。
赤岡さんがほぼベスポジにいて、森泰斗さんが絶妙な進路取りをしていた昨日の浦和!
何回も見返せるし、これだけでたぶんお酒が飲める・・・・(*・ω・)
トップジョッキーとはこういうことですね。素敵。
素敵すぎて、ワイドエクセレントがもっと内だったらそのまま◎にしそうだったので内枠じゃなくて良かった。危ない。


□さきたま杯 浦和1400m□

◎ ベストウォーリア
〇 ラブバレット
▲ アンサンブルライフ
△ ニシノラピート
△ モーニン
△ ドリームバレンチノ
△ ホワイトフーガ

人気ですが本命はベストウォーリア。
前走は中間アクシデントもあり調整が微妙だった一戦。
この馬には向かない展開も手伝って、仕方のない4着だったのでは。
立て直した今回はさすがに力上位。
やや外目には入ったものの、浦和の戸崎騎手の信頼度は相当なもので、
ここは堅実に持って来てくれそう。

相手には好枠に入った〇ラブバレット、▲アンサンブルライフの地方勢を。
▲はニシノラピートも迷いましたが、枠的に隊列が微妙になりそうな恐れもあって一つ下げました。
アンサンブルライフはかなりの相手強化になりますが、
前走は馬体を大きく減らしていた中で、中団に控えて差し切るという新しい形を見せました。
次が楽しみになる内容で、ここは期待も含めて。

揉まれたくない内枠のモーニン(ルメールさんは怖い・・・)と、
距離短縮で慣れない浦和(昨年は5着)のホワイトフーガは力は上位でも半信半疑。
このチャンスに地方馬が割って入って欲しいです。

馬券は3連複フォーメーション(〇▲が2列目)をメインに。
手広く行ってますが今のところのオッズではトリガミは避けられそう。笑
あとは3連単も何点か買う予定です。

このページのトップヘ