M's革工房 ルイヴィトン修理日記

傷んでいて使えないけど捨てられない・・・そんな革製品を修理いたします。 ご依頼品ひとつひとつに合った方法をご提案いたします。 電話025-552-1361(平日9:00〜17:00,当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますでの『ニューピースです』と電話対応させていただきます。間違いではございませんのM's革工房へのご依頼であることをお伝えください

弘法筆を選ばず

オチのないつまんない話を書きます。



少し前のことですが、

仕事の相棒のミシンが壊れてしまいました。
ミシンのメーカーに電話したところ、2週間ほどの修理期間で直るとのこと。
すぐに修理依頼をいたしました。


思えば購入して以来、
ほこりをとったり油をさしたりはするものの、
1度もきちんとしたメンテナンスをしていません…



なんだか調子が悪いなぁと思いながらも、
長年ミシン修理をお願いしていた近所の方が亡くなってしまったこともあり、
なんとなくメンテナンスは後回しになってしまっていました。




で、

ついに、

まともに縫えない状態にまで痛めつけてしまいました(~_~;)





致命傷ではなかったので、
きちんと直って戻ってまいりました。
電話対応から何から何まで丁寧に対応していただいたメーカーさんに感謝です。




修理中は
母の家庭用のミシンを借りてきてぼちぼち作業にあたっていました。

快く貸してくれた母には感謝していますが、
作業効率のあがらなさには正直参りました(笑)


弘法筆を選ばずとはいいますが、
やはり
道具は大事だと実感いたしました。


直ってきたミシン、
大事に大事に使いたいと思います。


ミシンの調子がよいので、
気分もあがります。


ズボンの丈上げから
革修理まで、

なんでもご相談ください。





☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram












ルイヴィトン ミニバケット 内側張り替え

バッグ内側の張り替えのご紹介です。


ルイヴィトンのミニバケットですが、
経年劣化のためにこのような状態になっております。
25395958_1557824674299756_2858344539931113483_n












こちらを張り替え作業させていただきました。


ポケット口の革パーツ、
ポケット口のファスナーなどは取り外してクリーニングして再度取り付けます。


今回はお客様にご用意いただいた生地での張り替えです。

25354022_1557824567633100_4676206514376177137_n



24993662_1557824570966433_1526020718903216690_n
















お電話でのお問い合わせで、詳細をおはなしさせていただいたうえで
ご依頼をいただく運びとなりました。

ご用意いただきましたブラウンのぼかし染めの生地ですが、
シックに美しく仕上げることができました。



ご利用いただきましてありがとうございます。




ここまで読んでいただきましてありがとうございます。

次回は、バッグのリメイクの記事を投稿予定です。
お楽しみに^^




☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram











シャネル マトラッセ リュック 色修正 補色

本日のご紹介はシャネルのマトラッセのリュックタイプのものです。
22308872_1496183063797251_748098546775297566_n











奥に置いたキャビアスキンのポーチと比べてみてもその色あせの具合がお分かりいただけると思いますが、

全体に色あせが見られますので、色修正をいたします。





革表面の汚れをきれいに落としてから補色をしてゆきます。

素材の柔らかさを損なわないように気を配ります。

塗料を使用しますが、あんまり塗りすぎても、塗らな過ぎてもよくないので、
そのあたりはお客様と相談の上、バッグの状態を見ながら慎重に作業してゆきます。



仕上がりはこちらになります。
先ほどの画像と比べて奥のキャビアスキンの色のトーンとそろいました。

22281912_1496182887130602_343206112155544345_n














横からの画像も。
作業前
22406384_1496182993797258_622919080908503989_n












作業後
22405841_1496182810463943_363273511138366221_n














画像ではわかりにくいかもしれませんが、
赤茶けた色になっていたリュックが、しっかりした黒色になりました。
普段のご使用に不自由ないように仕上げることができたと思います。




ご利用いただきましてありがとうございます。





☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram









パンプス 汚れ落とし&補色 

パンプスのお手入れを承りました。


ホワイト系の色合いなので少しの汚れも目立ってしまいます。
22310345_1496183393797218_7072292003629089620_n












こちらをクリーニングして汚れを落とししみ抜きをし、
補色をして仕上げてゆきます。





画像をご覧ください。



作業前
22308591_1496183390463885_4204087002284221883_n










作業後
22310300_1496183223797235_8658229985444600863_n

















作業前
22406101_1496183323797225_24614534580785485_n










作業後
22308817_1496183257130565_5308579248828552471_n












作業前
22281762_1496183340463890_5182159360614452074_n










作業後
22366553_1496183230463901_4199575637201926217_n











見違えるくらいにきれいにできました。

22365404_1496183317130559_5498513206980804493_n














ご利用いただきましてありがとうございます。









☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram







































ルイヴィトン エピ長財布 接着剤処理

本日のご紹介はエピの長財布のお手入れについてです


22046551_1486811191401105_4846710004096017803_n
22050332_1486811188067772_8341299576543011019_n
























こんな感じでお財布右下にデコった跡の接着剤が残っております。


この接着剤はがしをメインに、全体的なクリーニングと補色を行います。



エピの革の表面を傷つけないように丁寧に接着剤を取り除いてゆきます。
そのほか、一般的な汚れも、クリーナーなどを用いながら取り除いてゆきます。
こうして補色に適した状態にして,補色の工程に進みます。
以下、作業前後の画像をご覧下さい。


【正面左から】
22046446_1486811198067771_5972212948168224623_n22046535_1486811394734418_3266307154038800527_n






















【背面右から】
22046133_1486811314734426_4967975379944352902_n22195219_1486811478067743_3976799129728407413_n





























【正面右から・接着剤部分】
22050332_1486811188067772_8341299576543011019_n22089267_1486811354734422_2028849236362131305_n





















【正面】
22046551_1486811191401105_4846710004096017803_n22140942_1486811334734424_6366126077916864639_n

























【背面】
22089425_1486811264734431_3040855233516004596_n22049936_1486811481401076_995761081380945760_n



























22154171_1486811528067738_3691116725290426337_n























内側のパープルの革部分もクリーニング&補色を行い、
美しく仕上がったと思います。


ご利用いただきありがとうございます。





☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram








軟式野球用グラブ 色染め替え

今日のご紹介はこちらの野球用グラブです。



21078410_1458833900865501_7854490448131882014_n





















持ち主は中学2年生。
少年野球のころから使っている手になじんだグラブですが
『青×黒』というきらびやかな色合いがネックになって、
公式戦では使ってはいけない、と先日の試合で審判から指摘を受けたそうです。


新しいものを買う?
にしても使えるのはあと1年ちょっと。
高校になって野球を続けるにしても、今度は硬式用のグラブに新調しなければなりません。
となると高価なうえに、なにより秋の新人戦を控えて、手になじんで慣れるまで時間もかかります。


はて、どうしたものか・・・・・・・・

と悩んでいたそうですが、
色がネックなのならば、染めてしまえばいいじゃないか💡
と気が付いて、
ご依頼いただく運びとなりました。



まずは汚れをきちんと取り除いて、革の状態を整えます。
乾燥が見られましたので、しっかり保湿も行いました。

そのあといよいよ塗料を使用しての染色です。

青の部分だけを塗ってゆきます。
革用の塗料ではありますが、塗ると革質が少し変わりますので、余分なところには塗りません。
必要最低限だけ塗ります。



作業前後の画像をご覧ください。


甲の側正面です
21078862_1458833784198846_6530645685101442549_n















甲、親指側から
21192793_1458833780865513_821867157526517577_n
















手のひら側
21106357_1458833770865514_3023265424147603755_n





















全体をクリームで磨きこんで仕上げたので、
深い黒さになりました。
ミズノのロゴマークだけは、ラバー製でもあるので、青のまま残しました。
それもNGと言われたら、またその時考えることにします。

21106345_1458833837532174_4570078304421061639_n























練習も
本番も
頑張ってください。
応援しています。


ご利用ありがとうございます。






☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram




































革靴 変色の修正

革靴のお手入れをいたしました。

20994028_1454172611331630_7028059308482131826_n
20992561_1454172554664969_9000028713510673691_n
20954018_1454172607998297_4117915336146515955_n





































水濡れで甲の部分が黒く変色しています。


こちらを修正します。

革に負担がかかるため、塗料による色修正は最終手段として考えておりますが、
今回は汚れ落としなどでは対応しきれない変色のため、
必要最低限に補色いたしました。


作業後の画像をご覧ください。
上半分が作業前で下半分が作業後です。



21032575_1454172491331642_9208264323170459742_n
















20954010_1454172487998309_1149780026412474257_n
















20994382_1454172484664976_9160343492005717061_n
















程よく補色ができたと思います。






21032896_1454172541331637_536645529812339252_n
























ご利用いただきありがとうございます。














☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram













ルイヴィトンモノグラムポーチとエピお財布 内側張り替え 

ルイヴィトンモノグラムのポーチ2点と
10429353_1421014524647439_8440269295915075241_n
20139866_1421014521314106_8519928044089316900_n

























エピのお財布を
20228377_1421014517980773_5022889568885257010_n













内側張り替えでお預かりいたしました。



いずれも合成皮革部分の経年劣化でべたつきやはがれが見られますので張り替えます。

今回、お客様より生地をご用意いただきました。
10176134_1421014431314115_3397650444106378859_n













チェッカーフラッグ柄の素敵な生地です。

こちらを使用しておそろいにします。




作業後の画像をご覧ください。



20139842_1421014531314105_9150042642778119256_n
20155693_1421014607980764_5265510081950189540_n
20245550_1421014594647432_8806633191051572435_n



































統一感があって素敵に仕上がりました。

ご利用いただきありがとうございます。




☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram


















革製財布のお直し ファスナー交換

革製のお財布をお預かりいたしました。


20108600_1420050808077144_6624929603508516786_n














裏側のコイン入れ部分のファスナーが切れていしまいました。
20155770_1420050831410475_5113650325308415020_n



















このようにファスナーリボンの部分が裂けてしまうと、交換する以外方法がないので、
頑張って作業してみました。

20106399_1420050804743811_4405489329410731251_n
















同じ色合いのファスナーのご用意ができたので、今までの雰囲気を壊さず修理することができました。

これからも大事にお使いいただけると思います。





ご利用ありがとうございます





☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram





ルイヴィトン エピ 二つ折り財布 クリーニングと補色

ルイヴィトンのエピのお財布をお預かりいたしました。


クリーニングをして補色をいたしました。

画像をご覧ください。
上側がビフォーで下側がアフターです。


外側全体です。エピの凹凸のある部分の溝に入り込んだ汚れを落とします。
汚れ落としだけで見違えました。
19884489_1412369322178626_1175638847139119290_n



















二つ折りを開いた内側です。
こちらも汚れ落としの作業のみで、本来の色合いに近づくくらいすっきりした印象になります。
19756339_1412369308845294_3436341827114699924_n



















二つ折りの折り目の下部分です。
この部分はクリーニング後に糸のほころびを縫い直して、色修正をいたしました。
同時にすべての縁部分の色あせも修正してゆきました。
19990301_1412369302178628_1483162136767571155_n






















コイン入れ部分です。
こちらは可能な限り汚れ落としで処理をいたしました。完全に落としきることも可能ですが、
素材に負担をかけることになるので、このくらいが作業の限界と思われます。
19959146_1412369312178627_6287271347065826936_n

















優しい淡い色合いのエピのお財布ですが、
美しく仕上がったと思います。

ご利用をいただきましてありがとうございます。








☆お問い合わせ☆

電話:025-552-1361
(当店は「クリーニングのニューピース」と併設となっておりますので「ニューピースです」と電話応対させていただきます。間違いではございませんので、M's革工房へのご依頼であることをお伝えください。)


こちらからもどうぞ。

LINE@公式アカウント 『M's革工房』で検索


facebook


instagram








































livedoor プロフィール
記事検索
「越後・糸魚川 南蛮1エビ プロジェクト」

「エビちゃん ブログ 日本一」

人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

777円から絵が買える!絵の”測り売り”ショップART-Meter
【アートメーター】なら、お部屋インテリアコーディネートにはもちろん 引越祝いやウエルカムボードにお手ごろ価格で1点モノアートをお届けします!
Powered by ART-Meter